斜視治療アール

斜視と斜位の話

斜視って何?
斜視は子供の約2%位が発症すると言われます。普段私達は、何も意識しなくても両目で一つの物を見ているので遠近感と立体感のある生活を当たり前にしていますが、斜視になると右図の様に左右の視線が一致せず、片眼は中心にあるのに、もう片方の眼がずれるので両目で同時に物を見れません。

又、斜視の状態で両目が同時に使われると物が二重に見えます(複視)。

屈折異常の検査で、遠視の有無などを正確に測るためには、調節麻痺のサイプレジンやアトロピンという目薬を使います。

斜視の状態

調節性内斜視は遠視が原因です。普通、誰でもみんな近くのものを見る時は両目が内側に寄りますが、遠視が強いと、調節(水晶体をふくらませてピントを合わせる)に伴う輻湊(目を内側に寄せる事)が強くなるので内斜視になります(寄り目にしないと物がはっきり見えない)。遠視が原因の場合は、遠視用の眼鏡をかけると無理に調節しなくてもいいのでずれが小さくなります。目の成長と共に遠視の状態が正常になれば斜視が治る事もある様です。

部分調節性内斜視では眼鏡をかけても残る部分に対して手術します。原因が遠視以外の場合も手術します。ずれる目がいつもどちらか片方の眼だけと決まっている場合は、その眼が弱視になる要素を持っている事があり、手術をしてもまた斜視になる事があるので弱視があればまずアイパッチなどで弱視治療をします。

斜視を分類する
眼の位置で分類する
  • 内斜視
  • 外斜視
  • 上下斜視
内斜視は更に細かく分けられる。
  • 先天性内斜視
  • 乳児内斜視
  • 調節性内斜視
  • 後天性内斜視
斜視眼で分類する
  • 交代斜視:交代視している。左右の眼を交代に使うのでどちらもずれる
  • 片眼斜視:ずれる眼がどちらか片目に決まっている。使わない方の眼は弱視になる事がある。
状態で分類する
  • 恒常斜視:常に斜視の状態になっている事
  • 間歇斜視:普段は正位だが時々ずれる。この場合は両眼視機能の発達は良好
原因で分類する
  • 麻痺性斜視(眼筋麻痺で起こるもの。交通事故での脳損傷,糖尿病,脳腫瘍、脳血管障害などで神経や外眼筋の麻痺が起こった場合など)
  • 共同性斜視(眼筋麻痺以外で起こるもの。斜視のほとんどは共同性斜視)
 
斜視になる原因は?
  • 眼球についている6個の筋肉(眼筋)の力のバランスが悪い場合や神経に異常がある場合。
  • 眼球を動かす筋肉付着部の異常がある場合。
  • 遺伝や脳の一部の異常で両眼視がうまくできない場合。ただし遺伝と言っても詳しくは分かっていない。
  • 遠視がある場合。
  • 怪我や病気が原因で片目の視力が悪くなって両眼視ができなくなった時、視力が悪い方の目がずれる場合。
抑制って何?
斜視になると左右の眼の視線がずれているので物が二重に見えます。そのため脳は邪魔な像を消して片目で見る様になります。この事を抑制と言います。
両眼視機能って何?
両目で見たものを脳で一つにまとめて見る事を両眼視といい、両眼視が出来れば私達と同じ様に物を立体的に見ることができます。両眼視機能は普段の日常生活の中で両目で正しく物を見ることの繰り返しで発達します。生後3ヶ月頃から発達し始め6歳頃に完成すると言われますが、斜視だと視線がずれているので両眼視ができません。

余談ですが、視力の発達は2歳頃までが急速でその後はゆるやかになり9歳頃で終わります。一般に8歳までは治療に対する感受性期間と考えられ視力回復の成果が出やすいです。

両眼視機能を獲得するまでの眼の回復ステップは?
両目で同時に物を見る(同時視)→それを脳で1つにして見る(融像)→立体的に見える(立体視)→両眼視という流れです。ただし両眼視機能と言っても、ステレオテストをしてもどこまで出来るか等レベルがありますし、大まかな立体視と細かい立体視とがあります。
斜位(潜伏斜視)って何?
斜位とは、眼位(眼の位置)の異常はあるものの両眼視機能を獲得している状態を言います。方向で分類すると内斜位,外斜位,上斜位があります。左右の眼からの像を融像させる中枢(両眼視の中枢が脳の中にあります)により筋の不均衡は解消されていますが,中枢が絶えず融像を維持できない時に出てくるので、普段は両眼視をしてピタッと視線があっているのに、片眼を塞いだ時に片眼の位置がずれる状態です。屈折異常などで片目の不使用があると斜視になることがあります。
アイパッチって何?

