助動詞 TOPへ index

種類 意  味 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形  命令形 活用型 接  続
ベシ  コト  ドモ



受身 尊敬 受身(レル・ラレル) (誰々に+「る」「らる」  れ  れ  る  るる  るれ  れよ 下二段 未然形(a音=四段・ラ変・ナ変)
{非情物は受身の主語不可・省けない}
らる 尊敬(オ・・・ニナル・ナサル) られ られ らる らるる らるれ られよ 未然形(a音=四段・ラ変・ナ変以外)
{主語=高位/尊敬語+る・らる}
自発 可能 自発(自然・・・レル・ツイ・・・レル)  れ  れ  る  るる  るれ 未然形(a音)
{無意識動作+る・らる}
らる 可能(コトガデキル・オ・・・ナレル){疑問・反語伴う} られ られ らる らるる らるれ 未然形(a音以外)
使役 使役(セル・サセル){人を使って〜させる意。省けない}  せ  せ  す  する  すれ  せよ 未然形(a音)
さす 尊敬(ナサル・ナサレル・オ・・・ニナル・オ・・・ナサル      ・アソバス){必ず(せ・させ・しめ)+尊敬語} させ させ さす さする さすれ させよ 未然形(a音以外)
しむ しめ しめ しむ しむる しむれ しめよ 未然形
打消 打消(ナイ・ヌ) (な)     特殊 未然形
「ずは」=「ナイナラバ」未然形+ば=打消仮定条件      
「ずは」=「ナノデ」連用形+は=連用修飾 ざら ざり   ざる ざれ ざれ

推量
打消推量(ナイダロウ) 無変化 未然形
「む」の打消 打消意志(ナイツモリダ)
未確定(未来・現在)
推量
ス=推量(ダロウ){必然性→強} (ま) む  四段 未然形
イ=意志(ツモリダ) (ん)  (ん) 1 強い語調(意欲・決意)→意志(一人称主語)
カ=可能(コトガデキル) カ=仮定(モシ・・・ナラ)       弱い語調(想像・仮定)→推量(三人称主語)
ト=当然(ハズダ) 義務・運命(シナケレバナラナイ)     2 能力許容→可能
(むとす)
むず
(んず)
メ=命令(ナサイ)  むず    むずる むずれ サ変 3 強い語調(一般真理・常識)→当然
テ=適当(ガヨイ) 勧誘(スルガヨイ) (んず)  (んずる) (んずれ)              それ以外→命令
エ=婉曲(トイウヨウナ)                   ましな選択→適当
{連体形のみ・体言省略も有}      
(反実仮想)推量 まし 反実仮想(モシ・・・ナラ〜デアロウニ){現実は逆} ましか(ませ) まし まし ましか 特殊 未然形
ためらいの意志(・・・ヨウカシラ){何・いかに・や・か 伴う} 反実仮想(ましかば・・・まし/         
 
不可能な願望(タライイノニ・ナラヨカッタノニ) ませば・・・まし/せば・・・まし/未然形+まし)
希望 まほし 希望(タイ){自己の直接的な希望} まほしく まほしく まほし まほしき まほしけれ シク型 未然形
(まほしう)
   (テホシイ){他に対する希望} まほしから まほしかり   まほしかる    

 




 





過去 経験過去(タ){自分の記憶している実体験 (せ) しか 特殊 連用形
・見聞した事実を回想する気持ちを示す} カ変(こ)+し・しか カ変(き)+し・しか
  サ変(せ)+し・しか サ変(し)+き
けり 伝聞過去(タソウダ・ダトイウ) (けら) けり ける けれ ラ変 連用形
詠嘆(タノダナア・タコトヨ)(会話・和歌・「なりけり」が多)
完了 完了(テシマッタ・テシマウ){にき・てき・にけり・てけり}        (ぬ=状態的・自然的} ぬる ぬれ ナ変
  強意(キット・・・スル・必ズ・・・スル){なむ・てむ・ぬらむ・つらむ   ・ぬべし・つべし}{つ=動作的・意識的} つる つれ てよ 下二段
  たり 完了(タ・テシマウ){動作終了}{たりき・たりけり・りけり} たら たり たり たる たれ たれ ラ変 連用形(ラ変型以外)
完了 存続(テイル・テアル){動作継続中}  ら  り  り  る  れ  れ ラ変 (変)(然形)(段)(然形)サミシイ
希望 たし 希望(タイ){自己の直接的な希望} たく たく(たう) たし たき たけれ ク型 連用形
        {平安時代末に成立} たから たかり          
過去 推量 けむ
(けん) 
過去の事実推量(デアッタダロウ) (けま) けむ けむ けめ 四段 連用形
過去の原因推量(ドウシテ・・・シタノダロウ・タノダロウ)  (けん)  (けん)
婉曲(タヨウナ・ヨウダ){連体形のみ}    
伝聞(タトカイウ)    











