東にしきより
春画(葛飾北斎)
MENU
BACKNEXT
春画CD-ROM
葛飾 北斎
宝暦10年−嘉永2年 (1760−1849) 90歳
安永7年(1778)勝川春章に入門。安永8年(1779)頃、勝川春朗の画名で浮世絵界デビュー。
別に狩野融川寛信に就き狩野派も学ぶ。のち琳派、土佐派、洋風画、銅版画、漢画等様々の画流
を修得し、独自の画境を開く。「画狂人」、「不染居」の号をもつように、画歴70年の間、度々画号を
変え、その都度、美人画、狂歌絵本、読本挿絵、絵手本類、風景画動植物画と画域を広げた。
特に「富嶽三十六景」、「北斎漫画」は、広重の風景画と共にジャポニズムとして印象派の画家たち
に多大の影響を与えた。アメリカの写真誌「ライフ」が1997年におこなった「この1000年間に重要
な業績を残した世界の100人は?」のなかで日本人ではただ一人、葛飾北斎が選ばれる。