ガンマ計算

体重: [kg]
薬物量: [mg]
溶液量: [ml]
用量: [γ]
流量: [ml/h]

 

計算

ガンマと言うのは投与量の単位。体重1[kg]当たり1[分]当たりの薬剤量[μg]のこと。

体重:w [kg]

薬物濃度:c [mg/ml]

用量:g [γ] = [μg/kg/分]

流量:f [ml/h]

→ f = 6・g・w / (100・c)

→ g = 100・c・f / (6・w)

 

濃度[mg/ml]を、含まれる薬剤の量[mg]と溶液の量[ml]で書けば、

薬物量:d [mg]

溶液量:v [ml]

→ g = 100・d・f / (6・w・v)

 

体重1[kg]当たり1[時間]当たりの薬剤量[mg]を用いて書くと、

用量:g' [mg/kg/h]

g = (100 / 6)・g'

g' = c・f / w

→ g' : f = c : w

→ g : f = 100・c : 6・w

 

医師は、理論的に投与量を計算する立場から、体重[kg]と、時間[h]当たりの薬剤量[mg]で指示したい。

看護師は、実際に混ぜて注入する立場から、アンプル数と薬液量[ml]、流量[ml/h]で指示が欲しい。

 

覚え方

・体重の6倍[mg]の薬剤をトータル100[ml]に溶いて、1[ml/h]で落とすと1[γ]になる。

・体重50[kg]の人に、300[mg]の薬剤を生食100[ml]に溶けば、1[γ]になる流量は1[ml/h]。

・体重50[kg]の人に、100[mg]の薬剤を生食100[ml]に溶けば、1[γ]になる流量は3[ml/h]。

 

応用

→ ガンマを増やすなら、流量を増やす。

→ 薬剤濃度が上がるなら、流量は減る。

→ 体重が増えるなら、流量も増える。