大阪商船の所有船舶 - 明治前期明治後期大正期昭和初期太平洋戦争戦後占領期海運再建期−海運集約期 戻る

長城丸型 3隻 CHOJO MARU Class (1927)

長城丸
長城丸 Chojo Maru
大阪商船が天津航路用に新造したディーゼル主機の貨客船で喫水が浅く白河を航行しうる最大船型であった。3隻とも建造所は異なり神戸製鋼では初のいわゆる社船の建造となった。
貨客船 Lpp 86.72(284'-6") B 13.87(45'-6") D 7.01(23'-0") m 大阪商船株式会社(大阪)
362. 長城丸 CHOJO MARU 31568/TKCB→JTBB 2,594G/T 2,961D/W
主機 D 三菱Sulzer 2,300/2,665BHP 1基 13.5/14.135kt
起工 1926.2.20(大15) 進水 1926.12.21(大15) 竣工 1927.2.28(昭2)
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.424 長城丸 Chojo Maru
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴い移籍
1944.2.16(昭19)マニラからハルマヘラ島ワシレに向け航行中、リアンガ湾の東方沖(8.30N,126.58E)で米潜TINOSA(SS-283)の雷撃により沈没
363. 長安丸 CHOAN MARU 31572/TKCH→JTCB 2,612G/T 2,909D/W
主機 D 神戸製鋼Sulzer 2,665BHP 1基 13.5/15.119kt
起工 1926.4.26(大15) 進水 1926.12.18(大15) 竣工 1927.3.31(昭2)
株式会社神戸製鋼所播磨造船工場(相生)建造 Sno.123 長安丸 Choan Maru
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴い移籍
1944.5.10(昭19)グァム島沖(11.31N,143.41E)で米潜SILVERSIDE(SS-236)の雷撃により沈没
長安丸
長安丸 Choan Maru

S.Kizu



食堂
366. 長江丸 CHOKO MARU 32737/TKCW→JTWB 2,613G/T 2,861D/W
主機 D 神戸製鋼Sulzer 2,300/2,664BHP 1基 13/15.191kt
進水 1927.4.7(昭2) 竣工 1927.6.14(昭2) 株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 長江丸 Choko Maru
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴い移籍
1944.1.12(昭19)アドミラルティ諸島の北方(3.37N,147.27E)で米潜ALBACORE(SS-218)の雷撃により沈没
長江丸
長江丸 Choko Maru

高雄丸型 2隻 TAKAO MARU Class (1927)

高雄丸
高雄丸 Takao Maru
高雄/横濱間のバナナ高速輸送のために建造された貨客船。船艙には機械通風装置を設置。主機は三菱製のタービンでボイラは燃料炭が安価で供給できるため石炭焚が採用された。
貨客船 Lpp 108.20(355'-0") B 14.78(48'-6") D 9.91(32'-6") m 主機 T 三菱 1基 大阪商船株式会社(大阪)
364. 高雄丸 TAKAO MARU 32733/TKCQ→JPOB 4,282G/T 5,218D/W 3,915SHP 11.69/16.32kt
起工 1926.7.19(大15) 進水 1927.4.2(昭2) 竣工 1927.5.16(昭2)
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.317 高雄丸 Takao Maru 船客 1等)6 2等) 3等)64
1941.12.10(昭16)ルソン島西岸のビガン沖(17.32N,120.22E)で空爆により沈没
365. 恒春丸 (2) KOSHUN MARU 32735/TKCS→JPPB 4,271G/T 5,239D/W 3,801SHP 16.51kt
起工 1926.8.20(大15) 進水 1927.4.16(昭2) 竣工 1927.5.31(昭2)
横濱船渠株式会社(横濱)建造 Sno.147 恒春丸 Koshun Maru
1937.6.6(昭12)鹿児島県の臥蛇島南端で座礁、沈没
恒春丸
恒春丸 Koshun Maru

367. 廣東丸 Canton Maru (1928)

廣東丸
廣東丸 Canton Maru
33608/TQWB→JFCA 貨客船 2,811G/T 2,461D/W
起工 1928.3.30(昭3) 進水 1928.7.30(昭3) 竣工 1928.10.15(昭3)
Lpp 91.44 B 13.72 D 7.56 m 主機 R 2,880IHP 1基 13/15.23kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.329 大阪商船株式会社(大阪)
廣東丸 Canton Maru
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴ない移籍
1943.7.2(昭18)台湾海峡(24.42N,119.00E)で米潜FLYINGFISH(SS-229)の雷撃により沈没

緑丸型 2隻 MIDORI MARU Class (1928 - 1929)