現在

 推量

らむ   現在の事実推量(今ゴロハ・・・ダロウ) らむ らむ  らめ 四段 終止形(ラ変型は連体形)
(らん) 現在の原因推量(ドウシテダロウ・ノタメニ・・・ダロウ)  (らん) (らん)
  婉曲((テイル)ヨウナ・ヨウダ){連体形のみ}    
  伝聞(トカイウ)    
(根拠ある)推量 らし 根拠のある推量(ラシイ・チガイナイ){客観的根拠} らし らし(らしき) らし 無変化 終止形(ラ変型は連体形)
めり 主観的推量(ノヨウニ見エル・ノヨウニ思ワレル) めり めり める めれ ラ変
婉曲(ヨウダ)              {視覚による推定}
伝聞 推定 なり 伝聞(トイウコトダ){人から聞いた内容} なり なり なる なれ
推定(ラシイ・ノ音(声)ガ聞コエル){聴覚による推定}
打消 推量

まじ  

「べし」   の打消

ス=打消推量(ナイダロウ){必然性→強} まじく まじく まじ まじき  まじけれ シク型 終止形(ラ変型は連体形)
イ=打消意志(ナイツモリダ) (まじう) (まじい)
カ=打消可能(コトガデキナイ) =不可能    
ト=打消当然(ハズガナイ)  まじから まじかり   まじかる    
メ=打消命令(テハイケナイ) 禁止(スルナ) (まじかん)
テ=打消適当(ナイホウガガヨイ)   

(確定的)

推量

べし ス=推量(ダロウ){必然性→強} べく べく  べし べき  べけれ ク型   (補助活用=助動詞用) 終止形(ラ変型は連体形)
イ=意志(ツモリダ) (べう) (べい) 1 能力・許容→可能
カ=可能(コトガデキル) 予定(・・・ニナッテイル)      2 話者の強い意志→意志
ト=当然(ハズダ) 義務・運命(シナケレバナラナイ)                   常識→当然
メ=命令(ナサイ) (禁止(スルナ){べからず} べから べかり   べかる                   強い語調→命令
テ=適当(ガヨイ) 勧誘(スルガヨイ)  (べかん) 3 話者の弱い主張→推量
(べらなり) 推量(確カニ・・・ヨウダ){平安初期和歌のみ} べらに べらなり べらなる べらなれ ナリ型               ましな選択→適当






断定 なり 存在(ニアル){場所方向の体言+「なる」連体形のみ} なら なり なり なる なれ なれ ナリ型 体言・連体形{副詞「しか・かく・さ」
助詞「のみ・ばかり」に付く}(和文に多)
同格(トイウ){「なる」連体形のみ}          
たり 断定(デアル){に+して(接助)・と+して・ たら たり たり たる たれ たれ タリ型 体言       (和漢混交文に多)
に+て(接助)・と+て・に+助詞+あり}          
比況 ごとし 比況(たとえ)(ノヨウダ・ト同ジダ・ト同様デアル) ごとく ごとく ごとし ごとき ク型 連体形{「連体形+が」「体言+の」
 「副詞(かく)+の」}
ごとくなり 例示(例エバ・・・ノヨウナ) ごとくなら ごとくなり ごとくなり ごとくなる ごとくなれ ごとくなれ ナリ型
    ごとくに        
            上代の特殊な助動詞活用表



受身 自発 可能 受身(レル・ラレル) ゆる 下二段 未然形(a音)
らゆ 自発(自然・・・サレル) らえ (らえ) (らゆ) 未然形(a音以外){主に「寝らえぬ」の形で}
可能(スルコトガデキル)
尊敬 尊敬(オ・・・ニナル・ナサル) 四段 未然形(四段・サ変・上一)
継続 継続(し続ケル) 未然形(四段)
反復(繰リ返シ・・・スル・イツモ・・・スル)