公益社団法人 福島県視覚障がい者福祉協会

福島県視覚障がい者生活支援センター
福島県点字図書館



ようこそ。アクセス有り難うございます。
ここは、(公社)福島県視覚障がい者福祉協会のホームページです。

◆ 平成26年度事業
◆ 平成26年度正味財産

◆ 平成28年度同行援護従業者養成研修のご案内
当協会では、視覚障がい者の外出支援のため、厚生労働大臣が定める「同行援護従業者養成研修」一般課程及び応用課程」を実施します。修了後は同行援護従業者に必要な証明書が発行されます。応用課程では、サービス提供責任者の資格が取得できます。
詳しくは、こちらをご覧ください。

◆ 音声で読み上げる線量計「しゃべる線量計」を福島県の補助を受けて無料で貸し出します
当協会では、見えにくい方のために、音声で読み上げる線量計を福島県の補助を受けて無料で貸し出します。避難指示区域などへ立ち入りする際に、放射線への不安を解消するために役立てることができます。
詳しくは、こちら・テキスト版こちらをご覧ください。

最終更新日:2016年6月30日(お知らせ 7月の対外活動・行事予定。視覚障がい者福祉協会便り 平成27年度公益社団法人福島県視覚障がい者福祉協会3月定期社員総会を開催。センター便り 平成28年度生活支援センターが開催する講座について・相談会のお知らせ・同行援護従事者養成のお知らせ。)を更新しました。

(公社)福島県視覚障がい者福祉協会(生活支援センターロビー)に(株)東邦銀行の音声対応ATM練習機が設置されました。
実体験も可能ですので、センターの職員にどうぞお気軽にお声がけ下さい。

「しゃべる線量計」 2012年1月5日よりご注文をお受けしています
   しゃべる線量計資料 しゃべる線量計申込書(公益) ヴォイス
 福島県視覚障がい者福祉協会では、三和製作所で製作している線量計「ガイガーFUKUSHIMA」を基にして、液晶画面に表示された数値を合成音で読み取る線量計「しゃべる線量計」を開発しました。
しゃべる線量計は、電源スイッチを入れてから約30秒で音声による読み取りが可能となります。
音声で読み取るボタンスイッチにより、一時間当たりの放射線量をマイクロシーベルトの単位で読み上げます。
音量はダイヤルで調節できます。
測定範囲は0.04から400マイクロシーベルトです。
大きさは12.5cm×5.5cm×2.5cm、重さは電池込みで100gです。





 福島県視覚障がい者福祉協会では、視覚障がい者の皆さんが、安心して日常生活を送れるよう種々の活動を行っています。

 当協会では福島県より委託を受けて、点字図書館並びに視覚障がい者生活支援センターの運営を行っています。
 また、電話ナビゲーションシステム・メールマガジン「点字JBニュース」の配信による情報提供も行っています。電話ナビの番号は、0570-021802(全国共通)です。

 視覚障がい者生活支援センターでは日常生活に必要な用具の展示もしています。
 お気軽にご利用ください。



1 お知らせ

 対外活動・行事予定などの最新情報をお知らせしています。

2 ごあいさつ

 (公社)福島県視覚障がい者福祉協会会長
                阿曽幸夫(あそ ゆきお)


3 視覚障がい者福祉協会便り

4 センター便り

5 リンク

 当協会並びにセンターがリンクしているページの紹介です。



 詳しいお問い合わせは、メールまたは、電話・FAXでどうぞ。

交通 福島駅東口 市内循環バス第2コース
福高前または曽根田停下車 徒歩5分


案内地図

住所 〒960-8002 福島市森合町6-7
  電話・ファックス (024)535−5275