緑丸
緑丸 Midori Maru
本船の沈没事故は以後の同社別府航路客船の安全性向上へ影響を与えた。
旅客船 Lpp 74.07(243'-0") B 11.58(38'-0") D 5.94(19'-6") m 主機 D 三菱神戸 RH8 2基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
368. 緑丸 MIDORI MARU 34116/TQWS→JUCH 1,719G/T 438D/W 1,840BHP 16.359kt
起工 1928.4.26(昭3) 進水 1928.9.3(昭3) 竣工 1928.11.30(昭3) Sno.186 緑丸 Midori Maru 船客 1等)46 2等)148 3等)535
1934.10.15(昭9)みどり丸 MIDORI MARU と改名
1935.7.3(昭10)神戸から別府に向け航行中、小豆島蔵ケ鼻(現在の釈迦ケ鼻)の1.5哩沖で濃霧のため大連汽船の千山丸(2,775G/T)と衝突、沈没
370. 菫丸 SUMIRE MARU 34131/TRBV→JNGH 1,724G/T 454D/W 1,840/2,314BHP 13.38/16.267kt
起工 1928.4.26(昭3) 進水 1928.10.30(昭3) 竣工 1929.1.31(昭4) Sno.187 菫丸 Sumire Maru 船客 1等)46 2等)143 3等)535
1934.10.16(昭9)すみれ丸 SUMIRE MARU と改名
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1950.8.22(昭25)米軍総指令部(GHQ)の指令により賠償船としてオランダ軍に接収され、以後不詳
菫丸
菫丸 Sumire Maru

369. 首里丸 SHURI MARU (1928)

首里丸
首里丸 Shuri Maru
34127/TRBW→JRGB 貨客船 1,857G/T 2,688D/W
起工 1928.7.2(昭3) 進水 1928.9.26(昭3) 竣工 1928.12.27(昭3)
Lpp 79.25(260'-00") B 11.89(39'-00") D 7.01(23'-00") m 主機 R Lentz 1,886IHP 1基 10.25/14.21kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.330 大阪商船株式会社(大阪)
首里丸 Shuri Maru 船客 1等)6 2等)47 3等)207
1945.1.21(昭20)対馬海峡(33.45N,128.43E)で米潜TAUTOG(SS-199)の雷撃により沈没

371. うらる丸 URAL MARU (1929)

うらる丸
うらる丸 Ural Maru
大連航路用としてばいかる丸に引き続いて建造された貨客船。
34488/TSLP→JDBC 貨客船 6,375G/T 5,345D/W
起工 1928.5.1(昭3) 進水 1928.12.15(昭3) 竣工 1929.3.30(昭4)
Lpp 123.29(404'-6") B 16.76(55'-0") D 10.06(33'-0") m 主機 T 三菱 IMP. D.G. 6,500SHP 2基 13.31/17.024kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.452 大阪商船株式会社(大阪)
うらる丸 Ural Maru 船客 1等)65 2等)105 3等)644
1944.9.27(昭19)シンガポールからボルネオのミリに向け航行中、南シナ海(15.45N,117.19E)で米潜FLASHER(SS-249)の雷撃により沈没

ぶゑのすあいれす丸型 2隻 BUENOS AIRES MARU Class (1929 - 1930)

ぶゑのすあいれす丸
ぶゑのすあいれす丸 Buenos Aires Maru
大阪商船が南米移民輸送用に同社のさんとす丸型を拡大改良して計画、建造した9,600総トン級、速力16ノットの大型貨客船。航海日数はさんとす丸型の往航61日復航80日に対して本型では往航56日復航71日に減じている。昭和15年(1940)2月、南米東航線へ就航。
貨客船 Lpp 140.20(445'-0") B 18.89(60'-0") D 12.07(40'-9") m 主機 D 三菱Sulzer 2基
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
373. ぶゑのすあいれす丸 (1) BUENOS AIRES MARU 35178/VBKQ→JICA 9,626G/T 8,234D/W 6,000/6,760BHP 13.65/16.595kt
起工 1928.10.15(昭3) 進水 1929.5.11(昭4) 竣工 1929.10.31(昭4) Sno.456 ぶゑのすあいれす丸 Buenos Aires Maru
1943.11.27(昭18)ラバウルからパラオに向け航行中、ニューアイルランド島ガビエン西方200哩(2.40S,149.20E)で空爆により沈没
376. りおでぢゃねいろ丸 (1) RIO DE JANEIRO MARU 35928/VFNQ→JISC 9,627G/T 8,225D/W 6,000/7,515BHP 13.72/17.08kt
起工 1929.5.16(昭4) 進水 1929.11.19(昭4) 竣工 1930.5.15(昭5) Sno.457 りおでぢゃねいろ丸 Rio De Janeiro Maru 表記はりおでゃねいろ丸
1944.2.17(昭19)トラック島の冬島(現在のウマン島)の沖2,500mで空爆により沈没
りおでぢゃねいろ丸
りおでぢゃねいろ丸 Rio De Janeiro Maru

しどにい丸型 3隻 SYDNEY MARU Class (1929 - 1930)

しどにい丸
しどにい丸 Sydney Maru

S.Kizu
大阪商船が濠州航路用に3隻建造した中型のディーゼル貨物船。生糸積載用のシルクルームや冷蔵貨物倉等の諸設備を完備した。建造を担当した横濱船渠では初のディーゼル主機搭載船であった。かんべら丸型の就航後は、本型3隻により日本/ニュージーランド線が開設された。
貨物船 Lpp 115.82 B 14.17 D 10.45 m 主機 D B&W 4SA 1基
横濱船渠株式会社(横濱)建造 大阪商船株式会社(大阪)
374. しどにい丸 (1) SYDNEY MARU 35190/VDKM→JDZC 5,436G/T 6,721D/W 3,000/3,514BHP 11.92/16.136kt
起工 1928.12.12(昭3) 進水 1929.8.25(昭4) 竣工 1929.11.30(昭4) Sno.173 しどにい丸 Sydney Maru 表記はどにい丸
1943.11.28(昭18)カムラン湾北方(12.50N,109.35E)で米潜BOWFIN(SS-287)の雷撃により沈没
375. めるぼるん丸 (1) MELBOURNE MARU 35918/VFNB 5,438G/T 6,724D/W 3,000BHP 11.5/16.48kt
起工 1929.6.19(昭4) 進水 1929.12.15(昭4) 竣工 1930.3.28(昭5) Sno.174 めるぼるん丸 Melbourne Maru
1945.8.10(昭20)朝鮮の羅津港(42.00N,129.50E)で空爆により沈没
めるぼるん丸
めるぼるん丸 Melbourne Maru

