!

斜視の手術

内斜視の手術 ページ一覧 斜視の手術方法  斜視手術に向けて(兵庫県立こども病院)  !手術後の過ごし方  !内斜視の手術日記  再手術

 

斜視手術に向けて

このページは、お子様の斜視手術・入院を控えている親御さん方のシミュレーションページです。その日の様子がなるべく見えるようにまとめました。

私の息子が斜視の手術・入院をした際に頂いた書類を参考資料として紹介します。手術・入院中の予定は当然病院ごとに違いがあると思いますので、1つの目安として読み進まれて下さい。

 

斜視手術1
<斜視手術について>
  1. 斜視手術とは眼球に付着している筋肉の位置を変えて眼位を矯正し、視機能の発育をうながすための手術で、時間は30分程度です。
  2. 全身麻酔については、麻酔科医から説明があります。
  3. 術後の生活は普段通りでかまいませんが、1ヶ月間はプール不可です。
  4. 手術後しばらくは物が2重に見えたり、結膜が赤くなりますが、徐々におさまります。
  5. ときに眼位のもどりがおこり、再矯正のための手術が必要になる場合があります。

上記内容は、兵庫県立こども病院 眼科の手術同意書の中央に書かれていた説明書きより抜粋しました。 この手術同意書には日付けや担当医師のサイン(名前)等が書かれおり捺印もされています。そして医師から手術の説明をうけた上で、私も住所・氏名・患者との関係を書き、捺印をしました。

 

斜視手術2
下記内容は息子が内斜視の手術で入院した際に頂いたものからです。”お子様が手術を受けられるご家族の方へ”という2枚綴り(4ページ)の説明書きで、麻酔に関する説明や、手術が終了した後の過ごし方、手術室での子供の過ごし方が書かれていました。この説明書きからいくつかの要所を下記に抜粋しました。 斜視手術-お子様が手術を受けられるご家族の方へ
<麻酔について>
  • 麻酔は全て全身麻酔を行います。麻酔方法はガス麻酔剤を吸入する方法がほとんどです(麻酔の前に注射をさせてくれる時は静脈麻酔剤で眠らせる場合もあります。)。マスクを口に当てて吸入する方法と気管内に管を挿入してガスを流す方法とがあります。お子様の年齢に関係なく麻酔の方法は同じです。麻酔中は心電図、血圧、体温、酸素飽和度を測定して全身状態をたえず監視していますので、安全性は高いですが合併症が皆無という訳ではありません。例えば、気道の閉鎖による換気不全、徐脈、血圧の低下、高熱の発生など頻度は少ないですが起こり得る合併症です。特に気道の閉鎖は胃内容物の嘔吐により発生することがあります。このことから、術前の経口摂取の指示を守らなければならない事の大切さが分かっていただけると思います。
  • 全身麻酔は手術や検査と同じ程度に身体に負担をかけるものですから、身体の調子のよくない時や他に疾患のある場合には負担が一層多くなります。麻酔科的に診て全身麻酔を行うことが危険と考えられる場合は、担当科の医師と相談の上、手術を延期することもありますのでご了承下さい。

<手術室からはどのようにして病棟に移動するのか>

  • 手術室から電話で病棟に連絡があります。それから、受け持ちの看護婦がストレッチャーで手術室に向かいます。手術室に入り、お子様をストレッチャーに移動させて安全を確認してから病棟に両親と共に向かいます。手術室から出てこられても、ほとんどのお子様は麻酔からまだしっかりさめていないので、眠っています。しかし、中には泣いていたり、興奮している場合もあります。そのような状態の場合、無意識のうちに傷口に手をもっていったり、起き上がったりしてストレッチャーから落ちたりする危険性がありますので、十分注意が必要です。

<子供についている機械は何?>

  • お子様の手又は足の指先についている機械は、S p02(サーチレーション)モニターというものです。これは、手術後にお子様が自分の力でしっかり息を行えるようになっているかを観察するものです。ですから、息が自分の力で充分に行えているかが分かればはずします。上下に数字がでますが、上の数値は息が十分に行えているか、下の数値は脈拍を表しています。もし、上の数値が低い状態が続くと酸素を使用する場合もありますが、使用した方がお子様は楽な状態になります。もちろん必要がなくなれば止めます。

<点滴について>

  • 手術から帰ってきた直後は、しっかりと麻酔からさめていないので口から水分や食事を取ることができません。ですから、点滴を行うことにより体に必要な水分等を取っているのです。また、感染防止のために点滴より抗生剤を入れる場合もあります。よって、しばらくの間必要となりますので漏れたり、針が抜けないように十分注意しなければなりません。手術を行う部位によっては食事やおしっこが出たことが確認できればその日のうちに必要がなくなる場合もあります。

<手術室でのお子様の過ごし方>

  • 麻酔は、麻酔科の先生によってかけられます。先生は、手術が終了するまでお子様のそばで全身管理を行っています。
  • 麻酔から覚めるまで、リカバリーという場所があります。そこには、看護婦が必ずいて、お子様の様子を見ています。

