南極のニンゲン/北の海のヒトガタ/クネクネそしてカバゴン!

なぜか広がった、この2ちゃんねるオカルト板発「ニンゲン・ヒトガタ」のお話。
胡散臭さ爆発ながら、オカ板住人だけでなく一般エリアにも飛び火しました。
当然、UMAスレもある板なので、当サイト常連諸氏も参戦状態に突入。
相互リンク先などの一般サイトさえ巻き込む事態まで発展しました。

何が住人の心を魅了したのか、ネタ師の文才のなせる技か、
いや、あまりにも飛び抜けた話にリアル感がミックスされてるだけに実は本当なのか…。

「ニンゲン」とは巨大(数十メートル)な人間の形をしているということで手足付きの怪物です。
南極方面で目撃され、写真に撮ろうにも氷山のようにしか写らず、
なかなかズバリといった写真や目撃証拠がないのが現状。

生物学的にはハッキリ言って銀河系外のお話レベルですが、いやいや、
それゆえに関係省庁からはユアアイズオンリー(機密)扱いされ箝口令がひかれているとか。
あまりにも真剣で出来すぎたリアル感によりウソで片付けるにはもったいないと言う印象か。

ニンゲン特集(全6ページ さて、行ってみよう。

さりげない文にもポイントが。じっくり読もう。

投稿者:バイト君

日本政府が行っている南極周辺海域での「調査捕鯨」では、
鯨の捕獲調査だけでなく、捕獲しない種類の鯨も調査し、記録しているそうです。
そこで、公に出来ない「ある物体」が数年前から目撃されているそうなのです。

ソースは関係者から直接。
その物体とは、調査捕鯨関係者の間で「人型物体」と名付けられているもので、
タイプがいくつかあるそうで、人間の形(五体あり)とか、人間の上半身が二つ
連結された形とか、数タイプあり、鯨と同じように水中から現れるらしい。

全身真っ白で、全長数十メートル。数年前以前の捕鯨を行っていた時代には誰も
見たことがなかったらしい。
情報を公にすると、現在の調査捕鯨の科学的信憑性がひっくり返るとかで、
「非常に困惑している」とのこと。

記録だけ付けているそうですが、積極的に探索したりはしていないらしい。
(調査スケジュールが外国との間の国際委員会に提出されているので、
動かせないということ)

「ヨタ話として他人に喋ってもいいよ。ただ、俺から聞いたとは言わないように。
どうせ、他の連中も喋ってるはずだけど」だそうです。
「生き物とは思えない。最初はどこかの国の潜水艦かと思ったけど」だそうです。

船の近くには出てこない、接近すると潜ってしまうそうなのですが、
画像を拡大すると、表面はつるつるしているようで、しかし、割と不定形で
人工物ではないようだとのこと。

不思議というか、作り話にしても妙にディティールが凝った話なので
必死に訊いたのですが、
「あれはたぶん、神様とかそんなモンだよ」と言っていました。
話の真偽はともかくとして、その話を聞いたのは事実。
ネタではありません。

他に、この話聞いたことのある方がいたらお願いします。
季節は夏(日本が冬の間)でしょう。
夜に現れることが多いそうです。(聞いたのを思い出しました)
ただ、夜間は鯨の調査をやっていないらしく、それが出てくると
夜間の当直者が他のメンバーを起こして回るらしい。

写真に撮っても海に浮かんだ氷(氷山?)のようにしか見えない
(近くで撮れない)のと、調査関係の写真は一切流出禁止ということらしいです。
(グリーンピースとかの対策で)

調査船団に同行しているカメラマンがかなり粘って撮影しようとしたそうですが、
あまり良い写真は撮られてないはず、と言っていました。
(暗視カメラとか、赤外線フィルムとか、そういう手段でしょうか。)

わたしも、その話を教えてくれた人(以下Fさん)にかわかわれただけかも
しれないけどなあと思いながら、妙にディティールがはっきりしている話なので
気になって気になって。

Fさんは今、たぶん海の上なので(一昨々日の午後に船に乗っているので、
昨日くらいには出航したかな?)わたしはしばらく訊けないのです。

聞いたときの状況など、もう少し書きます。

一昨々日の午前中、車でFさんを送っていく途中の話。
カーステレオで筋肉少女帯の「踊るダメ人間」がかかっていました。
「♪ダ〜メ ダ〜メ ダメ ダメ人間 にんげ〜ん にんげ〜ん」という歌詞。
すると、Fさんが
「にんげ〜ん にんげ〜ん か。ところで南極に人間がいるの知らないだろ」
「え?人間ですか?越冬隊とかですよね」
「いや、人間なんだけどね。人間かどうかわからないんだよ」と。

『南極に、俺達が”にんげん”と呼んでいる変な物体がいるんだ』

Fさんの話では、たぶん10年かそれくらい前に初めて目撃され、
その後だいぶたってから再び目撃されて噂になっていたらしいのです。
あまりに、あっけにとられる話なので、上の組織に報告などは上がっていなかった
そうなのですが、噂に聞いた科学者(調査船に乗っている)が、
「じゃあ、なにか判らないけど話だけ集めてみるか」と。
そうしたら、出るわ出るわ。・・・以下略

Part2

『学者連中、喜んじゃってさあ。最初は”物体X”とか呼んでいたんだよ』

その物体は以前、捕鯨が禁止になる前からのベテランは誰も見ていないらしく、
ここ数年での話題で、たぶんこの先、TVとかで取り上げられるのかも知れない。

でも、科学的調査の信憑性に関わるかもしれないので、職場では変なところに
投稿したりするなということになっているとのこと。
(わたしは書いちゃいましたが、2ちゃんは充分「変なところ」でした)

