僕が休職しちゃった理由

夢も希望も打ち砕かれてしまった。
 1996年7月 ある会社から内定をもらい、僕はその会社に入社することを決める。何故決めたかと言うと人事の対応がとてもよかったからだ。
 1996年 8月から10月にかけて来年の採用についてどうしたら良いかを話しあう会議に何回か出席する。後で知ったがこの会議に参加した人はごくわずかだったそうだ。
 1997年3月 僕は就職先の会社のL.A研修旅行に行き、研修論文を書いたが、参加者約800人の中の上位1割に選ばれて、賞金10万円をもらい祝賀会では会長と握手をする。
 そう!!ここまでは順風満帆だったのだ。しかし・・・・・
 1997年4月 入社配属は職人みたいな内勤営業(分からないよね・・・)そこには僕の想像を超える人達が働いていたのだ。朝は7時半に仕事を始め、夜は10時半に家に着く。サービス残業、サービス出勤当たり前。新入社員にあたえられたりフレッシュ休暇というのがあったが当然サービス出勤を暗に強制される。「ここはヤクザみたいなもんやけんな!!俺がやられてきたことを全部お前にしてやる!!」と中途入社の先輩に言われた。
 1997年7月1日 から1週間の連続休暇をあたえられたが休めたのはたったの1日だけだった。「俺はこんな仕事をするためにこの会社に入ったんじゃない!!」いつも心の中でつぶやいていた。
 1997年10月 仕事で失敗してしまい、ますます職場で孤立してしまう。この時に自動車事故を起こしてしまい、60万円の借金を背負う。仕事に行きたくなく、だけど休みたくない。朝起きることができない。人としゃべりたくない。体重が54キロまで(入社時62キロ)まで激痩せし、とうとう精神病院に行くこととなる。が11月から仕事が忙しくなったのと、めんどくさいから通わなくなる。
 1997年10月 上記の失敗のため地べたに土下座させられいやみを言われる。帰りのバスで泣いた。
 1997年12月 とうとうキレた。
飲み会では飲めない焼酎を飲まされ、飲みぐせの悪い先輩からは殴られた。入社してからずっとそんな目にあっていた。飲み会では家に帰りつくのが3時くらいで、起きるのが6時前・・・二日酔いで会社に行く。
年末はみんなピリピリしているため、やつあたりによく怒鳴られる。先輩が何の理由もなく怒鳴ってきたので、とうとう僕も言い返してしまった。作業台を蹴り、「俺はなんも悪いことしとらんやないか!なんでそんなこと言うとや
自分を何様と思っとるとや!!」その時はこいつを殺して俺も死ぬと本気で思った。当然風当たりは益々悪くなるばかりであった。
 1998年2月末 また精神病院に通い出す。「休職するか会社やめないとよくならないよ。」と言われた。しかしその時点ではまだ会社で出世したいと思っていたのでそんなことできないと答えた。
 1998年4月 社内資格に合格した。支店長に「テストも面接もよかった。しかしお前を見てたらどうして人事が面接に良い点をつけたかわからない
この支店で十数人受けたが面接はお前が1番だ。」その通り、面接では違う人格になりきってるので素の自分は全く見せなかったからだ。
 1998年6月 39度4分の高熱をだしとうとう会社を休んでしまう。このことが直接の原因だった。休んだこと、迷惑をかけてしまったことがものすごく苦しかった。鬱はさらに悪化した。
 1998年7月 出勤の途中バスの中で吐きそうになる。よくあることだがこの時はバスを降りたとたんに本当に吐いてしまった。涙が出た。そして
会社に自分が精神病院に行っていること、自殺してしまうかもしれないことを告げる。

