「もろもろ告知」 (1/20更新)


 ほたる 監督・脚本・主演 『 キスして。 』 大阪初公開!

 1月25日(土)~31日(金) 18:40~(連日1回上映)

  劇場:シアターセブン(大阪・十三)


『キスして。』
監督・脚本・出演:ほたる(=葉月 螢)
撮影・照明:勝嶋啓太
音楽:虹釜太郎、坂田律子
録音・整音:小林徹哉、臼井勝、川口陽一
編集:桑原広考、中村明子
監督助手:小泉剛、辻豊史、佐藤史、小川隆史、広瀬寛巳、福山源
撮影助手:阿久津毅、下里泰生、サカイケイタ
[出演]伊藤猛 内倉憲二 今泉浩一 望月南菜世 天利宏平 白井由希絵
    ここや 山崎幹生 河名麻衣 真葛 千葉誠樹 柳東史 杉浦昭嘉
    岡輝男 矢崎仁司 七里圭 牛嶋みさを
2012年/日本/DV/66分

<作品サイト> http://kisusite.com

☆☆上映期間中、毎日ほたる監督来場!! 上映後にトークイベント(約30分予定)

 [日替わりゲスト]

 25日(土) 伊藤猛(俳優)、河名麻衣(女優)

 26日(日) 小林政広(映画監督)

 27日(月) 山崎樹一郎(映画監督)

 28日(火) 佐藤訪米(映画監督)

 29日(水) 太田耕耘キ(「ぴんくりんく」編集部) プラス誰か?!

 30日(木) 岡村詩野(音楽ライター)

 31日(金) さとう樹菜子(女優)


シアターセブン TEL 06-4862-7733
<劇場サイト> http://www.theater-seven.com

<料金> *R-15
 前売り1,200円
 当日 一般1,500円/学生1,200円/シニア1,000円




ほたる
 福島県出身。2月21日生まれ。多摩美術大学在学中にアングラ劇団の舞台に出演し、葉月螢(はづき ほたる)名義で女優活動を開始。
 1993年『未亡人 喪服の悶え』(瀬々敬久監督/国映・新東宝)にてピンク映画デビュー。以降、成人映画や一般公開作品100タイトル以上に出演している映画女優。
 1994年度ピンク映画大賞・新人女優賞、95~97年度は3年連続で同・女優賞を獲得。その後、99年度、2002年度にも女優賞受賞で、新人含め合計6度のピンク映画・女優賞に輝く。名実ともにピンク映画を代表する大女優である。
 そしてついに、本作『キスして。』で監督デビューを飾った。





☆☆☆ 2012年ぴんくりんく女優賞 発表 ☆☆☆

【最優秀主演女優賞】あずみ恋

【最優秀新人女優賞】愛田奈々

【最優秀助演女優賞】佐々木基子

【優秀ピンク女優賞】かすみ果穂 眞木あずさ

☆☆☆ おめでとうございます ☆☆☆





 渡辺護監督ドキュメンタリー第2部 完成!!
 『つわものどもが遊びのあと』

 ご期待下さい!

2013年2月8日(金)~2月12日(火) 神戸映画資料館

 <<<ご来場まことに有難うございました>>>

「ピンク映画50周年 特別上映会~映画監督・渡辺護の時代~」

ドキュメンタリー映画 『糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護』 初公開!



上記の写真は2012年1月4日、渡辺護監督を大阪で撮影。今回の上映作品とは関係ありません。

ご案内のPDFファイル

上映会場 神戸映画資料館のサイト

『糸の切れた凧 ~』監督 井川耕一郎のサイト

渡辺 護 公式サイト


渡辺 護(わたなべ まもる)
…数々の女優を育ててきたその演出手腕は他に並ぶ者がいない。例えば日活ロマンポルノ以前に、白川和子(『女子学生残酷白書 真っ赤なうぶ毛』68年、『女郎刑罰史』68年等)、谷ナオミ(『奴隷未亡人』67年、『暴欲の色布団』67年、『性愛鑑定』71年等)を撮り、東てる美(『花の女王蜂性競乱』75年等)、日野繭子(『少女縄化粧』79年等)、美保純デビュー作『制服処女のいたみ』(81年)、可愛かずみデビュー作『セーラー服色情飼育』(82年)など枚挙に暇がない。
彼女らがやがてスター女優になったのには、渡辺監督の演出力が大きかったのは間違いない。
そして女優ばかりではなく、一般映画『紅蓮華』(93年)では、『Shall we ダンス?』(96年)でのブレイク以前に役所広司を男優主演に起用している。
まさに渡辺護は日本映画史を代表する映画監督なのである!
 (ぴんくりんく編集部)


