最新情報
【署 名】
2つの署名を新たに作成しました。〔2015年1月27日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める請願」署名をリニューアルしました。また、「集団的自衛権閣議決定の法制化による海外で『戦争する国』づくりに反対する請願」署名を新たに作成しました。
 当面、署名の集約は、第1次を3月末に、第2次を5月上旬と考えており、通常国会に提出を予定しています。
 「別紙」注文用紙に必要枚数を記入いただき、全国各地で署名運動に取り組むことを呼びかけています。
 尚、「辺野古…」の署名用紙は無料。「『戦争する国』づくりに反対」の署名用紙は、1枚、2円です。(但し、両署名用紙の送料は、負担していただきます) 。

【記 事】
2015年度の運動方針と幹事会アピール〔2015年1月27日〕

 安保破棄中央実行委員会は1月23日、東京都内で2015年度幹事会を開きました。
 会議は、盛本達也事務局次長(全労連)の開会あいさつで始まり、議長に日本平和委員会の事務局長を選出してすすめられました。
 東森事英男務局長が2015年度運動方針について、沖縄県知事選などのたたかいの到達点、暴走する安倍内閣とのたたかいをめぐる情勢、2014年度の課題と方針を、大河原貞人事務局次長が決算と予算を提案しました。
 討論では10人が発言し、各団体の沖縄県知事選挙支援を中心とするとりくみの内容と勝利に貢献した各構成員の確信が語られ、この確信を広げながら、さらに運動を強める決意が示されました。
 討議のあと、東森事務局長が討論のまとめををおこない、沖縄と連帯したたたかいの確信を各組織の構成員の中に広げ、辺野古新基地を許さないたたかい、「戦争国家」づくりを許さない運動への多くの構成員の参加を広げていこう、と訴えました。
 幹事会は運動方針、予算を確認し、山本淑子事務局次長(全日本民医連)が新役員の提案をおこない、満場一致で承認しました。
 幹事会は、「沖縄のたたかいの歴史的前進を確信に、戦争国家への暴走を許さず、戦後70年にふさわしいたたかいを大きく広げよう」の幹事会アピールを採択しました。
 最後に、大河原事務局次長が閉会あいさつし、討論で要望のあった学習用DVDについて作成を検討すると述べるとともに、3月におこなう辺野古支援連帯行動の成功、各団体の方針での運動の具体化を訴えました。

【アピール】 沖縄のたたかいの歴史的前進を確信に、戦争国家への安倍内閣の暴走を許さず、戦後70年にふさわしいたたかいを大きく広げよう〔2015年1月23日〕
【談 話】 衆議院選挙で示された沖縄の民意にもとづき、安倍政権は辺野古新基地を断念せよ〔2014年12月16日〕
【談 話】 日米両政府は辺野古新基地建設断念を 沖縄県知事選挙結果について安保破棄中央実行委員会が談話〔2014年11月17日〕
【記 事】
沖縄県知事選勝利へ 沖縄で全国代表者会議
 翁長雄志予定候補も参加 各団体代表が寄せ書き渡し激励〔2014年9月13日〕

 安保破棄中央実行委員会は9月13日、「沖縄県知事選挙勝利!」を目的に全国代表者会議を那覇市の船員会館でひらきました。会議には、中央団体と都道府県組織の代表、沖縄県統一連から合計83人が参加しました。
代表者会議には、翁長雄志県知事予定候補が知事選出馬表明の記者会見を終えた直後に駆けつけ、「『建白書』の立場で新しい基地は造らせない。保守から革新の政党・会派がひとつになってたたかい県知事選に勝利したい」と力づよいあいさつをおこないました。
また、翁長候補に沖縄県統一連からの「推薦状」と、各地の代表が持参した「寄せ書き」を手渡して「沖縄の民意は辺野古新基地ノーだ。知事選勝利で、安倍政権の暴走に審判を下そう」と激励し、参加者は翁長候補必勝のために全力支援することを確認しました。
 代表者会議は、長尾ゆり全労連副議長の開会あいさつで始まり、新垣繁信沖縄統一連代表幹事のあいさつのあと、瀬長和男統一連事務局長が、「辺野古のたたかいといっせい地方選挙の取り組み、全国支援について」報告。また、東森英男事務局長が「全国支援の呼びかけ」と「行動提起」を提案し確認しました。
 会議には、いっせい地方選挙で議席を獲得した仲里克次名護市議と伊佐真次東村議の両新議員が今後のたたかいと議会活動について決意を含めて報告しました。
 討論・交流@では、外間貞明沖縄民医連事務局次長から「名護市議選と県知事選について」、仲本興真沖商連会長から「辺野古海上抗議行動について」、岩月康範日本平和委員会事務局次長から「県知事選勝利に向けた平和委員会の決意」が報告され、討論・交流Aでは、参加者が次つぎと発言し沖縄と全国の仲間の思いをひとつにしました。
 翌日の14日、全国の参加者全員でビラ配布とハンドマイク宣伝などの選挙活動に取り組みました。

