ホームページ

−開設1996年11月−

企業博物館とは企業の理念や業態を広く知らせるためにあるものです。
私の好きな日本の企業博物館約200館をご紹介いたします。(星合重男)

北海道・東北地方 関東・東京地方 中部・北陸地方

関西・近畿地方 中国・四国地方 九州・沖縄地方

季節によって、展示内容や公開方法が変更される事があります。
* 印は有料施設。** 印は入場者限定施設です。連絡の上お出かけ下さい。
ご意見や情報がありましたら、開設者にご連絡下さい。
このページへのリンクは、どなたも自由です。


「企業博物館戦略の研究 -2」星合重男(2004)
「企業博物館戦略の研究」星合重男(1993)

[お知らせ]
☆2011年3月「ハウス・オブ・シセイドウ」閉館(東京都中央区)
☆2011年3月「リニア・鉄道館」開館(名古屋市港区)
☆2011年5月「電力館」他、東京電力のPR施設28館を閉鎖 (各地)
☆2011年9月「カップヌードルミュージアム」開館(横浜市中区)
☆2012年2月「DaiichiSankyoくすりミュージアム」開館(東京・中央区)
☆2012年4月「セイコ-ミュージアム」改装開館(東京・墨田区)
☆2012年4月「NEXCOコミュニケーション・プラザ川崎/富士」開館(川崎市・富士市)
☆2012年10月「グリコピア・イースト」開館(埼玉県北本市)
☆2012年10月「LIXIL史料館」新装開館(東京都江東区)
☆2012年11月「製粉ミュージアム」新装開館(群馬県館林市)
☆2013年3月「ヤンマーミュージアム*」新装開館(長浜市)
☆2013年3月「スカイミュージアム」新装開館(東京都大田区)
☆2013年10月「UCCコーヒー博物館」新装開館(神戸市)
☆2013年10月「オリンパス技術歴史館「瑞古洞」」開館(八王子市)
☆2014年2月「東芝未来科学館」新装開館(川崎市)
☆2014年3月「郵政博物館」新装開館(墨田区)
☆2014年4月「交通科学博物館」閉館移転(大阪市)
☆2014年5月「竹中道具博物館」閉館移転(神戸市)

ご連絡は開設者星合重男/千葉市 まで

一口に企業博物館といっても、その形態や目的に大きいちがいがありま す。それは、設置企業の目的が違っているためで、資料を専門家が丹念 に収集分類し研究報告や年報を発行している館もあれば、企業の事業に ついての理解を進めるための、産業理解を中心にした館もあります。一 つの館にそれぞれが混在していますが、主たる展示の目的をもとに、下記 の館種に分類しています。

史料館
会社創業者の創業理念、歴史的資料・歴品を収集・展示し、企 業の社会に貢献してきた過程などを理解させる。
(例、松下幸之助歴史館、トヨタ鞍が池記念館)
歴史館
会社の製品や関連産業の歴史的産業コレクションを収集・展示して解 説する。その歴史的背景や地域の状況なども理解させる。
(例・竹中大工道具館、内藤記念くすり博物館)
技術館
会社の新技術の解説や新商品の特徴や活用法などを展示し、技 術的優位を誇示し理解させて、開発中の技術について企業の夢を語る。
(例・、東芝未来科学館、三菱みなとみらい技術館)
啓蒙館
自社の企業理念やそれによる社会への貢献、関連産業の商品や技術を判りやすい展示で一般人に理解させる。
(例・UCCコーヒー博物館、印刷博物館)
産業館
工場見学などを中心とした、産業理解のための施設。
(例・サッポロビール博物館、グリコピア神戸)

【企業博物館の定義】
自社の歴史とその背景にかかる諸資料を保存、展示し、企業理念とその業界、製品について理解できるように企業(業界)が設立した博物館」(星合重男「企業博物館戦略の研究」コニカ1994)

星合重男

星合 重男


[参考リンク先]
インターネットミュージアム