医者になる方法
サイトメニュー

医者の平均年収

医者といえば「高給取り」の代名詞のように見られていますが、実際に日本の医師たちはどの位の給料を貰っているのでしょうか?

人事院の調査によると、勤務医の平均月収は約86万円(平均年齢38歳)となっています。ボーナス抜きで考えたとしても、年収は1千万円を超える計算です。同年代の男性サラリーマンの平均月収が40万円程度である事を考えると、確かに高収入であると言えますね。また厚生労働省の調査では、医師(勤務医)の平均年収は1228万円との試算もあります。いずれにせよ、一般人とは比べ物にならない金額ですね。

但し、病院勤務医の労働条件は過酷です。特に近年は、産科や小児科や救急医療の分野などでは深刻な医師不足で、時給換算すればサラリーマンよりも安いというケースもあるようで・・・。しかもこれらの診療科では、控訴リスクも高いので、まるで報われない職業だと自虐する医師も少なくありません。

一方で、開業医の平均月収は250万円という試算もあります!しかし、医者の世界は常に新しい医療技術を学ばなければならず、特に開業医となれば頼れるのは自分の能力だけなので、生涯勉強し続ける事が必要です。また往診するのは自分一人ですから、繁盛すればするほど勤務時間が長くなるというジレンマも抱えます。筆者の知る開業医(耳鼻咽喉科)は、地域一番の人気診療所ですが、夜7:30までの営業なのに10時を超えても患者が残っている日があるほどです・・・。

勤務医でも無論、国立大学病院と民間の私立病院では、給与や勤務時間には大きな差がありますし(私立病院のほうが高額)、診療科によっても給与に差が出来ます(歯科や眼科などは低額、外科系は高額)。特にオペ(手術)に携わる助教授クラスになると、正式な給料以外にも手術を受ける患者からの「謝礼金」があります。ほとんどの病院で、建前上は謝礼金は受け取らない・不要ですと公言されていますが、実際には(特に市立病院では)執刀医らに対する謝礼は、闇で存在しているようです。

しかも謝礼金に関してはほとんどの医師が無申告(脱税)にしているので、まるまる自分の懐に入ることになります。『日本アングラマネーの全貌(講談社。門倉貴志:著)』によると、医師への謝礼金市場は年間2700億円にものぼるそうです!

 

研修医はかつては月収10万円以下だったが・・・

かつては奴隷の如くこき使われる上に月収は10万円以下だった研修医も、2004年度からは月収30万円程度にするよう国の勧告が下りました。徹夜勤務は当たり前の研修医の勤務状況を考えると、明らかに労働基準法の最低賃金を下回るような状況でしたから、ようやく改善の兆しが見え出したことになります。

研修期間終了後、正式な医者になれば、すぐに月収50〜60万円に跳ね上がります。しかし上記で記したように、果たして現在の医者が本当にその労働に見合う給与なのかと言えば、実に微妙です。制度を根本的に変え、彼ら若い医師達が報われる世界にしなければ、日本の医療は本当に崩壊してしまいます。

 

Copyright (C) 医者になる方法. All Rights Reserved.