ずっぽし


全国的に使われている俗語の範疇であろうが、遠州弁での使い方とニュアンスを考えてみる。もしかしたら地域性があるやもということで。意味使いとしてはふたとおりが考えられる。

先ず一つ目

使いどころとしては「はまる」というのが一番印象が強い。

「ずっぽしはまる」

ニュアンスとしては「どっぷり」に近いが泥沼化みたいなどろどろ感は薄く、笑っちゃうくらい見事にといったあっけらかんとした勢いが漂う。ちなみに泥沼化だと「ずぼずぼ」という言い方をする事が多い。

話し戻して、「ずっぽ」しの元は「すっぽり」であろうて

「すっぽり」{副詞}@全体を包み隠す様子。A何かの拍子に完全に抜けはずれたり、はまったりする様子。

と辞書にある意味の中において「はまる」のみの意に特化して「すっぽり」より強調した言い方が「ずっぽし」ではなかろうかと。したがって@の意とAの抜けはずれという意は「ずっぽし」にはない気がする。

「ずっぽしかぶさった」は有り得そうだが普通は言わないし「ずっぽし抜けた」とも普通言わない。普通だと「すっぽりかぶさった」・「すぽんと抜けた」とかであろう。

「はまる」というのは丁度良く入る・ぴったりと入る・穴や溝とかに落ち込むといった意味であるが、丁度良くというかいい塩梅でとかいうニュアンスは「ずっぽし」には無い気がする。

「ずっぽり」と「ずっぽし」の違いは

「やいやいずっぽりはまっちゃってえ」だとあ〜あと嘆いている要素が感じられるのだが

「やいやいずっぽしはまっちゃってえ」では笑っちゃうよ(参っちゃうよ)という陽気さが感じられるものである。

次に二つ目

使い方は

「ほれみいずっぽしだらあ」(そら見た事か図星だろうが)

見事にはまるということでは一つ目と同じなのであるが、こちらは「的中」・「図星」といった意で使われるものである。

穿った見方をすれば「ずぼし」が変化して「ずっぽし」になったとも勘繰れるところである。が、流石にそんなことはないだろう。

この使い方の場合「すっぽり」・「ずっぽり」が使われる事は無い。