S.Kizu
377. ぶりすべん丸 BRISBANE MARU 35934/VGHC→JJAC 5,425G/T 6,722D/W 3,000/3,447BHP 11.4/16.16kt
起工 1929.8.25(昭4) 進水 1930.2.28(昭5) 竣工 1930.5.28(昭5) Sno.175 ぶりすべん丸 Brisbane Maru
1942.11.12(昭17)ショ−トランドのエレベンタ泊地からガダルカナル島に向け航行中、ガダルカナル島沖(8.58S,159.06E)で空爆により沈没(11月14日の記録もある)
ぶりすべん丸
ぶりすべん丸 Brisbane Maru

畿内丸型 6隻 KINAI MARU Class (1930 - 1933)

畿内丸
畿内丸 Kinai Maru
大阪商船が同社紐育航路の船質の改善と将来の発展を目指して三菱長崎造船所で建造した8,000総トン級、速力14ノットの大型貨物船。開設当時大陸横断鉄道と連絡していた当航路は本クラスの就航によりパナマ運河経由で主貨物(生糸)の輸送が可能となり所要日数が従来よりも約10日短縮された。 南海丸と北海丸には三菱が設計製作した国産ディーゼル機関が初めて搭載された。
貨物船 Lpp 135.64(445'-0") B 18.44(60'-6") D 12.42(40'-9") m
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
378. 畿内丸 KINAI MARU 35936/VGHF→JJBC 8,357G/T 10,142D/W
主機 D 三菱Sulzer 7,200/8,262BHP 2基 14.42/18.438kt
起工 1929.10.1(昭4) 進水 1930.4.1(昭5) 竣工 1930.6.15(昭5) Sno.471 畿内丸 Kinai Maru
1943.5.10(昭18)グアム島沖(14.33N,149.23E)で米潜PLUNGER(SS-179)の雷撃により沈没
379. 東海丸 TOKAI MARU 36099/VGJC→JJJC 8,365G/T 10,109D/W
主機 D 三菱Sulzer 7,200BHP 2基 14.5/18.323kt
起工 1929.11.26(昭4) 進水 1930.5.15(昭5) 竣工 1930.7.14(昭5) Sno.472 東海丸 Tokai Maru
1943.8.27(昭18)グアム島沖(13.13N,144.37E)で米潜SNAPPER(SS-185)と米潜FLYINGFISH(SS-229)の雷撃により沈没
東海丸
東海丸 Tokai Maru
380. 山陽丸 SANYO MARU 36117/VHMG→JJLC 8,365G/T 10,111D/W
主機 D 三菱Sulzer 7,200BHP 2基 14.5/18.586kt
起工 1929.12.26(昭4) 進水 1930.7.11(昭5) 竣工 1930.10.15(昭5) Sno.473 山陽丸 Sanyo Maru
1944.5.26(昭19)セレベス海(2.46N,124.22E)で米潜CABLILLA(SS-288)の雷撃により沈没
山陽丸
山陽丸 Sanyo Maru
381. 北陸丸 HOKUROKU MARU 39396/VHMT→JJMC 8,365G/T 10,105D/W
主機 D 三菱Sulzer 7,200BHP 2基 14.5/18.436kt
起工 1930.2.24(昭5) 進水 1930.9.9(昭5) 竣工 1930.11.26(昭5) Sno.474 北陸丸 Hokuroku Maru
1944.3.18(昭19)シンガポールからカムラン湾北方のホンコーヘ湾に向け航行中、南シナ海(19.24N,116.50E)で米潜LAPON(SS-260)の雷撃により沈没
北陸丸
北陸丸 Hokuroku Maru
391. 南海丸 NANKAI MARU 38116/JKME 8,416G/T 10,161D/W
主機 D 三菱重工 7,200/8,453BHP 2基 13.51/18.545kt
起工 1931.10.1(昭6) 進水 1932.7.5(昭7) 竣工 1933.1.14(昭8) Sno.501 南海丸 Nankai Maru
1944.9.12(昭19)南シナ海(18.15N,114.21E)で米潜SEALION II(SS-315)の雷撃により沈没
南海丸
南海丸 Nankai Maru
392. 北海丸 HOKKAI MARU 38123/JKVE 8,416G/T 10,135D/W
主機 D 三菱重工 7,200BHP 2基 13.5/18.5kt
起工 1931.11.15(昭6) 進水 1932.9.3(昭7) 竣工 1933.3.4(昭8) Sno.502 北海丸 Hokkai Maru
1945.10.2(昭20)スラバヤでインドネシア独立軍に捕獲後、消息不明
北海丸
北海丸 Hokkai Maru

