HOME BACK NEXT

最 新 湖 北 住 民 情 報
アフター?回復?ポスト?なんだかはっきりしないパターンがだらだらと続いています。
明らかに魚は動いていると感じるのですが、そう大きくパターンが変わる雰囲気でもありません。
依然好調なライトリグパターンですが、ライトリグとビックベイトの両極端な展開に、人間が付いていけなくなりそうです。

今年はビックベイトの爆発パターンにまだ遭遇していない私のボート、まだタイミングが遅いのか?私が外しているのか?
どこかにあるそのタイミングに合わずには夏を迎え入れれないぞ!

7月7日 曇り ほぼ無風 水温 23.0℃ 「キンクー7inネコ1本勝負?」
7日、キンクー7inネコでキャッチしたバスくんと丸山さん
キンクー7inネコ攻めで狙い続けた丸山さんでした。このエリアのパターンに大きな変化が現れ始めた。50UPがいなくなってしまったこのエリアに入ってきた40UPはキンクー7inネコをガンガン食っていました。また40センチを下回るサイズでもこのキンクーで釣れてました。
7日 これもキンクー7inネコ 7日 これまたキンクー7inネコ
自分の釣っていたエリアに変化が出てきたと感じたところで3日空けて出た当日、いよいよこのエリアにも陰りが見え始めた。それでも今年はパターンの持続が長い気がする。いつもなら3日ももたないのに・・・
7日 ジョイクロでもヒットしたのですが・・・

7月8日 曇り ほぼ無風 水温 23.8℃「ランチタイム?フィーディングタイム?」
晴れても、雨でもランチはビーチパラソルの下でご機嫌タイム〜
釣って食べて、釣って・・・
8日 田村さんの40UPスワンプネコで 8日 大須賀さんの40UPもスワンプネコで
8日 大須賀さんの50UPはスワンプネコに
8日私の40UPもネコネコ 8日 田村さんBホッグTXでキャッチ!
が、サイズアップならず無念!

7月9日 曇り ほぼ無風 水温 25.1℃ 
香月さんスワンプネコリグでの3本。
この季節のスワンプと8月以降のスワンプでは、ルアーは同じでもルアーにつけるアクションが全く違うのが特徴的な釣り。
40UPが6本ほどキャッチできたが、MAXサイズは47cmだった。ジョイクロでもヒットしたのだがばれてしまいました・・・くやしぃ〜〜

7月10日 曇り ほぼ無風(南東うねりあり) 水温25℃
10日 玉砕デーとなってしまった、旅はまた失敗した・・・
本日はこんなところでサラバ・・・

7月11日 曇り ほぼ無風 水温 25℃
最近好調の稲垣さんスワンプでキャッチ 森田さんスワンプでキャッチ
これまた森田さんスワンプキャッチ
スワンプノーシンカーでキャッチした53cm私です
ほとんど沈まないノーシンカーはポストに良く効きます
スワンプ57フィッシュ私です
FURUNO FCV-620でシューティングでキャッチ!
詳しくは後で

7月12日 曇り ほぼ無風(南東うねりあり) 水温25℃
伊藤さんスワンプでキャッチの40UP これまたスワンプで40UPです。

当日は私の都合により、朝からガイドができず、のんびりスタートでフィールドへ、
ちょっと渋かった感じの一日でした。

ビックベイトでも何度かチャンスが訪れたのですが、釣果には結びつきませんでした。
ライトリグを使えば魚を釣ること自体は難しくない状況下です。
ボート乗り換え検討中の伊藤さん。憧れのマイボート、そして乗り換え、何にしようか悩んでいるときから楽しそうです。

いい船見つかるといいですね!


7月13日 曇り ほぼ無風 水温 26.3℃
渥美半島の野池をホームグランドとする高橋さん ビックベイトにチェイスしてくるバスに大はしゃぎだった鵜飼さん
ティンバーフラッシュジュニアでキャッチした49cm。

ティンバーフラッシュジュニアでもスワンプでも、ジョイクロもかなり惜しかった、スワンプで捕れなかったあの魚も悔しかった、8月にまた戯れましょう!


スワンプではお二人さんともに50UPを仕留めました!お見事!!

