Hiligaynon class
イロンゴ語講座
Japanese‐English‐Ilongo(Hiligaynon) 

 フィリピンは多言語国家であり、100以上の言語は同族の言語グループに属し、多かれ少なかれ類似があるが、方言ではなく各々が個別の言語である。タガログ語をベースとしたフィリピノ語が国語となっている。

 イロンゴ語(正式名ヒリガイノン語)は、ネグロスでは西ネグロス州で話されており、タガログ語と類似する点も多いが、ゆったりとした流れるようなイントネーションにタガログ語とは異なると誇りを持つ人もいる。しかし、首都マニラではあまり理解してもらえないマイノリティーの辛さがある(^-^;。
 当然、日本の語学学校で扱われることはほとんどなく、会話集も一冊出ているだけである。

 けれども、もし旅行などでイロンゴ語圏の地域を訪れることがあるのならば、片言でも知っておくのは絶対お得。たったひとことの挨拶をその地域の言葉で言うことで、人びととの距離がぐっと近づくはずだ。
 さあ、イロンゴ語で言ってみよう!

Lesson 1 . 挨拶と自己紹介編 GREETINGS
Lesson 2  基本の疑問詞編  QUESTIONS
Lesson 3  食事編 EATING
Lesson 4  数字編 その1 NUMBER vol.1
Lesson4-2  数字編 その2 NUMBER vol.2
Lesson 5  私は・・・編  I am...

フィリピンの写真とセットで覚えよう!
Lesson 6  基本の名詞編 その1 NOUN vol.1
Lesson 7  基本の名詞編 その2 NOUN vol.2  

写真は万福兎亭管理人撮影のものです。


TopPhilippines