サビキ仕掛けの組立例

サビキ、サビキって簡単に言いますけど、その組み合わせは色々あるし、対象魚も小物ばかりとは限りませんね。

アミコマセを撒いて既成のサビキを使ってイワシを釣るのも、コマセも撒かずに自分で巻いた特製サビキを遠投しソウダガツオを釣るのも、どれもサビキ釣りです。もともとフライフィッシングに狂っているくらいですから「偽餌」で釣る事に躍起にやっている今日この頃です。そんな僕がよく使うサビキ仕掛け集です。

 

・爆弾仕掛け

最も一般的なサビキ仕掛けですね。アジ、イワシ、サバ、ソウダガツオ・・・ウキ下を調整する事によって対象魚の棚にキッチリ合わせることが出来ます。

コアジ・イワシ用;伊勢尼金針1号+0.6号ハリス、幹糸は2号、オモリは3号という組み合わせを使っています。針のバリエーションとして早がけ金針6号のものもあります。ハリスの長さは5cm、針の間隔は20cm前後。8本針。

個人的にはあまり好きな仕掛けではありません。仕掛け自体の重量があるのと、取り込む時の抵抗が大きいからです。よって使う竿は磯竿3号遠投タイプでPE18lbsを巻いた小型スピニングリールの組み合わせです。

・カゴ釣り吹流しタイプ

どうしてもコマセを使う時にはこちらのタイプのほうを多用します。ただし、中型アジやソウダガツオなど突っ走るタイプの魚専用です。吹流しサビキのため水中で自然に各サビキが漂います。またトラブルもおきにくいですね。

中アジ用;コアジ金針6号またはチヌ金針1号+1号ハリス、幹糸は3号、カゴつきテンビンは4〜5号のオモリ。ハリスの長さなどは上の仕掛けと同じですが、針は多くても6本、通常4本針。サビキ部の全長は1.5m位。

ソウダガツオ用;コアジ金針10号またはチヌ金針3号+2号ハリス、幹糸は4号。カゴ付き天秤は中型のもので7号オモリ程度。針数は3〜4本。

組み合わせる竿などは爆弾と同じです。

 

 

 

 

・投げサビキ No.1タイプ

投げサビキというと、飛ばしウキを使った上記のような仕掛けのことも言うようですが、K爺的には浮きとかカゴを除いたサビキ仕掛けを投げて、誘って釣るのを「投げサビキ」と言いたいですね。これは竿下を普通に釣る仕掛けと同じです。違うのはコマセカゴが付いていないことです。イワシ類やコアジ狙いには早がけ6号や伊勢尼1号の針+0.6号ハリス、幹糸は2号、オモリは3号です。竿は磯竿3号4.5m、道糸はPE10lbsかモノフィラ8lbsです。ソウダガツオなどにはコアジ針10号かチヌ針3号に2号ハリス、中アジにはコアジ針6号かチヌ針1号に1.5号ハリスの組み合わせです。

このタイプの仕掛けの強みは棚が広く探れることです。その代わり早引きするとこれが出来ません。それと、シャクリにも弱いですね。うっかりすると絡まります。また、中央の針にソウダなどが掛かると仕掛けがぐしゃぐしゃになることも多いようです。その辺を考えて針の数を決めないと大変なことになります。またオモリと幹糸のバランスを考えないと幹糸で振り切れるので注意が必要です。

 

 

・投げサビキ No.2

サーフトローリングのタックルでそのまま仕掛けを載せ換えるだけで済むのがみそです。トラブルも少なく、最も遠投が効きます。ただし、探れるのは狭い層になります。ですから、この仕掛けの時には着水後から巻き始めるまでカウントをとり、細かく探る層を変えることが釣果に繋がります。また、テンビンの後に続いてサビキが引っ張られることになるので仕掛けが着水直後の絡みに注意が必要です。でも、シャクリなどには滅法強い仕掛けですね。

主に表層のソウダガツオ狙いや低層のカマス狙いで多用しています。組み合わせる竿は短めの方が取りまわしが楽なだけでなく疲労感も少なくて済みます。僕が使っているのはサーフトロール・スペシャルの自作ロッド(13ft Med-Heavy ルアーロッド)と8号ジェットテンビン、磯竿4号改(手元2段を抜いた3.9mほどの竿)に6〜8号ジェットテンビンの組み合わせです。

まわりでカゴ釣りが多くて、エポキシ・フライに全く反応しなくなったソウダガツオもこの仕掛けだと釣れます。特に、表層でもじってアミコマセを捕食しているものには効果てきめんです。

狙う魚種によって、ただ巻き、シャクリ&落とし込み、高速巻きなどいろいろなアクションが必要です。コマセに頼らない「投げサビキ」はまさに攻めの釣りです。青物から根魚まで狙えます。是非試してみて下さい。