「非線形特性スプリング」
(ひせんけいとくせいスプリング)


非線形特性スプリングとは、荷重によってバネレートが変化するスプリングの総称。

荷重とストローク量の関係をグラフにしたとき、グラフが直線にならないためについた呼称。

縮みはじめが柔らかく縮むほど硬くなる性質を持つため、乗り心地が良く、乗車人数や荷物の量に応じたバネレートを得られるメリットがある。

スポーツ走行で若干ナーバスな挙動を示すのが難点。

非線形特性スプリングの例 テーパースプリング不等ピッチスプリング、樽型スプリング

同義語 バリアブルレートスプリング、プログレッシブスプリング

関連 バネレートストロークスポーツ走行

かな英字数字分類  自動車用語トップ



無料レンタル