「糸の切れた凧」(万田邦敏さんからのコメント)
ピンク映画というのは1時間前後の尺の中に、セックスシーンが4回、5回ないといけないとか、何分間に1回ないといけないとかいう条件のもとで作られますよね。
その条件は、監督にとってふつう「制約」として受け止められるじゃないかと思うんです。
できたら無理矢理セックスシーンなんて入れたくはないけど、そうしないといけない決まりだから仕方なく撮る、というふうに。
しかし、ある一群の監督や脚本家たちにとってはそれが制約ではなく、いや始めは制約であったにもかかわらず、すぐにセックスそのものがドラマの中心テーマに据えられるようになるという奇妙な逆転が起りますよね。
渡辺さんもそうだったのか。でなければ、2百本以上のピンク映画は撮れないのか。
しかしこのドキュメンタリーを見ていると(聞いていると)、渡辺さんにとっての関心はピンクそのものではなく、ピンクだろうとなんだろうと如何に面白く撮るか(如何に面白く語るか)、ただそれだけなんだということがわかってきました。
つまり渡辺さんにとってピンクは、驚くべきことに今もなお「たまたまそうだった」であり続けているのではないかということです。
渡辺さんには「映画」という糸が、ずっと切れないままつながっているんではないでしょうか。
 万田邦敏



『糸の切れた凧』—-渡辺護について(高橋洋さんからのコメント)
もしオリヴェイラが渡辺護の映画を見たら、ええ! サイレント時代から映画を撮ってた人が俺以外にもいたの!とビックリするのではないだろうか。
もちろん渡辺護は100歳ではない。ピンク映画の黄金期を支え、200本以上の映画を撮り続けた彼のデビューは1965年。
彼の映画にずいぶんと遅れて出会った私たちは、その画面に、彼が語る言葉に、肉体に、マキノ、伊藤、衣笠ら活動大写真の興奮が息づいている不思議に呆然とした。
井川耕一郎がドキュメンタリーの製作に踏み切ったのも、何としてもこの不思議を記録せねばならないと思ったからに違いない。
渡辺護が語るのは体験談ではない。“体験”なのだ。
クラシカルな嗜好とは無縁の、現在であり続ける“体験”。
彼の映画がオリヴェイラ同様刺激的なのはそれ故だ。
我々はスクリーンを通じて、スクリーンを見ている時だけ、この“体験”を共有できる。
渡辺護の演出を捉えたメイキング映像は抱腹絶倒の面白さ!
 高橋 洋



本邦初公開! <渡辺護ドキュメンタリー第一部> 

 『糸の切れた凧 渡辺護が語る渡辺護』

  構成:井川耕一郎/出演・語り:渡辺 護

 撮影:松本岳大 井川耕一郎/録音:光地拓郎/編集:北岡稔美
 構成補:矢部真弓 高橋 淳/製作:渡辺 護 北岡稔美
 協力:渡辺典子 太田耕耘キ 淡島小鞠 荒木太郎 広瀬寛巳 向井淳子 映画美学校

 (2011年/122分/一般/DVCAM)



  2013.1.12撮影 渋谷・映画美学校 試写室


 (もちろん手前が渡辺護監督、背後霊のような井川耕一郎監督。)



すべて公開当時の原物! <渡辺護初期作品ポスター展>
どこの博物館にもない貴重なピンク映画ポスター展を上映会場にて開催します。
この機会にジックリご鑑賞下さいませ。(映画鑑賞料金が必要です)
提供:東舎コレクション

【展示目録】
あばずれ(65)、情夫と牝(65)、浅草の踊子 濡れた素肌(66)、女の狂宴(66)、うまず女(66)、のたうち(66)、絶品の女(66)、女子大生の抵抗(66)、女高生ジャングル(66)、奴隷未亡人(67)、処女残酷(67)、現代悪女伝 牝のかまきり(68)、女子学生残酷白書 真赤なうぶ毛(68)、絶品の壺(69)、色欲三重奏 だまされた女狐(69)、初もの喰い(69)
(以上16点すべて渡辺護監督作品)

