最新情報
【記 事】
「辺野古新基地建設の中止…請願」署名13万1565筆分を国会に提出〔2016年2月4日〕

 安保破棄中央実行員会は2月3日、「辺野古新基地建設の中止と普天間基地の無条件撤去を求める請願」署名13万1565筆分を国会に提出しました。衆議院第1議員会館でおこなわれた提出行動には、日本共産党の赤嶺政賢衆院議員をはじめ6名の国会議員など20数名が参加。東森英男事務局長は、新基地建設を止めさせ、基地のない沖縄・日本をめざしてたたかう決意を述べました。
 署名提出数は、いままでの提出分と合わせて、59万7506筆となりました。さらに国会請願署名を大きく広げて、辺野古新基地建設の中止と普天間基地の無条件撤去を実現させましょう。


【記 事】
沖縄のたたかいと連帯する1・29全国一斉行動をおこないました〔2016年2月1日〕

 沖縄・辺野古代執行訴訟の第3回口頭弁論(福岡高裁那覇支部)が開かれた1月29日、沖縄と連帯し安保破棄中央実行委員会はじめ11団体が呼びかけた全国一斉行動がおこなわれました。
 東京では、雨のなか新宿駅西口で12団体、28人が参加して「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める」署名への協力を訴えました。


【記 事】
沖縄、宜野湾市長選挙支援募金の運動推進のお願い〔2015年11月16日〕

 辺野古新基地建設問題と普天間基地の即時閉鎖・撤去が最大の争点となる宜野湾市長選挙は、シムラ恵一郎さん(元県建築都市統括監)が立候補を表明しています。もうすでにたたかいは始まっています。
 支援活動の重要な1つは募金活動です。2014年11月の県知事選挙を上回る規模で集めるために取り組みをお願いします。募金袋を作成しましたのでご活用をお願いします。注文は安保中央へ、『送り先、電話番号、担当者名、募金袋の数』を記入しFAXで注文してください。
カンパ送付先:
 郵便振替口座 加入者名:沖縄県統一連  口座番号:01710-8-62723


【記 事】
「全国代表者会議 in 沖縄&連帯行動」を開催〔2015年11月7〜9日〕

 安保破棄中央実行委員会は11月7・8日、「辺野古新基地建設反対と宜野湾市長選挙・参議院選挙の勝利」をめざし、全国代表者会議を沖縄市・「とまりん」会議室で75名が参加して開きました。来賓としてシムラ恵一郎宜野湾市長候補、伊波洋一参院沖縄選挙区候補、仁比聡平日本共産党参院議員が、それぞれあいさつ。シムラ氏は、辺野古新基地建設反対を訴え、市民とともに未来の宜野湾市を創りたいと、続いて伊波氏は来年7月の参院選では、安倍政権の暴挙に抗するために沖縄から全国に展開する勝利をしたいと、力強く決意表明をしました。東森英男事務局長が「辺野古新基地建設の反対」と「宜野湾市長選挙でのシムラ候補の勝利」をかちとるために全力で取り組むこと、戦争法廃止にむけて全国で運動を広げようと行動提起。討論と交流では、2日間で30名が発言しました。今回の会議では、辺野古新基地建設反対と宜野湾市長選挙にむけての意思統一をしました。参加者は11月8、9日、「辺野古・高江支援連帯行動」にも取り組みました。

【署 名】
戦争法廃止の新たな署名、「戦争法の廃止を求める統一」署名にご協力を〔2015年11月11日〕

 戦争法を廃止するために、総がかり行動実行委員会は一緒に活動してきた諸団体とともに、「戦争法の廃止を求める統一署名」を2000万人以上集めることを呼びかけました。
 安保破棄中央実行委員会は、この署名用紙(両面刷り)を印刷し「戦争法の廃止」にむけて署名に取り組みます。


【署 名】
辺野古新基地反対署名にご協力を。〔2015年6月3日〕

 安保破棄中央実行委員会は、「辺野古新基地建設工事の中止と普天間基地の無条件撤去を求める請願」署名にとりくんでいます。
 「別紙」注文用紙に必要枚数を記入いただき、全国各地で署名運動に取り組むことを呼びかけています。
 署名用紙は無料。(但し、署名用紙の送料は、負担していただきます)。


機関紙 安保廃棄

〇書籍 『辺野古はいま』 聞こえますかサンゴの叫び
安保破棄中央実行委員会の新聞です
ご購読をおすすめします 毎月1回1日発行
年間購読料1800円(送料含む)
郵便振替 00120−3−253220

2016年2月号
1面   〇止めよう!辺野古埋め立て 2月21日に国会大包囲
  ―全国で同時アクション呼びかけ―
  「国会包囲実行委」と「総がかり行動」が共催
〇宜野湾市長選 シムラ恵一郎さん及ばず残念
  ―「宜野湾市長選の報告と御礼」 沖縄県統一連―

2面   〇安倍改憲≠めぐる今日の焦点
 ―「緊急事態条項」の新設は国民に何をもたらすのか
  /川村俊夫憲法会議代表幹事―
〇辺野古の現場はいま
 ―残念な宜野湾市長選の結果 辺野古新基地阻止へ運動強化
  /瀬長和男沖縄県統一連事務局長―

3面   〇「戦争する国」づくりと2016年度防衛予算の特徴
 /紙谷敏弘千葉県平和委員会事務局長、
  日本平和委員会調査研究委員

4面   〇戦争法や辺野古新基地建設などに抗議する全国各地のとりくみ
  安保中央、愛知、石川、北海道、岡山、自由法曹団
〇連載 末浪靖司 「いま、『日米同盟』を問う」-A-
  ―急進展する共同作戦態勢 米海兵隊と日本版海兵隊=\