382. 壹岐丸 IKI MARU (1905) 三菱合資会社三菱造船所(長崎)建造

壹岐丸
壹岐丸 Iki Maru

383. うすりい丸 USSRI MARU (1932)

うすりい丸
うすりい丸 Ussri Maru
うらる丸とほぼ同型ながら各部に改良を加えた貨客船。主機には三菱長崎造船所が大正14年(1925)からスイスのエッシャーウイス社と技術提携して製作を開始したツェリー(Zoelly)式衝動タービンを搭載した。
37063/JKGC 貨客船 6,386G/T 5,288D/W
起工 1931.4.22(昭6) 進水 1931.11.26(昭6) 竣工 1932.3.25(昭7)
Lpp 123.29(404'-6") B 16.76(55'-0") D 10.06(33'-0") m 主機 T 三菱 Zoelly All IMP. D.G. 6,500SHP 2基 13.09/18.06kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.500 大阪商船株式会社(大阪)
うすりい丸 Ussri Maru 船客 1等)63 2等)105 3等)640
1944.6.24(昭19)マニラから台湾の基隆に向け航行中、台湾の澎湖島付近(23.45N,119.57E)で空爆により沈没(6月28日の記録もある)

富士丸型 3隻 FUJI MARU Class (1932)
大阪商船が内航用に建造したディーゼル主機の小型貨物船。冷蔵艙と冷凍装置を設置し、甲板には牛を積む設備を施した。昭和初期から内航海運に登場した海上トラックの典型。
貨物船 Lpp 51.82(170'-00") B 9.14(30'-00") D 6.71(17'-60") m 主機 D 三菱神戸 RH6 1基
三菱造船株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
384. 富士丸 FUJI MARU 37065/VNCL→JUFH 704G/T 748D/W 750BHP 10.47/13.51kt
起工 1931.11.20(昭6) 進水 1932.2.22(昭7) 竣工 1932.3.28(昭7) Sno.304 富士丸 Fuji Maru
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1945.3.25(昭20)九州の南(31.09N,131.31E)で米潜TIRANTE(SS-420)の雷撃により沈没
386. 木曾丸 KISO MARU 37489/VNCR→JUHH 704G/T 748D/W 750BHP 10.93/13.37kt
起工 1931.11.20(昭6) 進水 1932.3.10(昭7) 竣工 1932.4.6(昭7) Sno.305 木曾丸 Kiso Maru
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1944.9.12(昭19)フィリピンのセブ島沖で空爆により沈没
387. 阿蘇丸 ASO MARU 37491/VNCT→JUJH 704G/T 747D/W 750BHP 10.74/13.55kt
起工 1931.11.20(昭6) 進水 1932.3.26(昭7) 竣工 1932.4.15(昭7) Sno.306 阿蘇丸 Aso Maru
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1943.5.9(昭18)フィリピンのカガヤン島沖(14.48N,120.14E)で米潜GAR(SS-206)の雷撃により沈没
阿蘇丸
阿蘇丸 Aso Maru

梅丸型 4隻 UME MARU Class (1932)

梅丸
梅丸 Ume Maru
大阪鹿児島線に就航した富士丸型よりやや小型の海上トラック。富士丸型と同様に内航用の小口急送貨物専用として建造された。
貨物船 Lpp 44.20(145'-00") B 7.92(26'-00") D 4.27(14'-00") m 主機 D 1基
株式会社大阪鐵工所櫻島工場(大阪)建造 大阪商船株式会社(大阪)
385. 梅丸 UME MARU 37487/VNCP→JUGH 416G/T 442D/W 768BHP 9.5/12.7kt
進水 1932.2.__(昭7) 竣工 1932.3.31(昭7) 梅丸 Ume Maru
1935.12.2(昭10)宇和島運輸(宇和島)に売却
1942.12.24(昭17)マーカス島(24.00N,155.00E)で空爆により沈没
388. 松丸 MATSU MARU 37492/VNCW→JUKH 416G/T 439D/W 500/785BHP 10.5/12.6kt
進水 1932.3.__(昭7) 竣工 1932.4.15(昭7) 松丸 Matsu Maru
1935.12.2(昭10)宇和島運輸(宇和島)に売却
1943(昭18)昭和18年版船名録までは宇和島運輸の所有、以後不詳
389. 菊丸 KIKU MARU 37500/VNPL→JULH 415G/T 440D/W 500/589BHP 10.5/12.5kt
進水 1932.4.11(昭7) 竣工 1932.5.10(昭7) 菊丸 Kiku Maru
1939.11.24(昭14)攝陽商船(大阪)に売却
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1942.12.29(昭17)ソロモン諸島で空爆により沈没
390. 桐丸 KIRI MARU 37505/VNDS→JUMH 415G/T 438D/W 500BHP 10.5/12.4kt
進水 1932.4.23(昭7) 竣工 1932.5.25(昭7) 桐丸 Kiri Maru
1939.11.24(昭14)攝陽商船(大阪)に売却
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1943.4.25(昭18)ミンドロ島沖(13.00N,122.45E)で火災、沈没

393. 高千穂丸 TAKACHIHO MARU (1934)

