ふるさとは遠きにありて---室生犀星


               ふるさとは遠きにありて思ふもの
               そして悲しくうたふもの
               よしや
               うらぶれて異土の乞食となるとても
               帰るところにあるまじや
               ひとり都のゆふぐれに
               ふるさとおもひ涙ぐむ
               そのこころもて
               遠きみやこにかへらばや
               遠きみやこにかへらばや
                     [小景異情ーその二] より

 私が旧制富山高校に入学したのは昭和22年であった。終戦後の廃墟の中、ふるさと岐阜を離れたのはわずかに17歳であったから、この犀星の詩は、多感な少年であった私の心に深い感銘を与えたものだった。

 室生犀星は石川県金沢の出身で、市内を流れる犀川の近くで生まれた。その筆名「犀星」はたぶんこの犀川から得たのであろう。21歳の時、文人たらんとの思いを押さえがたく、やみくもに故郷を捨てて東京に出たといわれる。貧困のどん底の中で詩作を続け、食い詰めると金沢に帰ってきたという。その頃の犀星の心情は、上の詩にも次の詩にも、痛いほど読みとれる。

               美しき川は流れたり
               そのほとりに我はすみぬ
               春は春、なつはなつの
               花つける堤に坐りて
               こまやけき本の情けと愛とを知りぬ
               いまもその川のながれ
               美しき微風ととも
               蒼き波たたへたり
                          [犀川] より

 犀星の生活と心情は、当時寮で勉学をしていた、貧しいがそのくせ理想主義的な高校生の生活に重りあう点が多く、彼の詩を愛読する者は少なくなかった。少なくとも私にとって犀星は、抒情派詩人として、長らく心の中にその位置を占めていた。

 所が最近になって、犀星が次の詩を作っていることを知って、私は驚いた。

              逢いたきひとのあれども
              逢いたき人は四十路(よそじ)すぎ
              わがそのかみ知るひとはみな四十路すぎ
              四十路すぎては何のをとめぞ
              をとめの日のありしさえ
              さだかにあはれ
              信じがたきに
                        [四十路] より

 わずか40歳をすぎたばかりで、犀星はあの透徹するまでに澄み切った純粋なのもへの憧れを、捨ててしまったのであろうか。私はしばらくは呆然として、彼の詩集を放り出したのであった。おそらく犀星は、老いへの反語としてこの詩を作ったのであろう。是非ともそうあってほしいとの願いが、この詩と犀星に対する年老いた私の心情である。
                         [1997年8月記]

                 
 
                 想い出の詩 に移る。
                 想い出の詞藻 に戻る。
                 トップページ に戻る。