「LAFセンサー」
ラフセンサー
Linear Air-Fuel ratio sensor


LAFセンサーとは、排気ガス中の酸素濃度を検出するセンサーの一種。

従来のOセンサーは理論空燃比を境にHighかLowしか検出しないのに対し、LAFセンサーは連続的な空燃比の変化を検出することができる。

ただし、LAFセンサーは経年劣化や個体差などによる精度のバラツキがあるため、比較的精度の高い従来型のOセンサーと併用することで、より緻密な空燃比コントロールを実現する。

LAFセンサーは触媒の前部やエキマニに、従来型のOセンサーは触媒の後に設けられることが多い。

同義語 A/Fセンサー、リニア空燃比センサー、リニアOセンサー

関連 センサーエキマニ触媒空燃比

かな英字数字分類  自動車用語トップ

無料レンタル