タンク内部が錆びたぞ  


先日アイドリングしなくなり低速域がまったく使えなくなるという、キャブレターのスロー系統の詰まりのトラブルがあった。

キャブレター分解清掃で快調になったものの、原因を突き止めなくては同じことを再び繰り返すであろう。

そういえばキャブレターのフロートにサビ粉がすこし溜まっていたな、ということからガソリンタンク内部を点検した。

すると見える範囲で、ポチポチッと点サビを発見。

見える範囲でこれですから、見えないところにはもっとサビがあることと推測できる。

ガソリンタンクのサビ取りは面倒くさいので、腰が重いのだが快調なRZを維持していくためならと、重い腰を上げましょう。


まずは簡単にガソリンタンクのキャップを外し、よーく内部を観察しました。
すると写真のように、サビがチラホラ発生しています。

スタンドをかけると車体は左に傾くので、恐らく水分も左側に溜まることでしょう
こんな上の部分でサビが発生していることは、見えない左側の部分は、もっと
もっとさびがあることでしょうね。
サビ取り剤の効果を最大限に発揮させるためには、タンク内部の油分他をきっちり
洗浄しておく必要があります。
今回はメッキ屋などでも使用している、業務用のアルカリ性洗浄液を使用しました。
原液では濃すぎるので、水で薄めて使います。

環境には優しくないので、薄めた中性洗剤などでもいいと思います。
コツは洗浄液を入れた後、力の続く限りタンクを良く振って、タンク内部の隅々まで
洗浄液を行き渡らせ、汚れを浮かせることです。

ブラシでこすれれば言うことなしなのですが、あいにくこんな形ですので・・・
日頃鈍った体を鍛えてやるというポジティブシンキングでがんばりましょう!!
タンク内部を充分に洗浄できたら、洗浄液を排出して水洗します。
この時点で、細かなサビの破片がたくさん出てきました。

案の定、見えないところでサビは進行していたようです。
今回思い腰を上げてよかったと思いました。

なるべくホースなどで水圧をかけて、しつこいくらいに良く水洗しましょう。
高圧洗浄機があると便利ですね。(持っているのですが、今回使いませんでした)

作業のコツは、錆粉が排出されなくなるまで、何回も繰り返すと言うことです。
これは結構重要で、この後に行う錆取り剤の効果が違ってきます。
表面に汚れが残っていたら、錆取り剤が錆と反応しない部分が残りますので
その部分はせっかく作業しても、錆が残ってしまうことになります。

回数をこなせばそのうちに、排出される液も綺麗になってきます。
今回は スーパーチープツールズジャパン というところがオリジナルで販売している
サンダーグレイというサビ取り剤を使用してみました。
さびを取りつつ、鉄板の表面に亜鉛コーティングをしてくれるというものです。

詳細は ケミカルの小部屋 を参照していただきたいと思います。

効果も強力らしく、原液では20分以上使用しないことと注意書きにあります。
ガソリンタンク内部には、10倍程度に薄めて使用するそうです。
また、液は繰り返し使えると言う優れものです。

価格もワコーズのサビ取り液の約半額以下というお値打ち品です。
コックの部分は、ガムテープなどでしっかりと養生しましょう。

繰り返し使える大事なサビ取り液ですから、なるべく漏らさず使用するところが
マル貧のポイントです。
漏れたらもったいないですし、液面が低下して効果も減ってしまいます。
じょうごなどを使用して、サンダーグレイをタンクに注入します。
しつこいようですが、貴重な液をこぼさないようにしっかり使うのがマル貧の掟です。

薄めて使う場合は、一般的にはお湯を使用したほうが効果的のようです。
いつも悩むのですが、薄めて使った場合次に使う機会までに、液が腐ることなんです。
以前は花さかGを薄めて使っていたのですが、使用後の液を3ヶ月ぐらいして
使おうとすると、どろっとした未知なる臭い液に変質しまっているのです。

おそらく僕の地域の水道水は、未知の微生物がいるのでしょうね。

なので今回は繰り返し使用を考えて、あえて原液で使用することにしました。
サンダーグレイ注入後は、タンクキャップの部分にも、ガムテープなどで念入りに
養生しましょう。

