淫 さま(XSI Plug-in)


名 前
淫さま
概 要
淫スタン ス関連のプラグイン。

・淫スタンスから実オブジェクトへ(複製)
・淫スタンスからクローンへ
・淫スタンスマスターの差し替え( ver2.5 新機能)
・淫スタンスから淫スタンスマスターを選択
・淫スタンスマスターから淫スタンスを選択
・淫スタンスから同じマスターを持つ淫スタンスを選択

NetView に入ってるスクリプト、XSI6 だとちゃんと動かねぇぞゴルァ。 という時にどうぞ。

ダ ウンロード
InSama20.xsiaddon(旧バージョン)
InSama25.xsiaddon(右 クリッ クでリンク先を保存)
詳 細 1: インストール方法
2: アンインストール方法
3: 使い方
4: PPG詳細
バー ジョン 2.5
形 式 xsiaddon
動 作環境 Windows 2000/XP
XSI 5.11/6.02 / 6.5
変 更点
2007 年3月 ver1.0 開発

2008年6月  ver 2.0 公開

2008年7月   ver 2.5 バージョンアップ

・淫さま Substitute (淫スタンスマスターの差し替え機能)を追加
・名前の命名規則を変更
・淫スタンスに子供があった場合に正しい SRT で再現されないバグを修正
・上記もろもろの変更に伴って PPG の中身を変更

1:  インストール方法

XSI のビューポート上に InSama25.xsiaddon をドラッグ&ドロップ。
もしくは File > Add-on > Install から。

2:  アンインストール方法

   1: File > Add-on > Uninstall からInSama25.xsiaddon をアンインストール。
  
2: XSI のユーザフォルダ(以下のような場所)から InSamaOptins.Preset ファイルを手で削除。
   3: XSI を再起動

InSamaOptins.Preset ファイルは、

    C:\users\
あんたのユーザ名\Softimage\XSI のバージョン\Data\Preferences


以下にあります(Cドライブに XSI をインストールしている場合)。

※ 注意事項

旧バージョンをインストールしている方は、必ず先に旧バージョンをアンインストールして下さ い。

特に .Preset ファイルの手動削除〜XSI の再起動を忘れないで下さい。 
再起動は必ず必要です。これをやんないと ver2.5 はマトモに動きません。



3: 使い方

Model モジュール > Create > Model > 淫さま





淫 さま Duplicate
淫スタンスを選んで実行。
→ 初期設定に従い、淫スタンスが実オブジェクトになる(複 製さ れた新Model)。

淫 さま Clone
淫スタンスを選んで実行。
→  初期設定に従い、淫スタンスがクローンになる(クローンされ た新Model)。

淫さま Substitute
淫スタンスを選んで実行。
→ ピックを促されるので、新しい淫スタンスマスターをピッ ク。
  選ばれていた淫スタンスは全てピックした淫スタンスマスターを参照するようになる。

Model をピックした場合 → その Model に差し替え

淫スタンスをピックした場合 → その淫スタンスが参照する淫スタンスマスターに差し替え

それ以外をピックした場合 → そのオブジェクトを Model 化し、その Model に差し替え

淫 マス 淫スタンスを選んで実行。
→ 淫スタンスマスター(淫スタンスの元Model)が選択 状態 になる。

マ ス淫
淫スタンスマスター(淫スタンスの元Model)を選んで実行。
→  このマスターを参照している淫スタンスが選択状態になる。

淫 淫
淫スタンスを選んで実行。
→  同じ淫スタンスマスターを持つ淫スタンスが選択状態になる。

淫 さま Options
淫さま Oprions(初期設定)のPPG を開く。
→  淫さま Duplicate/Clone の挙動をここで決定。詳細は後述。



4: PPG詳細

初回起動時に File > Preference > Custom 以下に InSamaOptions が作られます。


Name
処理後の淫スタンスの名前。

[objname]トークンは、選んでいたオブジェクトの名前に変換される。
[mode]トークンは、処理内容によって _Dup / _Clone / _Inst に変換される。

Retrieve Hierarchy

元の淫スタンスの階層を再現する。元の淫スタンスに親がいればその親の子供になるし、元の淫スタンスに子供がいれば、その子供は複製/クローンされた新 Model の子供になる。

Retrieve Animation
元の淫スタンスにアニメーションやコンストレインがあった場合、再現する。

Retrieve Groups
元の淫スタンスの Group/Layer/Partition を再現する。
新Model は、元の淫スタンスが所属していたGroup/Layer/Partitionに入るということ。

Retrieve Properties
元の淫スタンスのプロパティを再現する。
Visibility、Display、その他(Motion Blur やら Annotation やら)が元淫スタンスからコピーされるということ。

All On/Off ボ タン
上記全てのチェックボックスをオン/オフにする。
Delete Original Instances
複製/クローン/差し替え後に、元の淫スタンスを削除する。
元を削除するので、淫スタンスを完全に差し替えることになる。
オフの場合、元の淫スタンスは残ったまま、新たな複製/クローン/淫スタンスができる。

※Delete オンの場合、Retrieve Hirerarhy の Children はオフにしていてもオンの挙動になります。親となるべきオブジェクト(元の淫スタンス)が削除されると子供の行き場がなくなるからです。


Select Dup/Clone  or Masterプルダウンメニュー
複製/クローン実行後に何を選択状態にするのかを決める。 複製先もしくは淫スタンスマスターから選ぶ。

Reset All Parameters to Factory Default ボタン

全ての設定を工場出荷状態に戻す。

淫さま Duplicate/Clone/Substitute ボタン

上記設定に基づいて淫さま Duplicate / Clone / Substitute を実行する。メニューから淫さま Duplicate / Clone / Substitute を選んだのと同じ。



備考:

・Duplicate / Clone / Substitute の初回起動時は InSamaOptions を作るだけで、実際の仕事はしません。次回から普通に仕事します。

・全ての機能は、複数オブジェクトに対してイッキにやることが可能です。

ChldComp をオフの状態で実行してください。 さもないと、新たに作られた複製/クローンは元の淫スタンスの SRT になりません(マスターの位置に居座る)。






ページの先頭に戻る