神経症のメカニズム(2)
固着







     神経症、2つ目のポイントは
固着(こちゃく・別名『固定点』)です。

     すでにリビドーの章で、なんとなく固着のことも書いてしまいました。(^^;)

     それは、リビドーが集まる、という話です。

     そう、固着とは、リビドーが集まった場所を云います。(^^ゞ


     
     代表的な例で云えば、第一部で述べました
抑圧です。

     表面に出せない怒りや憎しみなどを、無意識の中へ沈め込んでしまうのが抑圧。

     そして悲しみや憎しみの感情のエネルギーが、前章のリビドー


     そう・・・つまり、抑圧されて無意識に沈められてしまったものは、リビドーだったわけです。

     別の云い方をすれば、抑圧とはまだフツフツと活動しているリビドーの集まりのことです。



     もちろん、リビドーが集まってできる固着が、すべて抑圧とは限りませんが、     

     無意識の中にできたリビドーの固まりが固着と覚えてください。

     
     図にしてみると、こんな感じで固着が誕生します。


       
     

      冒頭では、辛い傷の抑圧を例にしましたが、

      嬉しかったこと、満足したことも固着になることもあります。

      私たちは毎日生活の中で、いろいろなことがありますよね。

      嬉しいこと、腹の立つこと、悲しいこと、楽しいこと、、、ほんといろいろあると思います。

      そして、そのとき感じた喜怒哀楽の感情に、どんどんリビドーが集まって固着が完成します。      

     

       


      私たちにとって、いつまでも忘れられない良い思い出になったり、

      反対に、忘れられない嫌な思い出(心の傷)になったりするのも、

      この固着のお陰(?)なのです。


      リビドーたちは、そこに集まって何をするのか?と云いますと、

      それは傷を癒す為というより、果たせなかった欲求を無念に思い、

      そこでいつまでも(リビドー自身が)癒されるのを待っている、という感じです。

      そして良い思い出なら「夢をもう一度」と、良い思い出の再来をジッと待っている・・・

      つまり、いずれにしても、リビドーは「もっと満たされたい」わけで、

      そうした生々しい(現在進行形な)欲求不満の固まりが固着と云うわけです。

    


      
※フロイド以前では、神経症は心の外傷(心に受けた傷)が、主にその要因である

      と考えられていましたが、フロイドは、ここに書きました『固着』・・・不安や恐れ、

      解決されずに残ってしまった無意識的願望(欲望) ・・・こそが、神経症を形成する

      主要因であると考えたわけです。


    

欲求不満の固まり姉妹版『無意識を知ろう♪』の関連記事が別ウインドウで開きます
固着の誘惑 ブログ『極楽とんぼの精神分析学』の関連記事が別ウインドウで開きます


     

  前は『神経症のメカニズム リビドー』です次は『神経症のメカニズム 退行と発症』です

 

 
神経症と精神分析学へ戻ります

カウンセリングルームアクト
より良い生き方を求めてトップページへ戻ります

 アクセス解析用広告
    ルミガン

カウンセリングルーム アクト