「DCT」
ディーシーティー


優れた走りと燃費を両立する夢のようなAT。ドリームズカムトゥルー、夢は実現する。

もとい、DCTとは、Dual Clutch Transmission(デュアルクラッチトランスミッション)の略で、二つのクラッチを搭載することで瞬速シフトチェンジを可能にした2ペダルMTの通称。ドリカムの略ではない。

ミッション内部は奇数ギヤ軸と偶数ギヤ軸、およびそれぞれ専用のクラッチが独立して作動する複雑な構造で、例えば3速ギヤで走行している時に4速ギヤはすでに接続された状態で待機しており、シフトアップした瞬間にクラッチが切り替わって変速する。

その間わずか100分の数秒という電光石火のスピードで、加速性能も燃費性能もMT車以上というスグレモノである。

採用例 フォルクスワーゲンDSGアウディ・Sトロニック)、三菱ツインクラッチSST日産GR6型デュアルクラッチトランスミッション(R35型GT−R)、ポルシェPDK

関連 クラッチトランスミッション2ペダルMTMT燃費

かな英字数字分類  自動車用語トップ



無料レンタル