【記 事】
「沖縄に、これ以上基地は作らせません」意見広告 7紙に掲載〔2014年9月〕

「沖縄に、これ以上基地は作らせません」意見広告 7紙に掲載 この意見広告が9月3日付の毎日新聞全国版、東奥日報、東京新聞、神奈川新聞、長崎新聞、琉球新報、沖縄タイムスに掲載されました。

【談 話】 オスプレイの飛来強行に抗議し、配備撤回を求める〔2014年7月16日〕
【談 話】 高江・住民運動弾圧訴訟の最高裁不当判決に抗議する〔2014年6月18日〕
●意見広告の賛同を広げる運動 沖縄にこれ以上基地はつくらせません! 各地でビラを活用してください
【DVD】 新発売 学習用DVD 「オスプレイの全国配備撤回を!!」
学習用DVD「オスプレイの全国配備撤回を!!」
 「上映運動」に活用を→



【出版物】 ブックレットJ 新発売 「集団的自衛権と日米安保」
集団的自衛権と日米安保


 ご購読のお奨め→
声明・談話
【談話】 衆議院選挙で示された沖縄の民意にもとづき、安倍政権は辺野古新基地を断念せよ(14.12.16)
【談話】 日米両政府は辺野古新基地建設断念を 沖縄県知事選挙結果について(14.11.17)
【談話】 オスプレイの飛来強行に抗議し、配備撤回を求める(14.7.16)
【談話】 高江・住民運動弾圧訴訟の最高裁不当判決に抗議する(14.6.18)
【談話】 憲法破壊と歯止めなき戦争国家への道−集団的自衛権行使容認は許さない(14.5.16)
【談話】 日米首脳会談と共同声明について(14.4.28)
【談話】 「武器輸出三原則」の撤廃に断固抗議する(14.4.2)
【談話】 名護市長選挙結果を踏まえ、政府は辺野古新基地断念を(14.1.20)
【談話】 辺野古埋め立て承認を許さず、名護市長選勝利で新基地建設を阻止しよう(13.12.27)
【談話】 安倍首相の靖国神社参拝に断固抗議する(13.12.26)
【談話】 安倍内閣による「国家安全保障戦略」「新防衛大綱」「中期防」閣議決定について(13.12.18)
【談話】 「秘密保護法」の成立強行に断固抗議する(13.12.9)
【談話】 「秘密保護法案」の審議入りに抗議し、廃案を求める(13.11.7)
【談話】 日米安全保障協議委員会(2プラス2)の合意に強く抗議する(13.10.4)
【談話】 米軍ヘリ墜落事故に抗議し、在日米軍基地の撤去を求める(13.08.6)
【談話】 オスプレイ追加配備に断固抗議し、配備撤回を求める(13.07.31)
【談話】 最高裁の「横須賀米兵強盗殺人事件の国の責任を認めない」上告棄却決定に抗議する(13.06.28)
【談話】 沖縄・高江の住民運動弾圧訴訟不当判決に抗議する(13.06.26)
【談話】 政府による名護市辺野古の公有水面埋め立て申請に抗議する(13.03.22)
【談話】 日米首脳会談での安倍首相の反国民的態度表明に抗議する(13.02.25)
 

「辺野古新基地建設
  工事の中止と普天間
  基地の無条件撤去を
求める請願」

「普天間基地の無条件撤去を求める」国会請願署名用紙



集団的自衛権閣議
決定の法制化による
海外で『戦争する国』
づくりに反対する請願






機関紙 安保廃棄

安保破棄中央実行委員会の新聞です
ご購読をおすすめします 毎月1回1日発行/定価100円(送料60円)
年間購読料1800円(送料含む) 郵便振替 00120−3−253220

2015年1月号
1面   ■沖縄の民意にもとづき、辺野古新基地は断念せよ
  ―衆議院選挙結果受け安保中央・東森事務局長が談話
■ヘリ基地反対協・安次富共同代表に聞く
  ―たたかい強め翁長知事支える」
■東村議 伊佐真次さん「オール沖縄勝利で村長の姿勢も変化」

2面・3面   ■歴史動かした運動を確信に―2015年へダッシュ
 ―各地・各団体の決意
 沖縄県統一連 やんばる統一連 横田基地の撤去を求める西多摩の会
 安保山梨  厚木基地周辺住民の会  安保岩国
 原子力空母の母港化を阻止する三浦半島連絡会  全労連
 全日本民医連  新婦人  全商連  日本平和委員会
4面   ■落選″知事の押し逃げ″許さぬ―2200人が沖縄県庁包囲
■辺野古新基地中止を―安保中央・東京が宣伝
■米軍基地いらんちゃフェスタ―京丹後集会に850人参加
■富山 秘密保護法施行NO―共同で県民集会
■連載 小泉親司 「基地・安保最前線」-31
  日米ガイドライン再改定延期の陰で何が進められているか