環境をささえる3価クロムメッキ 3価クロムメッキ6価クロムメッキの最有力代替技術です。6価クロムは有害物質であり、法規制により世界各国で厳しく制限されようとしています。
メッキメーカー情報.com
明盛鍍金工業株式会社  

3価クロムメッキは6価クロムメッキの最有力代替技術です

 当社の3価クロムメッキはここが違う!
付き廻り性、均一電着性に優れています。 3価クロムメッキ例

3価クロムメッキ例
6価クロムメッキの約2.5倍のメッキ速度があり工期短縮が図れます。
(0.2μm/minのメッキ速度)
コゲ、シミ、カブリ、ホワイトウォッシュの発生がなく、ムラのない美しい表面仕上がりとなります。
電流中断、整流器のリップル率による障害が少ないため安定した品質を維持できます。


■ 6価クロム規制は既に!(あなたの会社は大丈夫?)
   ご存知のように、欧州及び北米の自動車産業において、1997年代から環境負荷物質(特に6価クロム、鉛、水銀、カドミウム)の低減、使用禁止・廃止の法規制が検討されています。
 EU(欧州連合)では、2002年09月に、EU市場で登録される新車について、6価クロム、鉛、水銀、カドミウム(適用除外有り)の環境負荷物質を2003年07月01日以降使用を禁止する案を採択しています。
 この規制では、各自動車部品ごとに、6価クロム、鉛、水銀、カドミウム等の環境負荷物質の使用禁止、削減が定められており六価クロムについては、防錆用途の亜鉛メッキ等の表面処理で1車輌当り2グラムを超えてはならないとする方針が示されました。
 EUは廃車指令の規制をさらもに強化し、当初の量規制を撤廃し、段階的に使用を禁止する方針が出され、日本の自動車メーカー及び自動車部品メーカー各社も、欧州廃止指令の方針に添ってそれぞれ環境負荷物質を使用しない方針を打ち出しています。
 
 電子機器、電気機器に関しても、EU(欧州連合)では使用を禁止するEU指令が年内(2002年)にも成立する見通しとなっています。国内の電機メーカーも既に、6価クロムや水銀などの環境負荷物質の使用を禁止し、調達先への監査を実施する所も出て来ています。
 例えば、ソニーでは「国内外の部品・材料の調達先約4千社を対象に環境監査を実施し、工場への立ち入り調査で有害物質を使用していないかチェックする。結果次第では取引停止も検討する。」としています。

■ 6価」から「3価」へ!
3価クロムメッキ」は「6価クロムメッキ」の最有力代替技術です。
   6価クロムは金属表面の耐蝕性・防蝕性に優れる性質から、現在、多くの工業製品の表面処理に幅広く使用されています。  
 一方、6価クロムは人体に影響を与える有害物質であるため、排水規制も古くから行われ、環境基本法等の法規制により環境基準値が定められております。EUでは、2007年初頭には6価クロムの完全禁止の指令が実施される予定もあります。
 近年クロムを使用しない代替技術の開発も盛んに試みられており、実用化もかなり進んでいます。しかし、「6価クロムメッキ」の被膜特性、量産性、コスト、操作、浴管理の容易さなどの、全ての特長を満たす代替技術は見当たりません。
 現状では、ミストの少量性、排水処理の容易さ、均一の電着性、不純物除去の容易さなど、有害物質である「6価クロムメッキ」の最有力代替技術が「3価クロムメッキ」です。
 3価クロムは3価クロム塩を主成分とするため毒性は無く、作業環境が改善されると同時に廃水処理も簡単になります。

 当社は「3価クロムメッキ」をいち早く導入!
   幸い、装飾用クロムメッキの分野では3価クロムメッキ浴が開発され、アメリカでは既に実用化されています。日本においては、3価クロムメッキを事業化している企業は、現段階では少なく、この分野では遅れています。  
 当社ではこの3価クロム浴を導入し、人にも環境にも優しい企業を目指して努力を重ねています。

 三価クロメートとは異なるもの
   三価クロムめっきと似た言葉で、三価クロメートと言われているものがあります。三価クロムめっきと、三価クロメート(亜鉛三価クロメート)とはまったく異なるめっき方法です。  
 詳しくは、三価クロメートとはをご覧ください。
 3価クロメートにも対応可能です
   3価クロメート皮膜は、地球環境負荷物質である6価クロムを、一切含有しない防錆皮膜で、6価クロムのクロメート皮膜の代替として開発された防錆皮膜であり、日、米、欧の自動車・部品メーカー及び関連業界による自主規制(欧州指令案、PRTR法の導入、グリーン購入)や、環境・リサイクル問題を背景にその需要を急速に増やしつつあります。  
 当社は、顧客の皆様のご要望にお応えするため、設備導入をおこない、3価クロメート処理体制を確立しております。

 各種試験結果のダウンロードはこちらからどうぞ
  六価および三価クロムメッキの各種試験結果表(塩水噴霧試験(SST)、大気暴露試験)を、こちらよりダウンロードできます。  
 お問い合わせはこちらからどうぞ
  「三価クロムメッキ」や「三価クロメート」をご検討中の方、お見積りの依頼をしたい方は、こちらよりお問い合わせください。
特に実物見本が必要な方は、「三価クロムメッキ」の強度や光沢を確認できる試作品・サンプル品を製作します。料金等はお問い合わせください。
 
3価クロムメッキ
3価クロムメッキについてのさまざまな情報をお知らせします。

メッキ豆知識
三価クロメートとは

取扱品目
主要取扱品目
製品例

会社概要
明盛鍍金工業株式会社は昭和19年創業。機能メッキから装飾メッキまで、メッキを中心に発展してきた会社です。

お問い合わせ
「三価クロムメッキ」や「三価クロメート」をご検討中の方、試作品の製作を依頼したい方、お見積りの依頼をしたい方は、こちらよりお気軽にお問い合わせください。



■このホームページの企画・製作ならびに運営はサイバーナビ株式会社WEBプロモーションサービスを利用して行っております。
  分析試験機器受託試験 セラミックス振研 液面センサ静電容量式センサー受託試験しぼり加工素材特性測定装置無線セラミック精密加工絞り加工ビジネスコーチング部品供給レーザー加工機自動組立機人工心臓粉砕機・破砕機単結晶サファイアの微細加工、超精密加工電子部品調達エアーグラインダー加熱装置ヘリカルフィルタ電子部品販売超音波溶着機マイクロ波デバイスオンコール090セラミックス製造販路開拓・購買調達