紅壺(65)、おんな地獄唄 尺八弁天(70)、三日三晩裏表(69)、男と女の肉時計(68)、素肌が濡れるとき(71)、婦女暴行事件 不起訴(79)
(今回上映の6点、計22点)



 TOP PAGE





★ 決定!! ピンキーリボン賞2011 ★
☆ゴールドぴんく賞☆
『 囚われの淫獣 』
 OP/監督・脚本:友松直之
撮影:飯岡聖英/音楽:teekey/歌:初美/編集:酒井編集室/録音:シネ・キャビン/メイク:江田友里子/制作担当:池田勝/助監督:安達守
[出演]柚本紗希 倖田李梨 若林美保 津田篤 如春 藤田浩

☆シルバーぴんく賞☆
『 色恋沙汰貞子の冒険 私の愛した性具たちよ… 』
 Xces/監督・脚本:山内大輔

☆☆☆☆【ピンキーリボン 個人賞】☆☆☆☆

☆最優秀 主演女優賞☆ 西野 翔 『ノーパンの蕾 濡れたいの』他
☆最優秀 助演女優賞☆ 里見瑤子 『不倫密会 ふしだら狂い尻』他
☆最優秀 新人女優賞☆ 北谷静香 『色恋沙汰貞子の冒険 私の愛した性具たちよ…』
☆殊勲女優賞☆ みづなれい しじみ 倖田李梨





 神戸・長田が生んだ人情ピンク作家 小松公典(こまつこうすけ) 特集!
                             (「ぴんくりんく」編集部:共催)
 会場:神戸映画資料館
 [TEL]078-754-8039 JR/神戸地下鉄・新長田(しんながた)駅から南へ徒歩5分
 (神戸市長田区腕塚町5-5-1 アスタくにづか1番館北棟2階)


 ご来場まことにありがとうございました。

日程(2011年) 8月 26日(金) 27日(土) 28日(日)
 トークゲストは、26日:女優・倖田李梨
 27日、28日は、ピンク読モ(「ぴんくりんく」読者モデル)の2人
 古本奇納子、町田翠 (『ぴんくりんく緊縛篇 第弐部』出演)



<上映作品>
シナリオタイトル「恋味うどん」
悩殺若女将 色っぽい腰つき(2010年改題:熱々お姉さん 極太こねまわす)
2006年/OP映画 [R18+]
シナリオタイトル「いつまでも どこまでも」
不純な制服 悶えた太もも(2011年改題:早熟な制服 肉体の報酬)
2008年/OP映画 [R18+]
シナリオタイトル「川の字」
潮吹き花嫁の性白書
2010年/OP映画 [R18+]




☆ ピンキーリボン賞2010☆
【ゴールドぴんく賞】
『 潮 吹 き 花 嫁 の 性 白 書 』

 OP/監督:竹洞哲也/脚本:小松公典・山口大輔/撮影監督:創優和
 音楽:與語一平/編集:有馬潜/録音:シネ・キャビン/助監督:櫻井信太郎

 [出演]かすみ果穂 倖田李梨 LUNA 毘舎利敬 佐藤玄樹 久保田泰也 岩谷健司 岡田智宏
【シルバーぴんく賞】
 『性愛婦人 淫夢にまみれて』OP/監督:池島ゆたか
【パールぴんく賞】
 『させちゃう秘書 生好き肉体残業』 OP/監督・脚本:荒木太郎

【個人賞】
☆最優秀 主演女優賞☆ かすみ果穂
☆最優秀 助演女優賞☆ 倖田李梨
☆最優秀 新人女優賞☆ 竹下なな
☆殊勲女優賞☆ 藍山みなみ 早乙女ルイ 佐々木基子 佐々木麻由子



■投票者数22名。
 ご投票まことに有難うございました。
■個人賞につきましては、投票内容を参考にして「ぴんくりんく」編集部にて決定いたしました。
■投票に際して、様々なご意見ご感想をいただきました。「ぴんくりんく6月号」(6月4日発行予定)にて投票動向、○×投票理由など、ご紹介する予定です。
(投票者の方には「ぴんくりんく」5月号・6月号を合わせて郵送いたします)

☆投票対象作品はOP映画=36、Xces=4、新東宝=2、OPゲイポルノ=1、合計43作品。






『ぴんくりんく緊縛篇 第壱部』 『ぴんくりんく緊縛篇 第弐部』

 2010年10月16日(土) 関西公開!!



