石井アカデミー・ド・バレエの沿革

石井アカデミー・ド・バレエ

ボン市立バレエ団の石井潤と優子
ボン市立バレエ団の石井潤と優子

昭和4年、石井行康により、石井舞踊研究所として設立される。

石井行康は、1890年岡山に生まれ、帝国劇場歌劇部の第1期生として、バレエをチェケッティの弟子のローシーより習う。

振付師として、宝塚歌劇団の演出、振付など行うが、関東大震災の後、活動の場を京都に移し、アッファビリタ舞踊研究所を開く。(後の石井舞踊研究所)

大変厳格で、実践の練習を主体としたものであったといわれる。

石井行康の死後、石井春枝、一久が後を受け継ぎ、石井春枝バレエ研究所と改名される。

古典バレエとともに、「禿山の一夜」「ルーブルの噴水」「ハズの首環」「絞首台」など、数々の素晴らしい創作バレエを発表し、又、数多くの優秀な生徒達を育て世に送り出している。

石井 潤の帰国後、石井アカデミー・ド・バレエと改名され、現在にいたる。

石井アカデミー・ド・バレエ 講師一覧

主任教師
石井 潤
指導補佐
石井 優子、廣田南美子、岡田 孝子、寺田美砂子、林 久美子
石井 千春、植木明日香、中村 美佳、小山 了子

石井 潤 プロフィール

石井 潤 写真

1966年にチャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。69年第1回モスクワ国際バレエコンクールで第3位、銅賞を受賞。72年からチューリッヒ オペラ座バレエ団、ボン市立劇場、フランクフルト市立劇場で活躍した。83年に帰国し、国内のバレエ団に客演しながら意欲的に、創作活動に取り組む。

日本バレエ協会委嘱作品「泥棒詩人ヴィヨン」(88年)

京都国際音楽祭バレエの夕べにて「血の婚礼」(91年)「インター プレイ」(94年)

東京フェスティバルバレエのアメリカ公演にて「ノリ」(95年サンフランシスコ)などを発表。その他「マニフィカト」「道」「カルメン」「シャンソネッタ・テデスカ」他多数。

1998年には、新国立劇場にて、劇場開催記念公演創作委嘱作品「梵鐘の聲」を発表。 芸術選奨文部大臣新人賞、第19回 橘秋子賞、特別賞。
第20回、25回舞踊批評家協会賞。音楽新聞邦人ベスト3。東京新聞舞踊芸術賞などを受賞。

1997年より2004年まで新国立劇場のバレエマスター

2005年、新国立劇場にて「カルメン」初演
2007年3月、名古屋市の委嘱により「ハムレット」発表
2008年3月、新国立劇場にて「カルメン」再演
2012年7月、京都市芸術文化協会賞 受賞
2013年3月、京都市芸術振興賞 受賞

石井 優子 プロフィール

石井 優子 写真

7才より、洲和みち子バレエ研究所にてバレエを始め、スパルタ教育を受ける。

転勤により上京。貝谷八百子バレエ団に入団。貝谷八百子、相浦田鶴子。加美早苗より指導を受ける。

大学卒業後、チャイコフスキー記念東京バレエ団に移籍。「レ・シルフィード」のプレリュード、「眠れる森の美女」のブルーバード「白鳥の湖」のオデット、「くるみ割人形」クララ等踊る。

国内各地、ヨーロッパ公演に参加。

ドイツのボン市立オペラハウスで、プリマとして5年間活躍。ブルノンビル作品をはじめ、「パキータ」「ペトリュシュカ」又、創作作品「ロメオとジュリエット」「ウルフ」「カルミナ・ブラーナ」等の主役をつとめる。

帰国後、石井アカデミー・ド・バレエで、生徒達の指導にあたる。