富士通製ノートPCのHDD交換の勧めについて

saisho
ノートPCは富士通製が良い。
私の今のノートPCは富士通製Loox T9(エッジ無し)だ。
その理由は、富士通のノートPCは変わった設計になっていて、H
DDが簡単に交換できるので、私は大好きだ。
(↑他の会社のは、どこにHDDが隠してあるか、なかなかわから
  んのよね。
  キーボードの裏とか。バッテリの奥とか。滅多に出し入れでき
  ない場所が結構多い。)


軽量ノートPCのHDDを交換して、どう使うかはこのリンク先
見よ!

↓なぜかPCの裏側から、簡単にHDDが交換できるようになって
 いる。
 富士通の最近のノートPCはだいたいそうだ。
 富士通製のノートPCの場合、裏面にタバコのケース大の蓋があ
 れば、その裏にHDDは格納されていると思って間違いない。
futa

そして、なぜかHDDは富士通製であることは少なく、たいていは
東芝製か日立製だ。
これも謎? (?_?)
富士通製ノートPCが、なぜこういう構造になっているかの推測な
のだが、
・東芝、日立のHDDは富士通製より値段が安い。
・安価なHDDを使っているがために、富士通のノートPCはHD
 D交換のリスクが高い。
・よって、最初から交換しやすい構造にしている。
というのが、私の説だ。

蓋を外すと、中身はこうだ。
TsutsumiTsutsumi2
帯電防止のアルミ箔が巻いてある。
Toshiba

HDDは東芝製である。
今回、HDD交換に踏み切ったのは、富士通にノートPCのディス
プレーが割れた修理を依頼すると、「HDDもおかしいので、無償
で交換しておきます。」と勝手に交換されて、中身を新品に入れ替
えられてしまったため。
ひっ、酷いわっ! (T_T)/~~~
(↑さらば、私のエロ写真たち。)

前の大事なデータが消されて、どうせ新品になっちゃったんなら、
もっと大きいHDDに換えて遊ぼうという算段だ。

話がHDD交換からそれてしまった。
元の交換に戻る。
Hazusu

FPC(フレキシブルパターンドサーキット)に包まれたHDDが
顔を出す。
HDDは非常に壊れやすい部品なので、私はこのように布団の上で
そ〜っと作業をする。
ショック厳禁。
Toshiba

HDDを交換して、そ〜っと蓋を閉める。
新しいHDDは富士通製80GB。
Fujitsu
富士通製は多少高いが、信頼性試験を馬鹿みたいにやっている筈な
ので、値段の違いがあってもこちらの方が良いだろう(と思う)。


Modosu

セットアップディスクで立ち上げると、新品だが80GのLoox
 Tが完成。
意外と簡単でしょ?
Tachiage
Success
あくまで自分でリスクを背負って、楽しんでね。
間違っても、私にメールで質問しないように。
掲示板でも、基本は放置プレー。

だって、「私にそんなことを聞かれても、わかる訳ないじゃないで
すか?」です。(↑小泉首相風。)

ここで気をつけないといけないのは、このまますぐにネットにつな
げると、たちまちウィルスに感染するということだ。
(↑私もうっかりやってしまい、Blasterに感染しました。
  ’04.7/18のBlog参照のこと。
  Windows Updateのためのソフトを他のPCで焼
  いてCDにして、インストールする。
  ウィルス対策ソフトもちゃんとインストール後ネットワークに
  つなげる。)

以上どすえ〜。