アイパッチは、目に貼るバンソコウのようなもので、斜視治療で使われる場合があります。うちの息子も赤ちゃんだった頃に使っていました。その時は1日2時間で、目の動きが正常な方の目に貼り、外転制限があった方の目を使わせいました。アイパッチにもいろいろな素材や種類があります。
ピンクの箱に入ったカワモトのアイパッチ。当時息子が使っていたタイプです。赤ちゃんだったのでアイパッチによってかぶれやすかったのですが、このタイプが1番肌にやさしいタイプでした。

フィルム:ポリエステル / 不織布
粘着剤:アクリル系
 

ピンクの箱に入ったカワモトのアイパッチ。当時、旦那にアイパッチのおつかいを頼んだ時、薬局には置いていなくて取り寄せという形でこのタイプを後日買ってきました。バンソコウのような感じで粘着力があって、刺激も強く思いました。
エラストパッドライトジュニア

どちらかというと不織布っぽいタイプでした。こちらも旦那におつかいを頼んだら、間違えて買ってきたものです。このアイパッチは、1枚ずつ個包装されていました。

 

先生に聞いたお話です!
息子の治療を通じて、複数の医師に聞いた斜視治療に関係のあるお話。
  • 斜位が出てくる時(ずれる時)としては、近くの物を集中して見ている時にずれる事があるかもしれない。と言ってもそれはひょっと出てくる位なので指先を使うおもちゃで遊ぶ事は良い事。斜位は,もともと眼位がずれているので物を見る時は視線を合わせようとする努力を常にしなければならないので,眼が疲れやすくなったり複視が起こる事もある様です。
    1度目の手術後、兵庫県立こども病院にて
     
  • 人間の目は起きている間ずっと動いているから、手足の筋肉と違って弱い所を沢山使って鍛えて強くしたりとか、あるいは強い筋肉を使わないで弱くしたりとか、筋肉の太さをそれによって変える事が出来ない。なので、治すためには筋肉が眼球自体に付いている位置をかえてあげるしかない。
    再手術前の説明より、帝京にて
     
  • 帝京では、手術後1週間で眼位とか目の細かい検査をする。シノプトを使った検査は手術の直後にはしない。筋肉は切って縫い合わせてるので、シノプトとかで検査をすると、目が動くので傷口を動かす訳だから、いろいろ動かすと痛い場合もあるし、筋肉のハレもあるので手術後1週間でそういった検査をする。再手術前の説明より、帝京にて
     
  • なるべく11時まではこちらがうながして水分をとらせて下さい。そこの時間に沢山水分をとった方が麻酔が覚めにくいとか術後に熱が出たりが起こりにくい。状態に問題がなければ手術室で点滴を抜いて帰ってくるので、帰った後もお腹が動いたら自分で水を飲む形。再手術前の説明より、帝京にて
     
  • 帝京も吸うガス麻酔だが、兵庫のこども病院のように香りはついていない。(帝京の麻酔科医)
     
  • 手術後、両目に目軟膏を塗って戻ってくるが、ガーゼは片目だけにつけて戻ってくる。ガーゼをつけていない方の目も目軟膏を塗っているのでベタベタするし最初のうちは目をあけにくいが、心配する必要はない(息子の手術は両目でした)。目薬は充血が取れるまで使う。だいたい3週間〜1ヶ月位使う(クラビットとフルメトロン)。糸は体に吸収される糸だが、一週間過ぎ位から少しずつ少しずつ吸収されていくが、最初の一週間は目やにも出るし、異物なのでかゆかったりゴロゴロしたりはする。
    再手術前の説明より、帝京にて

斜視治療アール