高千穂丸
高千穂丸 Takachiho Maru
従来中古購入船が就航していた台湾航路用に初めて計画、新造した大型貨客船。船客の安定感と建造工程の簡略化をねらって梁矢、舷弧をなくし水平に近づけた構造とした最初の船で同社の以後の新造船にも採用された。
38759/JWIH 貨客船 8,154G/T 6,185D/W
起工 1932.11.20(昭7) 進水 1933.10.5(昭8) 竣工 1934.1.31(昭9)
Lpp 137.16(450'-0") B 17.98(59'-0") D 11.28(37'-0") m 主機 T 三菱 Zoelly All IMP. D.G. 9,000/9,185HP 2基 14.66/19.183kt
三菱造船株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.533 大阪商船株式会社(大阪)
高千穂丸 Takachiho Maru 船客 1等)31 2等)132 3等)669
1943.3.15(昭18)門司から台湾の高雄に向け航行中、基隆沖アジンコート北方(25.50N,122.30E)で米潜KINGFISH(SS-234)の雷撃により沈没(3月19日の記録あり)

大華丸型 2隻 TAIKWA MARU Class (1920 - 1921)

大華丸
大華丸 Taikwa Maru

S.Kizu
貨客船 Lpp 85.34(280'-0") B 13.18(43'-3") D 6.40(21'-0") m 主機 R 3連成 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 中華丸型 山下汽船株式会社(神戸)

394. 大華丸 TAIKWA MARU (1921)

395. 中華丸 CHUKWA MARU (1920)
中華丸
中華丸 Chukwa Maru
山下汽船が発注した中型の貨客船。同社初の定期航路である台湾航路に就航した。中華丸と大華丸は大阪商船の貨物船あむうる丸との船腹交換のため移籍。

396. にしき丸 NISHIKI MARU (1934)

にしき丸
にしき丸 Nishiki Maru
緑丸型を改良した旅客船。遊歩甲板上の一等食堂を広げてベランダを廃止した。
39589/JXNH→JPRC 旅客船 1,848G/T 420D/W
起工 1934.5.10(昭9) 進水 1934.9.12(昭9) 竣工 1934.11.24(昭9)
Lpp 74.00 B 12.00 D 5.80 m 主機 D 三菱神戸 PRH8 2,400BHP 2基 14/17.336kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.410 大阪商船株式会社(大阪)
にしき丸 Nishiki Maru 船客 1等)46 2等)150 3等)538 SCAJAP No N049 表記は、にき丸
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1943.3.29(昭18)海軍に徴傭、特設運送船となる
1946.4.15(昭21)国家使用船解除により返還、阪神/別府航路に就航
1955.1.7(昭30)大阪港で火災事故で沈没。後に浮揚、修復
1971.6(昭46)Shun Tak Shipping Co.(Hong Kong)に売却、華山 WAH SHAN と改名。香港/マカオ航路に就航
1972(昭47)Ravenser Enterprises Ltd.(Hong Kong)に売却
1978(昭53)Vatana Thai Tabacco Ltd.(Thailand)に売却、ASAVA DEVIと改名。Chao Phraya 川沿いに就航
1982(昭57)Maldives Shipping(Maldives)に売却、SAMAA DHAANと改名。同年 3月にMaleで繋船中に出火、後に解体のため売却。同年 7月にGadani Beach,Pakistan で解体に着手

吉林丸型 2隻 KITSURIN MARU Class (1935)

吉林丸
吉林丸 Kitsurin Maru

S.Kizu
昭和7年(1932)3月滿州国の独立に伴い大阪商船が大連航路増強のために、うらる丸、うすりい丸をさらに拡大改良して新造した貨客船。
貨客船 Lpp 128.00 B 17.10 D 10.51 m 主機 T 三菱 Zoelly IMP. D.G. 2基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
397. 吉林丸 KITSURIN MARU 39904/JXUH 6,783G/T 3,825D/W 7,800SHP 13.42/18.593kt
起工 1934.3.20(昭9) 進水 1934.9.24(昭9) 竣工 1935.1.31(昭10) Sno.593 吉林丸 Kitsurin Maru 船客 1等)44 2等)141 3等)749
1945.5.11(昭20)神戸の和田岬沖で触雷、着底。戦後解体
398. 熱河丸 NEKKA MARU 40161/JYAH 6,784G/T 3,816D/W 7,800HP 13.39/18.823kt
起工 1934.5.17(昭9) 進水 1934.11.23(昭9) 竣工 1935.3.30(昭10) Sno.594 熱河丸 Nekka Maru 船客 1等)44 2等)141 3等)751
1943.11.23(昭18)中部シナの東磯島付近(28.43N,122.07E)で米潜GUDGEON(SS-211)の雷撃により沈没
熱河丸
熱河丸 Nekka Maru

屏東丸型 3隻 HEITO MARU Class (1935)