 詳細はこちら




ご来場まことにありがとうございました


ピンク映画発掘プロジェクト(ピンクリンク編集部+PLANET+1) 主催
ポルノ・フィクション2  11 月 6 日(土) ~ 12日(金) 【R18+ 】
60年代~80年代 ピンク映画特集!今年はゲイポルノもあるよ特集!!


 紅 壺 (『ぴんくりんく緊縛篇 第弐部』劇中上映作品)
1965年/監督:渡辺 護 
脚本:吉田貴彰・池田 央/撮影:生田 洋/音楽:小谷松実/照明:村井徹二/録音:杉崎 喬/編集:宮田二三夫/助監督:大島 功
出演:真山ひとみ 原 あけみ 黒木純一郎 上野山功一 千田啓介 岩城力也 四志譲二 今井孝行
(16mm/85分/モノクロ/スコープサイズ)



 真赤な獣欲
1967年/監督:東元 薫(=梅沢 薫)
脚本:東元 薫/撮影:河村賢二/照明:広吉 明/音楽:日邦楽/録音:セントラル録音/助監督:田代源三郎・浜 多加志
出演:祝 真理 火鳥こずえ 辰己典子 東 美津子(=白川和子) 相原香織 津崎公平 山本昌平 築地 博 才式賢一 宮口 博 北岡みの
(16mm/短縮版55分/パートカラー/スコープサイズ)



 好色坊主 四十八手斬り (通称:好色座頭市)
1969年/監督:東元 薫(=梅沢 薫) 
脚本:板橋一雄/撮影:鈴木司郎/照明:大広 明/音楽:東楽グループ/美術:佐藤盛雄/編集:菊地克弘/音楽効果:蓮沼音響グループ/録音:日本放送録音KK/殺陣:技友会/助監督:長石多加男・小山睦雄



出演:酒巻輝男 林 美樹 司 乱子 清水世津 白川和子 一星ケミ 里見孝二 鶴岡八郎 芹沢 正 長岡丈二 二階堂 浩 森誠一郎 千曲守夫
(16mm/短縮版55分/パートカラー/スコープサイズ)



 強烈!! 性(セックス)を好む女
1972年/監督:佐々木 元
脚本:池田正一/撮影:内田三郎/照明:大井正一/録音:日本録音センター/音楽:三沢 碧/編集:エディ編集社/助監督:青山 繁
出演:宮下順子 国分二郎 市村譲二 坂本 昭 北村 淳 日野新二 春山大吉 大河原 功 小野 保 東裕里子 青山美沙 宮本圭子
(16mm/短縮版48分/パートカラー/スコープサイズ)
*タイトル:[ 性 ]の下に、ルビ[ セックス ]



 婦女暴行事件 不起訴
1979年/監督:渡辺 護
脚本:小水一男/撮影:久我 剛/照明:近藤兼太郎/音楽:飛べないアヒル/編集:酒井正次/撮影助手:中本憲政/照明助手:森久保雪一/効果:秋山 実/助監督:鈴木敬晴/企画:朝倉大介/国映
出演:日野繭子 青野梨麻 風間舞子 港 まゆみ 斉藤由次 白鳥邦彦 上野 淳 大杉 漣 豊島六郎 藤村 俊
(35mm/61分/カラー/スコープサイズ)



 ぼくらの季節
1983年/監督:広木隆一
脚本:望月六郎/撮影:遠藤政史/照明:森久保雪一/音楽:PINK BOX/編集:J・K・S/撮影助手:宮本良博・富田伸二/照明助手:坂本 太/録音:銀座サウンド/助監督:富岡忠文/企画・製作:雄プロダクション/ENK
出演:中根 徹 佐藤 靖 星野まゆみ 尾加野 忠 池島 豊 大杉 漣
(35mm/60分/カラー/ビスタサイズ)*ゲイポルノ



 グッバイボーイ
1984年/監督:滝田洋二郎
脚本:高木 功/撮影:志賀葉一/照明:金沢正美/編集:酒井正次/製作主任:西田洋介/撮影助手:守屋治朗・乙守隆男/照明助手:吉角荘介/録音:銀座サウンド/助監督:片岡修二/製作:ナイアガラプロモーション/ENK
出演:対馬やすひろ 長友達也 池島ゆたか 竹村祐佳 螢 雪次朗 大杉 漣 江口高信 佐藤 靖 成田 誠 関 多可志 周 知安
(35mm/60分/カラー/ビスタサイズ)*ゲイポルノ