そして休職した……



ついでに彼女もできた。

同期の友達に出したメール
以下の文章は一部変えてあります。改行位置もおかしいです

こんばんは どうもメールありがとう。 そうですか。すこし気分が沈んでしまいました。 復職の意思ですか。うーんあると言えばあるし ないと言えばない。医者が言うには、今現在僕 が考えていることは「あてにならない」という ことになります。つまり元気な時の意思と今現在 の意識は違うかもしれない、ということです。 だから元気になってからどうしたいのか?という のが重要になってくると思います。 しかし現在はそうではないので困ってしまいます。 なぜなら今の意志又は意識は元気な状態ではないから です。うまく言えないけど、分かってくれますか? 水曜日はカウンセラーを受けます。九大病院にも 用事で行かなければならなくなってしまいました。 入院は今月の末ごろになりそうです。ただし自分 の考えで(将来とかじゃなくて軽いかんじで) 入院するので退院するのは長くはないと 思います。診断書には自律神経失調症と書いてもら いましたが、本当は「うつ状態?」らしいです。 カルテはどうなってるか知らないけど、もしかしたら うつ病とカルテには書いてあるかもしれません。 常に落ち込んでいる訳じゃないけど、ブルーに入ったら ものすごくつらい・・・ 僕は自分の感情を押し殺してしまうからもし課長が家 にきたら、精一杯元気なふりをしてしまうかもしれない。 その後はものすごく疲労するだろうけどね。 親も入院については反対してないみたいです。反対すると ばかり思っていたけど少し意外でした。 先生が言うには骨折してまだ直ってないけど見た目は正常 とかわりない、でも中身は治ってない状態だと。歩いたら また最初に戻ってしまうと、話していました。 ブルー入ったらホントどうしていいかわからない。だから 薬で押さえている感じです。今は睡眠薬も飲んでいます。 どうしようもなく暗いこと書いてごめん。いつもは文章 くらい明るくいこうと思っているのにね。 外にはなるべくでるようにしています。というよりタバコ 買うんで毎日外にはでています。もし課長が家にくるつもり なら、電話ではなく手紙か封筒でなるべく知らせてください。 親と話すから電話でいいとか考えないでください。それでも 僕はすぐブルー入るんで。勝手だよね。俺って・・・
PS **君は友達だと僕は勝手に思ってますんで。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ここから独り言モードに入ります。絶対内緒でお願いします。 内定を貰ってからしばらくして、電通で役員しているおじちゃん がいて、「今度君の会社の副社長と会うから君のことをよろしく 伝えておくから。」という話を聞きました。僕はコネで入った 訳じゃないけど、少し他の人とは違うんだ。と思ってました。 だから入社前研修でもみんな論文なんて関係ないって言ってた けど、僕は真面目に論文を書いた。入社してからも回りから 暗いとか元気がないとか言われたけど、少なくとも不真面目な仕事 は一つもしていないと思っているし、悪いことなんてしていない。 いつかこの状況から抜け出してやる。といつも思ってた。 でも少し、いや精一杯背伸びしてたのかもしれない。キレそうに なったこともある。自殺したいとよく考え、自分がおかしい ことに気づいた。あの当時はホント生き地獄だった。バスのなかで 吐きそうになり、椅子に座れないから背もたれに全身ごともたれかかった。 降りたら、吐いた。 バスの中でさえ回りに気を使っている自分に気がついた。 どうしようもなく不安だった。誰にも気づかれたくなかった。 でも自分だけで解決したかった。無理だった。 病院には大分前から通っていたけど、「会社を休みなさい。」 と最初に言われていた。プライドが許さなかった。会社を 休んでしまったら、もう会社での成功はないと思っていたから。 バスから降りて、吐いて、涙が出た。もうよくやったやんか。 もういいやん。ここまで辛いことせんでもいいやん・・・ そう考えたら、気分は少しらくになり自分の状況を上司 に伝えようという気持ちになった。吐いてから3日めに伝えた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ものすごく長くなったね。ごめんね。誰かに知って欲しかったのかも しれない。大学の友達にも言えないし。親にもうまくいえないし。 僕と同じように苦しんでるひとがいるかもしれない。その人達に 伝えたい。がんばったからもう苦しまなくていいよって。 **君は是非がんばってください。僕は復職しても望みはないけど、 きみはくじけないで、坂之上の雲を見てください。けっして路傍の 石なんて見ないように・・・
それではさようなら。