屏東丸
屏東丸 Heito Maru
大阪商船が台湾のバナナを内地に急送するために第1次船舶改善助成施設の適用を受けて建造した貨物船。主缶(スコッチ型)の蒸気圧力17.5気圧は当時わが国で最高のものであった。
貨物船 Lpp 108.00 B 15.00 D 10.00 m 主機 T 三菱 Zoelly IMP. D.G. 1基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
399. 屏東丸 HEITO MARU 40872/JZDH 4,463G/T 5,254D/W 3,600/3,786SHP 11.97/16.37kt
起工 1934.10.3(昭9) 進水 1935.3.23(昭10) 竣工 1935.8.31(昭10) Sno.597 屏東丸 Heito Maru 第1次船舶改善助成施設適用船
1943.8.23(昭18)ニコバル諸島カーニュバル島の東岸(2.10N,102.15E)で空爆により沈没
400. 臺東丸 (2) TAITO MARU 40879/JZIH 4,467G/T 5,238D/W 3,600SHP 12/16.599kt
起工 1934.11.1(昭9) 進水 1935.6.18(昭10) 竣工 1935.9.30(昭10) Sno.598 臺東丸 Taito Maru 第1次船舶改善助成施設適用船
1944.5.24(昭19)サイパンからパラオに向け航行中、パラオ島の北240哩(11.12N,135.14E)で米潜FLYINGFISH(SS-229)の雷撃により沈没
402. 彰化丸 SHOKWA MARU 41167/JZLH 4,467G/T 5,237D/W 3,000/3,600SHP 11.55/16.509kt
起工 1934.11.29(昭9) 進水 1935.8.31(昭10) 竣工 1935.11.15(昭10) Sno.599 彰化丸 Shokwa Maru 第1次船舶改善助成施設適用船
1942.5.25(昭17)カロリン諸島(4.05N,144.11E)で米潜TAUTOG(SS-199)の雷撃により沈没
彰化丸
彰化丸 Shokwa Maru

洛東丸型 3隻 RAKUTO MARU Class (1935 - 1936)

洛東丸
洛東丸 Rakuto Maru
貨客船 Lpp 89.92(295'-0") B 13.72(45'-0") D 7.24(23'-9") m 主機 R 3連成 2DC 1基
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 大阪商船株式会社(大阪)
401. 洛東丸 RAKUTO MARU 40887/JZMH 2,962G/T 4,056D/W 2,000IHP 11.5/13.9kt
起工 1935.4.13(昭10) 進水 1935.7.20(昭10) 竣工 1935.9.15(昭10) Sno.395 洛東丸 Rakuto Maru
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴ない移籍
1944.9.12(昭19)フィリピンのセブ島北方で空爆により沈没
403. 大同丸 DAIDO MARU 41175/JZUH 2,962G/T 3,993D/W 2,000IHP 9.92/13.89kt
起工 1935.7.20(昭10) 進水 1935.9.19(昭10) 竣工 1935.12.3(昭10) Sno.396 大同丸 Daido Maru
1943.12.4(昭18)カロリン諸島(9.06N,147.22E)で米潜APOGON(SS-308)の雷撃により沈没
404. 龍興丸 RYUKO MARU 41498/JZYH 2,962G/T 3,986D/W 2,000IHP 10.54/13.94kt
起工 1935.9.19(昭10) 進水 1935.11.21(昭10) 竣工 1936.2.10(昭11) Sno.397 龍興丸 Ryuko Maru
1944.1.15(昭19)シンガポ-ルからアンダマン島ポ-トブレアに向け航行中、小アンダマン島の東方(10.50N,93.00E)で雷撃を受けて沈没
龍興丸
龍興丸 Ryuko Maru

405. 香港丸 (2) HONG KONG MARU (1936)

香港丸
香港丸 Hong Kong Maru
41513/JPHK 貨客船 2,797G/T 3,163D/W
起工 1935.5.28(昭10) 進水 1935.11.27(昭10) 竣工 1936.3.25(昭11)
Lpp 90.99 B 13.70 D 7.70 m 主機 T 2,200SHP 2基 14/15.606kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.418 大阪商船株式会社(大阪)
香港丸 Hong Kong Maru
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)の設立に伴ない移籍
1943.6.21(昭18)九州の白瀬灯台の北方300mで雷撃を受けて沈没

406. かんべら丸 CANBERRA MARU (1936)

かんべら丸
かんべら丸 Canberra Maru
大阪商船が濠州航路強化のため第2次船舶改善助成施設の適用を受けて建造した大型高速貨物船。 第2船東京丸は傍系の攝津商船が建造した。攝津商船は昭和2年(1927)2月、岸本汽船系の攝津汽船からの継承船舶6隻をもとにして大阪商船と岸本汽船が日本/朝鮮間の輸送専門の会社として設立した。太平洋戦争中の海運統制に伴い昭和18年(1943)11月、大阪商船に吸収合併された。
41765/JPLK 貨物船 6,471G/T 6,968D/W
起工 1935.9.16(昭10) 進水 1936.3.12(昭11) 竣工 1936.5.30(昭11)
Lpp 128.00 B 17.50 D 11.00 m 主機 D B&W 2DA 7,000/8,454BHP 1基 14.57/19.19kt
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 Sno.216 かんべら丸型 大阪商船株式会社(大阪)
かんべら丸 Canberra Maru 船客 1等)12 第2次船舶改善助成施設適用船
1942.11.14(昭17)ショートランドからガダルカナル島に向け航行中、ガダルカナル島北方(8.25S,158.39E)で空爆により沈没

407. こがね丸 KOGANE MARU (1936)