しつこいですが、マル貧には貴重なサビ取り液の、微小な漏れも許されません。

タンクキャップがサビまくっている場合には、タンクキャップでふたをするのも手ですね。
タンク内部と一緒に、タンクキャップも綺麗にできそうです。
今回はサンダーグレイを原液で使用しているので、説明書どおり一部分に付き20分の
使用時間で行いました。

タンク内部のすべての面の隅々まで、サンダーグレイが行き渡るように、ひっくり返したり
立てかけたりと工夫しながら作業を進めます。

反応中の手待ち時間には、フューエルコックのフィルターの清掃をしたり、雑誌を
読んだり? 有効に使いましょう。
さすが原液です。
泡立っていますが反応時間20分で、すっかりサビが取れました。

能書きにある亜鉛コーティングのおかげでしょうか、鉄板表面が新品タンクのような色に
変わっています。

反応が終わったら、元の容器にサンダーグレイをこぼさないように戻してあげましょう。
若干、気持ち液の色が茶色っぽくなりましたが、まだまだガンガン使えそうです。

錆取り剤の種類によっては、排出後に水洗するものもありますので、しっかりと使用方法を読んで
錆取り剤に応じた標準作業を行います。

大方のメーカー推奨の使用方法は、効果が最大限に発揮できる前提ですので、よほど自信が
あれば別ですが、適当に手を抜いたりすると、せっかくの労力と時間が無駄になりますので
日々忙しいサラリーマン氏は要注意です。
本来は、サンダーグレイ使用後は、なるべく早目にCRCなどを吹き付けてあげると
良いそうです。しかし今回はコーティングに挑戦するため、強制乾燥させました。

こんな風にドライヤーなどを、突っ込んでタンクの中を乾燥させましょう。
ドライヤーはかなり負荷がかかりますので、不用品などを使えればベストですね。

また、熱を持ちますので、ドライヤーで乾燥中はその場を離れないようにしましょう。
火事にでもなったら、レストアどころじゃなくなります。
今回使用したサビ取り剤は、亜鉛皮膜を生成させるものであり、防錆効果も期待できるのですが
実験をかねて(人柱になります....)タンクシーラーを使用してみることにしました。

今回使用したのはマナテックPOR-15フュエルタンクシーラーというものである。
詳細は ケミカルの小部屋 を参照していただきたいです。
これは特許品で、半永久的にタンク内をコーテイングしてくれるそうです。

こぼさないように、慎重にタンクに注ぎましょう。

コック部分のマスキング(シーリング)は忘れずにネ
タンクの口の部分は、刷けなどを利用して、コーティングしてあげましょう。

この液は粘着性があるので、タンクに注ぎ終わった後の缶の底に残っている残液で
充分に施工ができます。
マル貧はこういう残り物も、しっかりと利用します。

誤って塗装部分に付着しても、乾かないうちはシンナーでふき取れますので、すぐ拭きましょう。


※追記
タンクキャップが勘合する部分にはあまり塗らないほうが良いです。
キャップの締まりがえらく悪くなります。
タンクシーラーをタンクに注入したあとは、すべての面に行き渡るように、様々な角度をつけて
ゆっくりと(粘着性が高いのでポイントです。)ひっくり返したり、横にしたりしましょう。

施工状態を見るという意味で、あえてタンクキャップ部分にはマスキングをしていません。
というか、この程度のシーラーの量なら、逆さにしても出てきません。
施工が終わりました。

こんな感じで、タンク内部が銀色のシール剤でコーティングされています。
競合品にKREEEMという製品がありますが、あのように真っ白ではなく、鉄板の色に
近いので、自然な感じですね。

作業中は見えない部分をどうコーティングするか、勘に頼る部分もありましたが、恐らく
大丈夫でしょう。(と信じたいですね。)
コーティングが無事に終了したら、コック部分の養生ガムテープを外します。
タンクシーラーは速乾性ではないようなので、こんな感じで廃タイヤなどを利用して
放置しておきましょう。私の場合は念には念を入れて、一週間ほど放置します。

乾燥初期のころは、余剰なタンクシーラーが、ガムテープを外したコックの部分から
排出されますので、コック部分の下には受け皿や、使用したタンクシーラーの空き缶
などを置いておきましょう。

手際がよければ、一日ですべていけると思いますが、作業は焦らずあわてずです。
マイペースで楽しみながらやるのがポイントなのでしょうね。
錆でお悩みの貴方、ぜひお試しあれ!!