・ 中央大学校歌
 ・ ああ中央の若き日に(中央大学応援歌)
 ・ 中大健児の歌
 ・ 誓ひの殿堂
 ・ 惜別の歌
 ・ 伊豆逍遙歌

 中央大学校歌


1.草のみどりに風薫る 丘に目映(まばゆ)き白門を

  慕い集へる若人が 真理(まこと)の道にはげみつゝ

  栄えある歴史を承け伝う

  あゝあゝ中央、 我等が中央 中央の名よ 光あれ

2.よしや嵐は(すさ)ぶとも 揺がぬ意気ぞいや昂く

  春の驕奢(おごり)の花ならで みのりの秋やめざすらむ

  学びの園こそ豊かなれ

  あゝあゝ中央、 我等が中央 中央の名よ 誉あれ

3.いざ起て友よ時は今 新しき世のあさぼらけ

  胸に血潮の高鳴りや 湧く歌声も晴れやかに

  自由の天地ぞ(ひら)けゆく

  あゝあゝ中央、 我等が中央 中央の名よ 栄あれ


 ああ中央の若き日に(中央大学応援歌)


1.あこがれ高く 空ひろく 理想の日光(ひかり) (あや)なせる

  あゝ中央の若き日に

  伝統誇る白門の 闘ひいどむ 旗仰げ

  力 力 中央 中央

2.情熱(ねつ)と力の若人が 精鋭(こぞ)り奮い起つ

  あゝ中央の若き日に

  雄叫ぶ血潮紅は 闘魂たぎる()と燃えよ

  力 力 中央 中央

3.我等が誇り覇者の歌 燦たり栄え 我が生命(いのち)

  あゝ中央の若き日に

  今ぞすわらん覇者の座に いざ勝鬨を揚げん哉

  力 力 中央 中央


 中大健児の歌


1.大空晴れて 気は澄みぬ

  雲にそびゆる 芙蓉峰(ふようほう)

  照る日 光る 姿こそ

  中大健児の 表徴(しるし)なれ

  中央 中央 おゝ我等が母校

2.伝統(さん)たる 旗の下 

  自由の世界 うち建てん

  情熱(ねつ)と力を 示すこそ

  中大健児の 心なれ

  中央 中央 おゝ我等が母校


 誓ひの殿堂


1.若き血潮みなぎる

  中央の意気をみよ

  栄光は燦として我等がうえにあり

  (うた)はずや 伝統中央

2.我等が首途(かどで)希望(のぞみ)に満ちて

  みよ中央の大旗のゆく所

  陽もかげりてあはし

  若さこそ 力こそ 我等が生命

3.戦い清かれ

  誓ひの殿堂は厳かに

  大空のもとにかがやく

  (うた)はずや 伝統中央


 惜別の歌


1.遠き別れにたえかねて

  この高楼(たかどの)に登るかな

  悲しむなかれ我が友よ

  旅の衣を整えよ

2.別れと言えば 昔より

  この人の世の常なるを

  流るる水を眺むれば

  夢はずかしき涙かな

3.君がさやけき目の色も

  君紅の唇も

  君が緑の黒髪も

  又何時か見んこの別れ


 伊豆逍遙歌


1.よしや心のつれづれに

  さすらい出でし旅なれど

  光降る野に立つ我れは

  息吹く憂に濡れしぶる

2.富士の姿の影とめて

  波間に浮ぶ淡島の

  沖の鴎に夢路とめ

  漁火ゆるる三津ケ浜

3.あゝ修善寺の春静か

  ことよもなげに梅散るを

  のみの音絶えて夜叉王の

  霊何処にか宿るらむ