【上映会場】PLANET+1(プラネットプラスワン)
〒530-0016 大阪市北区中崎町2丁目3-12 パイロットビル2F





★7月24、25日 京都・本町館

浜野佐知監督、山崎邦紀監督・トークショーにご来場頂きまして

まことに有難うございました。



旦々舎ホームページ ※旦々舎とは浜野佐知監督の映画製作会社です

浜野佐知監督 一般映画 『 百合子、ダスヴィダーニヤ 』 

みんなで応援していきましょう!!


映画『百合子、ダスヴィダーニヤ』サイト





☆ ピンキーリボン賞2009☆
☆ゴールドぴんく賞☆ <ピンキーリボン賞・第1位>
 『 いくつになってもやりたい不倫

  国映・新東宝/監督:坂本 礼/脚本:中野 太/撮影:橋本彩子/照明:小川大介/編集:酒井正次/助監督:大西裕
   出演:吉岡睦雄 春矢つばさ 三木藤乃 飯島大介 佐々木ユメカ 北川輝 長谷川晴枝 石川裕一


※今年は同点2位が6作品となったため、シルバーぴんく賞およびパールぴんく賞の発表はなしとさせて頂きます。上位6作品は下記の通り。

【個人賞】
【最優秀 主演女優賞】夏井亜美
【最優秀 助演女優賞】藍山みなみ
【最優秀 新人女優賞】真咲南朋
【殊勲女優賞】倖田李梨 佐々木麻由子 日高ゆりあ 吉行由実


☆☆☆投票者数23名。ご投票まことに有難うございました。
 今年も様々なご意見ご感想とともにご投票頂きまして、まことにありがとうございました。
 「ぴんくりんく」5月号にて投票動向、投票理由などできる限りご紹介する予定です。

☆09年新作ピンク映画の中から最もよかったと思う作品を一つ選び、および最もよくないと思う作品を一つ選び投票。 最も良かった=(プラス)+1点、最も良くない=(マイナス)-1点で集計し、最も得点の高かった作品(第1位)がピンキーリボン賞【ゴールドぴんく賞】です。
☆なお個人賞につきましては、投票内容を参考にして当編集部にて決定いたしました。






2009年10月13日(火)~20日(火) < ポルノ・フィクション! >

          ご来場まことに有難うございました!

大阪・梅田/PLANET+1(プラネット・プラス・ワン) にて ピンク映画発掘プロジェクト、始動!
「ぴんくりんく」創刊11周年記念上映会 ☆★ 60年代~80年代 ピンク映画特集 ★☆

【上映作品】

『 紅 壺 』
1965年/85分/モノクロ/スコープサイズ/監督:渡辺護
『 ブルーフィルムの女 』
1969年/80分/カラー/スコープサイズ/監督:向井寛
『 15代の売春婦 』
1971年/72分/パートカラー/スコープサイズ/監督:足立正生
『 素肌が濡れるとき 』
1971年/70分/カラー/スコープサイズ/監督:梅沢薫
『 婦女暴行事件 不起訴 』
1979年/61分/カラー/スコープサイズ/監督:渡辺護
『 カマキリ女秘書 』
1984年/60分/カラー/ビスタサイズ/監督:小川和久(=小川欽也)
『 異常快感24時 』
1985年/61分/カラー/ビスタサイズ/監督:飯泉大(=北沢幸雄)



☆ ピンキーリボン賞2008 ☆
☆ゴールドぴんく賞☆ 『超いんらん やればやるほどいい気持ち』 新東宝/監督:池島ゆたか
☆シルバーぴんく賞☆ 『喪服の未亡人 ほしいの…』 国映・新東宝/監督:渡辺 護
☆パールぴんく賞☆ 『半熟売春 糸ひく愛汁』 OP/ 監督:池島ゆたか

