人間はなぜ夢を見るのか
 





  



   
   夢を見る日と、見ない日がある。夢を見ない日ってあるの?夢を見ない人っているの?

   夢をよく見る人と、ほとんど見ない人がいる。

   たまにそんな事が話題になったりしますが、

   夢を見ない日や、見ない人って本当なの?


   答えは、『NO』です。夢は見ていないようでも、ちゃんと見ています

   眠っている限り、夢は必ず見ているはずですし、

   見ない人は皆無なはずです。

   それくらい、夢は私たちの精神活動に欠かせないもの

   だからです。   


   おそらく、「見ていない」と云う場合は、

   よほど深い眠りなどで、「見た気がしなかったり」

   目が覚めたとき、即座に夢を忘れてしまったり、

   しているのではないかと思います。夢は精神活動に欠かせないもの・・・それはどんな役割なのでしょう?

   



   では、なぜ、私たちは夢を見るのでしょうか。

   そして、どうして精神活動に欠かせないのでしょうか。

   前々章で、願望を満たそうとするのが夢と書きましたが、

   それ以外にも、たとえばこんな役割りもしています・・・

感情や欲望が渦巻いたままだと、眠っても心は少しも休まりません^^;

   私たちの心の中には、いろいろな

   感情や欲望があります。たとえば

   「あんちくしょう、こんちくしょう(-.-”)」とか

   「あれもしたい、これもしたい」とか。

   まあ、それも目が覚めているときであれば、

   「よしっ!頑張ろう!!」

   などのエネルギーにもなるのですが、

   それが眠りの中まで入り込んでしまったら、

   どうなるでしょう?


   おそらく興奮しちゃって眠れないでしょうし、

   眠ったとしても疲れがとれないだろうと現実と睡眠を分離させて、心を休ませてくれるのが夢です

   思います。(^^;)

   夢は、そうした精神活動(の興奮)を一時的に

   遮断してくれる作用があります。


   つまり、
現実と睡眠を分離させて、心身を休ませる

   ことが夢の役割りです。



   


   そして、もうひとつ。私たちの五感は『四六時中』休むことなく働いています

   私たちは、

   見る聞く嗅ぐ触れる味わう

   の、いわゆる五感(五つの感覚器官)を使い、

   情報を集めながら生活しています。

   そしてその五感は、四六時中休むことなく

   働いています。

   もちろん夢は五感からの情報をカットして、心を休ませてくれます私たちが眠っている時間も。

   ほんと、ご苦労様という感じですよね。


   しかし、起きている時は、

   五感の働きが無いと生活できない

   ぐらいに困るのですが、

   眠っているときは、どうでしょう?    

   つまり、起きているときと同じ

   ように、いろいろな情報が入って

   きてしまったら・・・


   おそらく、やかましくって眠れない

   でしょうし、眠れたとしても

   「心休まず」という感じで

   疲れ切ってしまいますよね。(汗笑)


どうしたら年中無休の五感を、夢からシャットアウトできるか・・・まず眠っているときに何かを食べたり、触ったりはしないので、味覚や触覚は問題なし・・・
   そこで、再び夢の登場です。

   あの面倒な精神活動も夢でブロックできたのだから、

   「きっと五感の問題も、夢で簡単に解決できるだろう」

   と神様が思ったかどうかは、分かりませんが、

   「とにかく夢で、何とかするしかない・・・」


   で、どうしたら年中無休の五感をシャットアウトできるか?

   になるわけです。(^^;)しかも支障が出ないように。


   五感の中でも、とりあえず触覚と味覚は、

   眠っているとき何かに触れたり、食べたりしなしかし臭覚は鼻や口をふさがない限り、ニオイが入ってきます。しかしだからと云って呼吸を止めてしまったら・・・い・・・

   はずですから、問題は無い・・・ですよね。


   しかし、嗅覚はそうはいきません。

   どうしても鼻や口からニオイが入ってきてしまいます。

   だからと云って、呼吸を止めさせてしまったら・・・

   人間、死んでしまいますね。(^^:

それに聴覚も、耳をふさがない限り音は入ってきます。そこでシャットアウトに使えそうな器官『視覚』の登場です
   それに聴覚も、耳をふさがない限り音が入ってきます。

   でも完全に遮断してしまったら、

   「大変だ!遅刻だ!起きろ!!」と云うときに

   困りますよね。  


   そこで神様が、「どうしようか? 」と

   悩んだかどうかは分かりませんが、

   いろいろ考えているうちに、

   唯一、眠っている時に休んでいる器官

   あることに気づきます。

   それは見ることの、視覚です。神様のバケーション?

   視覚は、目を閉じてしまえば無いも同然

   ですからね。


   つまり、勝手に入ってくる臭覚・聴覚からの情報は

   防ぎようがないので、夢は合理的(合法的?)な現実逃避?

   唯一、使っていない視覚に映像を見させることで、

   現実から隔離させて休ませよう

   というのが夢なのです。そして補足です


   
   以上が夢の役割りなのですが、

   まあ、ある種の
現実逃避ですね。
   

   もちろん精神活動にしても、五感の働きにしても、

   これで完全に遮断されるわけではありません。   夢は私たちに現実とは関係のない映像を見せてくれますが、ときにはイタズラ?もします^^;

   ですが、現実とまったく関係のない映像を  

   見せることで、うまく誤魔化してしまうのが

   夢ってわけですね。

   そして特典として、こんな副産物?も。夢の特典を見る


   まあ、それでも時には電話のベルや、目覚まし時計が、

   電車の発車ベルに変わって、私たちを目覚めさせて夢は、いろいろなことがゴチャマゼになって現実のように現われるので、ときには厄介です^^;

   しまうわけですが、それは「もう起きた方がいいよ」

   と云う知らせなので、あきらめて起きてください。(笑)
   
※夢の中で「したつもり」でいると、あとで大変なことになりますので、
    それもご注意くださいませ。(^.^;苦笑


夢は、眠りで見る夢も、希望で見る夢も、どっちも大事です

   ともあれ、私たちは夢を見ることで、休息を取ったり、

   メリハリのある生活を送ることができるわけです。

   人間、夢が無いと生きて行けない理由、

   ご理解頂けましたでしょうか。  


  【極楽とんぼのつぶや記】〜無意識からのメッセージ〜怖い夢、悲しい夢は、なぜ見るの?


   
 何となく分かったような、、、

    たしかに大切なもの、、、と云うのは理解できたけど、

    私たちを守ってくれるはずの夢なのに、

    じゃあ、怖い夢や、悲しい夢を見させるのはなぜ?

    と思われた方も少なくないと思います。
    

    しかし夢が、私たちにメッセージを伝えたい無意識の変装である以上、

    きっと何か意味があるはずです。


    たとえば、

    
怖い夢・変な夢=辛い体験や不安が無意識に詰まっている=日常生活も辛い

    「だから、何とか解決して欲しい」、と云う訴えなのかも。。。夢は無意識からのメッセージ。助けを求めてくることもあります


    そうした意味では、
夢は心のSOS とも云えますので、

    あまり頻繁に嫌な夢、怖い夢を見るようであれば、

    その夢からのメッセージを考えてみる必要がありそうですよね。   

    

    前は『意外と身近にある無意識の世界』です次は『夢のない夢の話』です  

 

    
無意識を知ろう♪ へ戻ります

カウンセリングルームアクト
より良い生き方を求めてトップページへ戻ります

 
 アクセス解析用広告
    ルミガン

カウンセリングルーム アクト