こがね丸
こがね丸 Kogane Maru
き丸を更に改良した旅客船で緑丸の沈没事故に鑑み、区画規定による可許長の計算により水密隔壁を増加、連続した2区画に浸水しても沈没しないよう配慮された。
41930/JPTK 旅客船 1,906G/T 317D/W
起工 1935.12.11(昭10) 進水 1936.5.23(昭11) 竣工 1936.8.29(昭11)
Lpp 74.50 B 12.00 D 5.80 m 主機 D 三菱神戸 PRH8 2,400BHP 2基 13.83/17.5kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.425 大阪商船株式会社(大阪)
こがね丸 Kogane Maru 船客 1等)28 2等)132 3等)550 SCAJAP No.K087
1936.9.3(昭11)阪神/別府の別府航路に処女航海
1942.5.4(昭17)関西汽船(大阪)の設立に伴い移籍
1943.8.10(昭18)海軍に徴傭
1944.9.5(昭19)特設運送船(雑用船)に入籍
1946.9(昭21)第二復員局による引き揚げ輸送(主に博多/釜山)に従事
1949.10.19(昭24)国家使用船解除、返還。阪神/別府航路に復帰
1962.7(昭37)淡路島灯台西方で、辰巳商会(大阪)所有の第七十五辰巳丸(1957年建造、79288/JEUT)と衝突、第七十五辰巳丸は沈没
1971.3.19(昭46)大阪発別府航路最終航海、以後小豆島沖で繋船
1971.10.10(昭46)寿観光産業(広島)に売却安芸郡音戸町早瀬大橋付近(東能美島)で「海上ホテル・こがね丸」となる
1980(昭55)古沢鋼材(江田島)に売却、解体

波上丸型 2隻 NAMINOUE MARU Class (1936 - 1937)

波上丸
波上丸 Naminoue Maru
大阪商船が同社沖縄航路用に2隻新造した貨客船。主機にはデンマークのB&W社型ディーゼル機関の製造販売実施権を有する三井物産造船部が製造した2衝程複働無気噴油式クロスヘッド型ディーゼル機関を搭載した。本型は特に沖縄航路に適するように船型、機関、荷役設備等が配慮された。
貨客船 Lpp 107.00 B 15.70 D 9.75 m 主機 D 三井B&W 1基
三井物産株式会社造船部玉工場(岡山)建造 大阪商船株式会社(大阪)
408. 波上丸 NAMINOUE MARU 42591/JJCL 4,731G/T 4,572D/W 4,000/4,805BHP 14.27/16.52kt
起工 1936.6.15(昭11) 進水 1936.10.7(昭11) 竣工 1936.12.26(昭11) Sno.224 波上丸 Naminoue Maru
1942.10.7(昭17)佐伯からラバウルに向け航行中、ラバウルの北西30浬付近(3.51S,151.21E)で米潜SCULPIN(SS-191)の雷撃により沈没
409. 浮島丸 UKISHIMA MARU 42602/JKFO 4,730G/T 4,559D/W 4,000/4,695BHP 14.5/17.4kt
起工 1936.8.7(昭11) 進水 1936.12.26(昭11) 竣工 1937.3.15(昭12) Sno.225 浮島丸 Ukishima Maru
1945.8.24(昭20)舞鶴沖で触雷、沈没

410. 高砂丸 TAKASAGO MARU (1937)

高砂丸
高砂丸 Takasago Maru
大阪商船の台湾航路用に新造された貨客船で同時期に竣工した近海郵船の富士丸とほぼ同性能であった。太平洋戦争中は病院船として活躍、戦後は帰還輸送に従事。
43182/JJUL 貨客船 9,315G/T 5,903D/W
起工 1936.6.9(昭11) 進水 1936.12.1(昭11) 竣工 1937.4.28(昭12)
Lpp 139.99 B 18.50 D 11.60 m 主機 T 三菱Zoelly IMP. D.G. 11,000/12,641SHP 2基 15.34/20.158kt
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 Sno.668 大阪商船株式会社(大阪)
高砂丸 Takasago Maru 船客 1等)45 2等)156 3等)700
1956.3.23(昭31)解体のため名村造船所(大阪)に売却、堺で解体

黒龍丸型 2隻 KOKURYU MARU Class (1937)

黒龍丸
黒龍丸 Kokuryu Maru
吉林丸型とほぼ同じサイズの貨客船。本船の主罐は3胴水管式を採用して高温・高圧の蒸気を使用し、またテイラー式下込(アンダフィード)給炭機を装備した最初の船であった。
貨客船 Lpp 128.00 B 17.40 D 10.15 m 主機 T 三菱Zoelly IMP. D.G. 2基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
411. 黒龍丸 KOKURYU MARU 43451/JSFL 7,369G/T 7,800/8,176SHP 16/18.353kt
起工 1936.9.19(昭11) 進水 1937.2.14(昭12) 竣工 1937.7.31(昭12) Sno.680 黒龍丸 Kokuryu Maru 船客 1等)45 2等)139 3等)669
1944.10.24(昭19)マニラから高雄に向け航行中、バシー海峡(19.34N,118.32E)で米潜SEADRAGON(SS-194)の雷撃により沈没
413. 鴨緑丸 ORYOKU MARU 43464/JSKL 7,363G/T 7,800/8,255SHP 16/18.581kt
起工 1936.12.5(昭11) 進水 1937.4.27(昭12) 竣工 1937.9.30(昭12) Sno.681 鴨緑丸 Oryoku Maru 船客 1等)45 2等)139 3等)679
1944.12.14(昭19)マニラから高雄に向け航行中、スピック湾スエステポイント燈台沖(14.45N,120.00E)で空爆により沈没
鴨緑丸
鴨緑丸 Oryoku Maru

