バンダイ 1/500 宇宙戦艦ヤマト SPACE BATTLESHIP YAMATO


2010/12/12製作開始


2013/07/20再塗装

宇宙戦艦ヤマト2199をイメージして、再塗装しました。 今回は、Mrカラーで筆で上塗りしました。

主砲の測距儀の部分にエポキシ接着剤を流し込んで透明化しました。


2011/11/26完成

艦首の形状修正と塗装に時間をかけたことで完成までにほぼ1年かかってしまいました。
模型自体に大きさがあるので、塗装は単調にならないよう細部まで変化がつくように苦労しました。



製作過程
2010/12/12

映画 SPACE BATTLESHIP YAMATO を観てきました。もうこれを作るしかないでしょう

今までのヤマトのキットの中で間違いなく最高の出来であると思います。
しかし、やっぱり気になるところはあるもので、艦首波動砲まわりに違和感がありました。
みんなはどうしているんだろうと他のサイトを検索していると これだ!という作例がありましたので、マネをさせてもらいます。
  →道楽おやぢさんのヤマト製作記のサイト 


波動砲すぐ上のスジ彫りですが、キットのままでは位置が上すぎだと思います。
0.3mmプラ板でスジ彫りガイドを自作して彫りなおしてみました。

バルバスバウ(艦首の赤い丸いところ)を少し下げたほうがよいと思い、クサビ型にプラ板をはさみました。また、バルバスバウとその上のラインを自然な形にするため、プラ板の細切りをはりました。


2011/01/10


修正箇所の段差をなくすのにタミヤ・エポキシ造形パテ(高密度タイプ)を使っています。また、バルバスバウも気持ちボリュームアップをしています。

 


2011/06/26

HPの更新は横着しておりましたが、作業は着々と進んでいます。
副砲は、砲身付根にプラ板の細切りを貼り付けて隙間を埋めました。

キットのままでは、波動砲後部のラインが前すぎると感じたので、後ろにずらして彫りなおしました。

いよいよ塗装です。
#29艦底色、#81あずき色、#68モンザレッドをエアブラシで縦方向にわざとムラになるように吹き付けました。

船体は、#32軍艦色、#13ニュートラルグレー、#11ガルグレーなどをエアブラシで縦方向にムラになるように吹き付けました。


アクアオイルカラーDUOで、描き込みしてゆきます。
小松崎茂画伯か高荷義之画伯の 気分になって時間をかけて描きこみをしていきたいです。


2011/09/04

 

第一艦橋と第二艦橋の窓のパーツの凸凹を削りました。

艦橋の窓越しに「何か」見えるようにジャンクパーツをつけました。


2011/09/25

艦載機を塗装しました。小さいです・・・

 

 

戻る