北海道交響楽団 川越守

北海道交響楽団

道響のCDリンク団員向け情報北海道交響楽団 - 道響(どうきょう) - のご紹介練習について

ただいま北海道交響楽団では次のパートの団員を募集しております。

  1. ヴァイオリンパート(若干名)
  2. チェロ(1名)

一緒に楽しんで演奏に参加していただける方ならどなたでも歓迎します。 オーディションはありませんが、何度か練習に来ていただき、正式に入団を決めさせていただきます。 ご希望の方は、是非一度見学にいらして下さい。練習は、毎週月曜日18時30分よりホテルユキタ2Fで行っています。お気軽にメッセージ送信ページからお問い合わせ下さい。

創立35周年記念・第80回演奏会にご来場ありがとうございました。

ホワイエに熊本地震支援の募金箱を設置したところ、多くのお客様がご協力くださいました。ありがとうございました。 お預かりした 21,439円は、日本赤十字社の「平成28年熊本地震災害義援金」にお送りしました。 みなさまからの暖かい心により、いまだに揺れる大地が静かに落ち着きますよう、みなさんの暮らしが少しでも穏やかになりますよう、熊本・大分の地が早く「復活」しますよう、お祈り申し上げます。

第81回演奏会

poster
2016年(平成28年)9月25日(日) 19時開演
札幌コンサートホールKitara(大)
ミヨー/プロヴァンス組曲
ブルックナー/交響曲第7番 ホ長調
指揮:川越守
入場料
前売:指定1500円/一般1000円・小中高700円
当日:指定2000円/一般1500円・小中高1000円

6月下旬、KItaraチケットセンター 大丸・道新・教文の各プレイガイドにて発売開始!!

道響81回演奏会は,全く性格の違う,2つの作品を取り上げます.

まず,フランスの作曲家D. ミヨーのプロヴァンス組曲をお送りします.

ミヨーは1892年,フランスのプロヴァンス地方に生まれました.交響曲,オペラから映画音楽まで,ありとあらゆるジャンルに450にも及ぶ作品を残した多作家です.今回取り上げる「プロヴァンス組曲」は,1936年に作曲されました.ミヨーの生まれ故郷のプロヴァンス地方の民謡などからとられた旋律を独特のオーケストレーションで味付けした親しみやすい作品です.

次に,ブルックナーの交響曲第7番をお送りします.ブルックナーは1824年生まれのオーストリアの作曲家です.彼の代表作は多くの合唱曲と10曲の交響曲ですが,その多くはすぐには聴衆に認められなかったと言われています.今回演奏します交響曲第7番はそんなブルックナーにとって,初演で成功した初めての作品として知られています.特にこの第7番からブルックナーはワーグナーが彼の楽劇で使用した楽器「ワーグナーチューバ」を使用し,新たな境地を見出したといえます.第2楽章は葬送行進曲風の曲想をもち,ちょうど作曲中に敬愛するワーグナーが死去したことから,その楽章の最後にワーグナーチューバによるコラールが追加されたとされています.約70分に及ぶ大曲ですが,随所に見られるブルックナーらしい重厚なオルガン風の響きを楽しんで頂ければと思います.

以降の演奏会のご案内


北海道交響楽団事務局ホームページ窓口 message
--道響は2015年に創立35周年を迎えます--

2004.6.1からのアクセス数