休職手当てがでないから会社に出そうとしたメール。

以下の文章も一部伏せたり変えたりしてます。改行とかがうまくできてません。1999年1月現在傷病手当金及び組合からの給付が出ています。

前略
 メールにて失礼致します。 私が休職した時にはどうしてあのようになったのかは あまり話さなかったと思います。 このようなもので失礼とは思いますが、書かさせて頂きます。  私が病院に通い始めたのは2月の終りです。それまでにも 1997年10月にも行っております。何故通うようになったかと 申しますと、第一に**課の仕事に馴染むことができなか ったこと。第二に職場の人間関係です。どちらかというと、 後者のほうの比重が高いと思います。 1997年4月14日に**課に配属されましたが、その時にO さんから「俺が味わってきた苦しみをそっくりお前にしてやる けん、覚悟しとけよ。」と言われました。また新入社員 歓迎会では、Oさんに太ももを蹴られました。お酒のたび に私はものすごく罵られ、また叩かれたりしました。 その時は一生懸命がんばれば認めてくれるはずだ、と考えていました。  1997年10月に社内資格筆記試験がありましたが、その時は、私のミスを ついて1ヶ月間朝八時から夜九時まで働けと言われました。「強制 ではない。お前の意志でこい」とのことでしたが、明らかに強制だと 感じました。またこれも私のミスが原因ですが、**新入社員研修 の日に八時から2時間だけ支店で働きましたが、その時にはEさん に地べたに土下座を強要されました。これが10月前後のことです。 そして10月中旬に病院に2回ほど行きました。  それからも私はことあるごとに怒られ、罵られ、無視されました。 1997年12月にはOさんが「お前にはもう教えんけんな。」と言われ、 私を無視し、気分が悪い時には私を罵りました。その時のあまりにも 理不尽な態度に一回だけキレそうになり、大声を上げてしまい、また 本気にこの人を刺そうか、それとも自分の腹を刺そうかと考えました。 一向に改善されないため、1998年2月末から2週間に一度のペースで 病院に通うようになりました。そして1998年6月くらいから会社に行く のがとてもつらくなり、毎回バスの中で吐きそうになりました。 本当は休職したくはなかったけれど、とうとう出勤時に吐いてしまい もう続けられないと自分で判断しました。医者は2月の段階で会社を 休むように言われましたが、それはプライドが許さなかったのです。 何度も何度も自殺を考えました。毎日手が震えました。 つらく、1人で泣いたこともあります。H上司は恐らく何も知ら ないと思います。上司は唯一公平に扱ってくれました。 上司の目の届かないところでいつも虐げられました。 これが休職をお願いした理由です。 現在でも会社の事を思い出すたびに、吐き気がします。見た目は 普通かもしれませんが、内面は違います。全然治ってません。あの 時のままです。今の状態では何もすることができません。休職した ことに後悔しています。吐いても我慢できたかもしれません。でも 本当につらかったのは事実です。ですからこのまま退職したとしたら、 大変後悔すると思います。働きたいのですが、できません。 医者も退職することによって、病状が悪化すると申しております。 今現在も吐き気を我慢しながらタイピングしています。 今月末か来月の上旬にはいったん入院をする予定です。 入院は医者から薦められました。 どうしてもというのであれば、公の場に出ても良いと考えています。 組合や労働基準局にはどうすれば私の思いを伝えることができるの でしょうか。 私は夢と希望を持って入社したのに自分の将来がこのようなかたちで 打ち砕かれてしまい、とてもくやしく、残念に思っています。 何卒よろしくお願いいたします。                                                                             早々 以下は現在かかっている病院の名前と住所です。



うつ病(鬱病)や精神疾患者の交流と情報の場へ戻る




? RSS