 

斜視手術3
下記資料も、息子が内斜視の手術で入院した際に頂いたもので、斜視の手術を受ける患児用の経過予定表の内容です。2枚綴りで、1枚目はピンク色の用紙で入院〜手術翌日までが読みやすい表になってまとまっていました。2枚目は退院日について書かれていました。下記資料は1枚目の内容です。 斜視手術-経過予定表
  入院 6/5 手術当日 手術前 6/6
医師がします *手術前の診察、手術についての説明があります。全身麻酔をするため、麻酔科医の診察及び麻酔についての説明があります。 *診察があります。
#前日に手術前の診察はしているので、この日手術前に診察や検査はありませんでした。
看護師がします *入院生活について説明をします。ご家族の方は手術当日900分迄に病棟へお起し下さい。
*夕方と寝る前に点眼をします。
#青字で書いてある時間の部分は印刷ではなかったので各自違うかもしれません。
*少し眠たくなる薬を手術に行く前に飲みます。(乳児の場合は飲まないこともあります。)
*足首に名札をつけます。

#息子も眠たくなる薬を飲みました(セルシンサンという粉薬)
生活について
(家族の方にも参加して頂けます)
食事:食事ができます。
安静:安静の必要はありません。
排泄:排尿・排便があればお知らせ下さい。
清潔:入浴できます。
#入院中、息子が起きている間は希望してずっと付き添っていたので、オムツ交換は私か旦那がしていました。そのため特に排尿・排便は知らせませんでしたが、手術後は部屋でお話をした看護婦さんに、会話の中でおしっこをしたかどうか聞かれた様な気もします。
食事:手術の3〜4時間前からは何も食べたり飲んだりできません。
安静:お薬を飲んだ後はふらついて危険です。抱っこするかベッドの上で過ごしてください。
排泄:排尿・排便があればお知らせ下さい。お薬を飲んだ後、トイレに行く時は看護師に声をかけて下さい。
清潔:入浴できません。

 

その他 *外泊される場合:風邪には気をつけましょう。人ごみは避けましょう。 *お子様の手術中、御家族の方は手術待合室でお待ちください。
  手術当日 手術後 6/6 手術翌日 6/7
医師がします *手術後、手術室の前で担当医より説明があります。手術後ガーゼをつけています。 *外来で診察を受け、ガーゼをはがします。
#病室で診察を受け、ガーゼがはずされました。
看護師がします *点滴をしています。(食事・ミルクが入り吐いたりしなければ点滴が抜けます。)
*モニターをつけています。(しっかり目が覚めればはずします。)必要に応じて酸素を使います。
*全身状態の観察を行います。(熱・呼吸・顔色など・・・)
*手術した眼にガーゼを貼っています。(ガーゼは手術翌日診察時にはがします。)ガーゼを触ったり、はがしたりしないで下さい。
*点眼がはじまります。点眼は看護師がします。(点眼は2種類あります。抗生剤1日4回、消炎剤1日2回です。)
*内服薬を1日3回飲みます。
#点眼:抗生剤はパニマイシン・消炎剤はフルメトロンでした。内服薬は粉薬でした。

 
 

生活について
(家族の方にも参加して頂けます)
食事:麻酔から覚めたのを確認し、手術後3〜4時間経っていれば、お茶か糖水をお持ちします。その後気分が悪くなったり吐いたりしなければ普通に食事ができます。
安静:創部をさわらないように気をつければ特に制限はありません。歩行、抱っこもできます。
排泄:排尿・排便があればお知らせ下さい。
清潔:入浴できません。
食事:食事ができます。
安静:ガーゼをとった後も眼を触ったり、こすったりしないで下さい。
*手術前にメガネをかけていた人はガーゼをとった後、今まで通りかけて下さい。
排泄:
排尿・排便があればお知らせ下さい。
清潔:顔と体を拭きます。(洗面・洗髪・入浴(シャワー)はできません。
その他 #空欄 #空欄
頂いた資料(印刷物)ではA4サイズの用紙を横に使っていたので、1枚目では入院6/5〜手術翌日6/7までが横一列で1つの表として書かれていましたが、ここはwebページだし個々の閲覧環境も違う事を考慮して"入院6/5〜手術当日 手術前"までが一段目、"手術当日 手術後〜手術翌日6/7"が2段目という表使いでまとめました。

#基本的に上記内容は頂いた経過予定表の内容そのものです。
#このページは印刷物ではなくwebページなので、改行による読みにくさを考慮してまとめました。
#使用されていたイラストは省いています。
#赤い文字で書いているのは私のコメントです。
#経過予定表2枚目の内容は、次項”手術後の過ごし方”のページにあります。

!全身麻酔についての説明(参照リンク:兵庫県立こども病院 麻酔科のページ)

 

斜視治療アール