7月14日 いきなり!「衣浦港へクロダイ釣りへ」
久しぶりの琵琶湖以外ののフィールドへ、潮風かおる衣浦港。バスロッドを使ってのクロダイ釣りは初挑戦だった。
 ジグヘッドにカラス貝をつけてストラクチャーにフォールさせて狙っていくつり方です。

やってることはそのまんまバスつりのフォーリングの釣りといった感じでした。ただバイトがバスよりもかなり小さいのと超ショートバイトが多いです。あたりが出たら即アワセでストラクチャーから引き離してのランディング。

集中してやらないとなかなか釣れないところが面白いです。ただ当日はバイトが多かったので、初挑戦の私も感じを掴みやすかったです。二人、4時間でクロダイが25匹、シーバス2匹、ギマ1匹と大漁でした。久々にたくさん魚を釣った気がした私でした。

今回お世話になったのは「トップガン」の成田さん。イカツイ外見に怖そうな人かと思いましたが、ボートに乗れば、とても優しく親切な腕利きのガイドさんでした。私も同じガイドとして、いい勉強になりました。また今回誘っていただいた、大橋さんありがとうございました。

7月15日 曇り ほぼ無風 水温 26.3度
夏らしい景色と暑さになってきました。そろそろ梅雨明けかな?
渡辺さんスワンプネコにて40UPキャッチ! 菱山さんスワンプネコにて50UPキャッチ!
関東からの遠征の甲斐ありましたね!
釣果がライトリグに偏ってしまってますが、ビックベイトも織り交ぜたパターンを展開しているんですよ。菱山さんのモンスタージャックにトップで出たのですが、乗りませんでした。その後ライトリグを同場所へ送り込むと釣れてしまうんですよね。
ちょっと違ったエリアを狙うと、こんな魚が出ました。
アフターからの完全復活というよりはまだプリではないかと思われる固体です。
これもネコリグでキャッチした50UP。

う〜ん雨の降らない梅雨だ!と思っていたら、フィールドに出なかった16、17日は雨が降り続いていましたね。インドアにいた私はフィールドがとても気になってました。あの雨でどうなっていたのか?でもその雨は降り続き、豪雨になってました。増水、濁りは間違いなく、水門の放水もあるでしょう?これまたパターンががらっと変わってしまうのでしょうか?ちょうど梅雨も明けそうなこのタイミング、次回からは四苦八苦しそうな雰囲気ですが、かき混ぜられだけにその後の爆発にちょっと期待です。さてそろそろ夏本番今年はどうなることでしょうか?

おまけ 「面白い魚探発見!」
ローランス、ホンディックス、フルノ、全て違うメーカーの魚探をフロントに装備中です。

最近取り付けたのが、フルノの魚探(FCV620)


魚の浮袋を探知して魚の有無と大体の大きさを予測するという機能がついている。

エッジのたった場所やウィードの中など、魚なのか干渉した映像なのか?
がわかりずらかった部分をこの魚探は解りやすくしている。
ちなみにこれがウィードの中の魚群を探知した映像。魚マークの上の数値はフィッシュレベル、魚の大きさをレベル表示で表している。
(魚が付いているのがウィードの上なのか中なのか?を確実に知ることができそう)
これは釣れているストラクチャー周りのウィードでの映像。違うタイミングで同じ場所へ戻ってみると、
このウィードにはフィッシュマークが出ず、近くのストラクチャーでバイトもなくなっていた。
こちらの画像は漁礁での反応。漁礁のブロックのエッジ部分に大きそうな魚の反応が集中的に出ている。
(魚礁のトップ部分に出ている青色の小さい反応はベイトフィッシュと思われる。
小さな反応はフィッシュマークはでない。また設定でフィッシュレベルの数値だけの表示にもすることができる)
ちなみにこの時は48〜57cmまでのバスが3本釣れ他にもバイトが多くあった。釣れないときにはこの反応出なかった。


魚を直接探せる魚探そんな使い方の可能性を感じる魚探です。
またカラーなので、ハードボトムだけでなく、ウィード中の反射の変化もしっかり出ています。
魚礁に着いたベイトフィッシュなどの判別も非常に見やすく映し出しますよ。

まだまだ使って間もないので、またレポートしますね!


HOME BACK NEXT