「CVT」
シーブイティー


CVTとは、Continuously Variable Transmissionの略で、無段変速ATのこと。

つまり、無段階で連続的に自動変速するトランスミッションのことで、エンジン回転数と車速の関係を自由に設定できることから、エンジン出力を非常に効率よく活用でき、また、従来のATやMTにあった変速ショックを皆無にできるのが大きなメリット。

機構的には、ギヤ(歯車)に代わって金属ベルトなどを用い、入力側(エンジン側)と出力側(ドライブシャフト側)のプーリーの径を変化させて変速するものが一般的。(スクーターも同様の機構)

この方式だと軽量コンパクトにできるが大出力への対応が難しいため、小排気量車への採用が多い。

ベルトとプーリーの代わりにローラーとディスクを使い大出力に対応した、トロイダルCVTというものもある。

初期のCVTは回転の断続を電磁クラッチで行っていたため、伝達効率は良かったが渋滞などストップ・アンド・ゴーの繰り返されるような状況ではギクシャクしてしまう欠点があった。最近は、トルクコンバーターなどを使い従来のATと変わらない使い勝手を実現している。

CVTにもマニュアルモード付きのものがあるが、CVTにはもともと段が無くECUのプログラムで自由に設定できるので、F1も真っ青の8段変速なんてものもある。

金属ベルト式CVT採用例 スバル「ECVT」、トヨタ「SuperCVT」、ニッサン「ハイパーCVT」「エクストロニックCVT」、ホンダ「マルチマチック」など

関連 トランスミッション変速ショック(シフトショック)トルクコンバータープーリーマニュアルモード付ATATECUMTトロイダルCVTエクストロイドCVT

かな英字数字分類  自動車用語トップ


無料レンタル