【個人賞】
<最優秀 主演女優賞> 友田 真希
<最優秀 助演女優賞> 倖田 李梨
<最優秀 新人女優賞> Aya
<殊勲女優賞> 淡島小鞠 日高ゆりあ



【映画監督 浜野佐知の全貌】 2008年8月 2・3日 上映終了
◆神戸アートビレッジセンターのサイトはこちら◆   ●浜野佐知監督のサイトはこちら●
<上映作品>
『第七官界彷徨-尾崎翠を探して』 『百合祭』 『こほろぎ嬢』
『SEX捜査局 くわえ込みFILE』 『SEX診断 やわらかな快感』



~ ピンキーリボン賞 2007 ~
☆ゴールドぴんく賞☆ 『痴漢電車 びんかん指先案内人』 OP映画/監督:加藤義一
☆シルバーぴんく賞☆ 不倫中毒 官能のまどろみ
☆シルバーぴんく賞☆ 淫 情 ~義母と三兄妹~

<個人賞>
☆最優秀 主演女優賞☆ 平沢里菜子
☆最優秀 助演女優賞☆ 風間今日子
☆殊勲女優賞☆ 華沢レモン 倖田李梨
☆最優秀 新人女優賞☆ 結城リナ



浜野佐知監督 一般映画 『 こ ほ ろ ぎ 嬢 』
旦々舎HP
<新聞紹介記事>
毎日新聞/2007年4月14日・朝刊 掲載記事
読売新聞/2007年4月20日・朝刊 掲載記事



= ピンキーリボン賞2006 =

☆ゴールドぴんく賞☆ 『悩殺若女将 色っぽい腰つきOP/監督:竹洞哲也
☆シルバーぴんく賞☆ 『絶倫絶女』
☆パールぴんく賞☆ 『裸の三姉妹 淫交』

<個人賞>
☆最優秀 主演女優賞☆ 吉沢明歩
☆最優秀 助演女優賞☆ 風間今日子
☆ 殊 勲 女 優 賞 ☆ 青山えりな 淡島小鞠 平沢里菜子
☆最優秀 新人女優賞☆ 日高ゆりあ




2006年11月25日(土) <風間今日子・舞台挨拶> ☆サイン・握手会&2ショットポラ!!
京都・本町館へのご来場まことに有難うございました。
暖かいファンの皆様のご声援に支えられて無事終了いたしました。御礼申し上げます。
【上映作品】 ~11/30(木)まで
『濡れ巨乳なぶり』
OP/監督:小川欽也/脚本:水谷一二三/原作:睦月影郎/撮影:中尾正人
出演:風間今日子 開田あや 秋吉かほり 杉本まこと 平川ナオヒ 睦月影郎 唐沢俊一 稗田オンまゆら

『美姉妹スチュワーデス 朝まで狂乱』
Xces/監督:浜野佐知/脚本:山崎邦紀/撮影:小山田勝治
出演:風間今日子 桜ちより 村上ゆう ジョージ川崎 平賀勘一 伊藤正彦

『人妻とOL あふれる愛液』
新東宝/監督:佐藤吏/脚本:福原彰/撮影:長谷川卓也
出演:薫桜子 平沢里菜子 青山えりな 岡田智宏 本多菊次朗 三浦英幸 千葉尚之 佐々木基子




☆☆☆☆ ピンキーリボン賞 2005 ☆☆☆☆

ゴールドぴんく賞◇  『ミスピーチ 巨乳は桃の甘みOP映画/監督:吉行由実
◇シルバーぴんく賞◇ 『爆乳Gカップ とろける谷間』OP/監督:荒木太郎
◇パールぴんく賞◇ 『外人妻×スケベな妹 丸見えエロ騒ぎ』OP/監督:渡邊元嗣