『2,3年前に非公式な文書で「・・以後この件については”人型物体”と称する・・」
というのが来た。だから、ジンケイブッタイとか、間違ってニンギョウブッタイとかも
言っていたのだけど、ほんとうはヒトガタブッタイと読むらしいね。
俺達はニンゲンって呼んでるよ。』

あとは。。。。

南極には鯨が、わたしたちが想像する以上にいっぱいいて、年々増え続けている
らしいです。なにか、もう、海を埋め尽くすくらいにいるらしくて、発表されている
鯨の数の何倍もいるのは判っているのだけど、環境保護団体とか外国の横やりで
最低限の数しか認められていないそうです。

それで、『鯨が増えすぎてるから、あんな変なのが出てきちゃうんだよ!』
と、なぜか大変怒っておられました。

すみません。遅くなりました。Fさんに話をもう一度聞く機会がありました。
あまり時間なかったので話せなかったんですが、新しい情報としては、ニンゲンには、
どうも目と口らしき物があったらしいです。

二つの目と黒い穴の様な口が。ただし、他の、鼻等は見えなかったとの事でした。
二つの目と口(らしきもの)があった事により、生物だと判断したらしいです。
ただ、やはり身体自体はテカテカ白く光ってて無機物っぽかったって事でした。
そして、その(目)がなんと!こっちを見たように見えたそうなんです。

新たな話は、これぐらいでした。
あ、後、エヴァンゲリオンの事も聞いてみましたけどやっぱり「何それ?」
って感じの反応でしたので知らなかったみたいですよ。

また、近日Fさんとは会う予定ですので続報あったらカキコします。

情報提供者の投稿はこれで終わりでした。以降はありません(語りはある)。
近日、Fさんと会う予定じゃなかったのか!?謎は深まる。

後に、バイト君Ver.2や店長君、マグロ君、下僕くん、召し使い君までが報告するためスレに参上、
さまざまな”関係者”も降臨し、ある漁船の船長は大阪湾で2mぐらいのヒトガタが浮いていた、
「それはドザエモンでしょ?」⇒「いやドラエモンではない。青くはなかった」などと、
住人と関係者の熱く一歩間違えればヤバイような微妙なボケ会話までが繰り広げられた。

ヲチ板からはバイト君ゴーゴーゴーを筆頭に縦読み職人が、伝説の釣り職人「トロール」氏、
フシアナ・トラップ大好き「エージェント・スミス」氏まで、生物板からは分析学者が、
総合的に2ch各板からの参戦者も加わり、オカルト板スレ住人のスキルが高められていったという。

そこで、私はハタと気付いた。
まさか最初から長大な縦読みや斜め読みが隠されていないだろうか?・・・いや無かった(ホッ)

結局、時が流れ、”ニンゲン”は都市伝説の仲間だったとして、まとまった様ですが、
手足つきの爬虫類、哺乳類なんかは、巨大化すると体型が崩れますので、
人間っぽく見える場合もあり、通常の魚でもデカイのは体が崩れるホルモン異常が顕著です。

都市伝説
白い巨大人間が出てくるアニメのエヴァンゲリオンというお話がネタ元・・・とも言われています。
コピペ中に「エヴァンゲリオンは知らん」というような記述があります。見落とさないようにね。
最初の段階で予想していた反応に備えているのか…。

つまりだ!!!

「これってエヴァじゃん、ソックリじゃん。」とか「エヴァのパクリだな、ツマンネ」とか書き込んだ人は、
読みが足りない知ったか君として称号を欲しいままにし、周囲の住人からコッソリにやりと、
評判をあげますので、知らなかった皆さん、くれぐれも注意しましょう。

やっちゃった人は知らん。

サイトで書いてる人はサッサと(=コッソリ)知らないフリして修正するのが吉。

もしも、周りにそんな御仁がいらっしゃった場合は、皆で「あの御方は貴族」と尊敬の念を持ち、
「エヴァとは最高の分析ですぜ、旦那!!!」とか「エヴァかぁ、気づかなかったです。」など、
しっかりとフォローしてあげるのが仲間としての優しさです。

くれぐれも、「世界最高峰のキング・オブ・シッタカ発見!!!」などとマジ突っ込み禁止です。

また、ニンゲン好きの方は、後のク・・(体重200トン体長35m)も好きになること請け合い。
最後にもリンクを張っておきますので、暇つぶしにどうぞ。

作家先生までもが登場。
UMAがスキという作家・工藤圭さんがこの”ニンゲン”がキッカケでお見えに!
未確認動物を調べていた時に”ニンゲン”に出会い、検索からお越しになられていらっしゃったとのこと。
このニンゲン騒動は、なかなかの広がりを持っていたようですね。

著作:「金田一少年の事件簿 謎ときファイル2」
    「金田一少年の事件簿2 殺戮のディープブルー」のパンフレットの推理クイズ」
    「図解でよくわかる上手な文章の書き方が身につく法」
    「私の彼はハムスター!?」他

メモ
2ch←→当サイトの流れでイラスト類も炸裂しまくり、混乱に拍車が掛かった!!!
イラストについては、素晴らしい出来映えが多く、センスの良さにも脱帽です。


黒猫さんより

サイト拝見しています。

「ニンゲン・ヒトガタ」が気になりいろいろ探したところ
「ニンゲン・ヒトガタ」とされる画像が見つかりました。
人工的に作ったものだとは思いますが一応画像送っときます。



↑画像を作画された作者さん、連絡くださると嬉しい。





さて、ニンゲンとは!?謎のエリア、地球の”極”への冒険に出発だ。
次のページへ進んでください。



戻る     表紙     次へ「ニンゲン」の画像が集まり始め分析も進む、そして異様さに驚く我々!!!