☆個人賞☆
◎最優秀・主演女優賞◎ 林由美香
◎最優秀・助演女優賞◎ 華沢レモン
◎優秀・新人女優賞◎ 山口真里 薫 桜子 淡島小鞠 青山えりな





多呂プロ10周年記念/協力:「ぴんくりんく」編集部
ピンク映画・神戸ロケ作品 =進行状況=

※2006年9月/2007年3月
 脚本が映画館を舞台にした物語であること、オーピー映画配給(荒木太郎監督)となること
 完成した作品が上映できる映画館での撮影、など諸々の事情から、神戸地区のCINEMAしんげき
 にてロケ撮影の方向で進めてまいりました。しかしながら、
 当初から撮影許可の了承をしてくれていた劇場支配人から2006年2月、撮影には協力できない、
 今までのピンクリンク企画のイベントなども観客動員がマイナスになっている、等の話がありました。
 あまりにも突然に、理不尽かつ根拠のない理由を一方的に通告されました。
 その後交渉を続けましたが、配給会社への映画上映(プリント)料金の不払い・滞納の事実も分かり、
 劇場側の協力が得られない限り、本作品の撮影は出来ないとの判断を荒木太郎監督および
 「ぴんくりんく」編集部が下しました。
 関西での他劇場での撮影も検討しましたが、脚本の性質上(物語の雰囲気など)、
 大阪や京都での撮影では無理だと荒木太郎監督が判断しました。
 以上のような経緯により、OP映画・荒木太郎監督・神戸ロケ作品の進行は現在のところ中断しております。
 監督・スタッフはすでに神戸地区のロケハンも完了している状態で
 企画そのものがなくなったわけではありませんが、今後の具体的な予定は決まっておりません。
 企画募集にご応募いただいた皆さん、作品を期待しておられた皆さんには誠に申し訳ありません。
 (荒木太郎 ピンクリンク編集部)


★2006年1月
 撮影予定のロケ場所などの都合により、撮影日程が6月頃に延期されました。
★2005年9月
 配給会社の都合により、撮影日程が2006年・1月~2月に延期されました。
 脚本は吉行由実さんの予定となりました。
★2005年8月
 多呂プロおよび当編集部で精査いたしましたところ、今回は残念ながら該当作なしとさせていただきます。
 興味深い作品もありましたが、やはり最終的に神戸ロケ・ピンク映画として完成させるには、
 どの作品も無理であると判断いたしました。
 なお下記2作品については<選外佳作>として発表いたします。
 「 売り子の恋 」 作:高島考広(東京都)
 「 生きてる。 」 作:かつのヨメ(東京都)
★2005年7月
 企画募集は締め切りました。
 多呂プロ制作・「ぴんくりんく」協力/神戸ロケ・ピンク映画企画募集にたくさんのご応募まことにありがとうございました。
 応募者総数24名、企画書(シノプシス)応募総数40本、スタッフ希望者1名でした。(出演希望の応募はありませんでした)
 なかにはプロのライターや女優さんなどからも応募いただきまして、大変感謝しております。
★2005年6月
 2005年・夏に撮影予定、オーピー映画配給・成人映画(60分)の企画書(シノプシス)を募集します。
 製作は多呂プロ(監督:荒木太郎)がいたします。




☆ ピンキーリボン賞 2004 ☆

◇ゴールドぴんく賞◇ 美肌家政婦 指責め濡らして  ・OP
◇シルバーぴんく賞◇ 制服美少女 先生あたしを抱いて ・国映・新東宝
◇パールぴんく賞◇ 憧れの家庭教師 汚された純白 ・OP
             食堂のお姉さん 淫乱にじみ汁 ・OP
             濃厚不倫 とられた女 ・国映・新東宝
             夫婦交換<スワップ>前夜 私の妻とあなたの奥さん ・新東宝


○最優秀・主演女優賞○ 麻田真夕
○優秀・助演女優賞○ 林由美香・林田ちなみ
○優秀・新人女優賞○ 蒼井そら・桜月 舞・こなつ・夏目今日子





『ピンク全新作 2002-2003』 発 売 中! 

「ぴんくりんく」編集部による『ピンク全新作 2002-2003』
R-18成人映画の劇場公開作、2年間分、全185本の作品紹介。スタッフ名やキャスト名など各作品のデータ部分は充実。巻末には'02年、'03年の2年間の女優別と監督別の作品リストを掲載。まさに資料としても最適!
「これあると便利なんだよ」と池島ゆたか監督。「独断と偏見が楽しいですね。わずか二年でもずいぶんたったような気がして、いろいろ感慨にふけることが出来ました」と切通理作さん。…などなど好評を得ております。
ぜひともお買い求め頂きますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。


●通信販売は
定価 700円(税込) プラス送料240円 ですが、
特別価格(送料込み合計) 800円 にて販売いたします。
『ピンク全新作 2002-2003』ご希望の方は
定額小為替 800円
分(無記名にて)を下記までお送り下さい。
(郵送先・〒番号、住所、氏名をお忘れなくご記入下さい)
〒530-0027 大阪市北区堂山町15-4 アクトⅢ-606 ENK内 ピンクリンク編集部 宛