盤谷丸型 2隻 BANGKOK MARU Class (1937)

盤谷丸
盤谷丸 Bangkok Maru
大阪商船が西貢盤谷急航線用に2隻計画した貨客船。盤谷丸は第3次船舶改善助成施設の適用を受けて建造された。メナム川を遡行してバンコック(盤谷)へ至るため浅喫水(4.25m)で、かつ載貨重量2,400トンを確保するために船型には工夫が凝らされた。2基のディーゼル主機をフルカン・ギアにより接続して1軸とするなど随所に特徴がみられた。
貨客船 Lpp 114.70 B 17.00 D 10.00 m 主機 D 三菱Vickers SRI 8 2基 1軸
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 大阪商船株式会社(大阪)
412. 盤谷丸 BANGKOK MARU 43460/JSIL 5,348G/T 3,140/3,500BHP 12/15.951kt
起工 1936.11.11(昭11) 進水 1937.3.30(昭12) 竣工 1937.9.20(昭12) Sno.436 盤谷丸 Bangkok Maru 船客 1等)20 2等) 3等)50 第3次船舶改善助成施設適用船
1944.5.20(昭19)ヤルート島のジャンボール水道の入口(5.47N,169.42E)で米潜POLLACK(SS-180)の雷撃により沈没
414. 西貢丸 (2) SAIGON MARU 43465/JSJL 5,356T 3,140/3,500BHP 12/16.387kt
起工 1936.12.9(昭11) 進水 1937.4.28(昭12) 竣工 1937.9.30(昭12) Sno.437 西貢丸 Saigon Maru 船客 1等)20 2等) 3等)50
1944.9.18(昭19)ルソン島沖(14.20N,120.05E)で米潜FLASHER(SS-249)の雷撃により沈没

417. 咸興丸 (2) KANKO MARU (1938)

咸興丸
咸興丸 Kanko Maru
44751/JFYM 貨客船 2,929G/T 起工 1938.4.6(昭13) 進水 1938.8.16(昭13) 竣工 1938.11.18(昭13)
Lpp 89.92 B 13.72 D 7.29 m 主機 R 1,800IHP 1基 11/13kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.438 慶興丸型 大阪商船株式会社(大阪)
咸興丸 Kanko Maru
1942.1.10(昭17)ミンダナオ島南方(6.15N,125.50E)で米潜PICKEREL(SS-177)の雷撃により沈没

418. 新興丸 SHINKO MARU (1939)

新興丸
新興丸 Shinko Maru

関西汽船在籍時
45381/JPTM 貨物船 2,610G/T 起工 1938.8.16(昭13) 進水 1938.11.29(昭13) 竣工 1939.3.7(昭14)
Lpp 89.91 B 13.72 D 7.28 m 主機 R&T 低圧タービン付複2連成 1,870IHP 10/13.7kt
浦賀船渠株式会社(浦賀)建造 Sno.441 大阪商船株式会社(大阪)
新興丸 Shinko Maru SCAJAP No.S095
1939.8.12(昭14)東亞海運(東京)設立に伴ない出資
1940.11.24(昭15)大阪鐵工所築港工場に完成したドックの入渠第1船となる
1941.9.5(昭16)海軍に徴傭同月 7日、特設砲艦兼特設敷設艦に入籍、第二新興丸と改名
1945(昭20)終戦直後、樺太より引揚船として行動中、国籍不明の潜水艦の雷撃を受けて大破、留萌港に座礁後に浮揚、修理、新興丸と船名を原名に復帰
1946.11(昭21)GHQの指令により東亞海運(東京)を解散、閉鎖機関に指定
1948.10.10(昭23)閉鎖機関より関西汽船(大阪)が購入、第二復員局にチャーターされ特別輸送艦となり、小樽~樺太間の復員輸送に従事
1951.1.20(昭26)国家使用船解除、返還
1956.5(昭31)重油専焼缶に換装
1961.3.6(昭36)佐野安商事(大阪)に売却、第二金丸と改名
1961.5(昭36)主機換装を含む改装 2,651総トン、主機をD 2,700 BHP に換装速力 12.0/14.6 kt
1965.4.30(昭40)新興汽船(大阪)に売却
1966.1.26(昭41)Golden Buffalo Shipping Corp.,Panamaに売却、GOLDEN BUFFALOと改名
1970(昭45)Yuan Ta S.S.Corp.Ltd.,Panama に売却、YUAN TA と改名
1972(昭47)Chi Fa Shipping Co.S.A.,Panama に売却、CHI FAと改名
1979(昭54)Lien Hsing Navigation Corp.S.A.,Panamaに売却、LIEN HSINGと改名
1987(昭62)Lloyd's Register 1987-1988年版に掲載

西阿丸型 2隻 SEIA MARU Class (1939 - 1940)

西阿丸
西阿丸 Seia Maru
他社同型船に日本郵船の興津丸、尾上丸があった。
貨物船 Lpp 132.50 B 17.85 D 10.00 m 主機 T 石川島 1基
株式会社播磨造船所(相生)建造 興津丸型 大阪商船株式会社(大阪)
419. 西阿丸 SEIA MARU 45391/JGCM 6,658G/T 4,500/5,355SHP 12.67/18.339kt
起工 1938.5.17(昭13) 進水 1939.3.4(昭14) 竣工 1939.4.26(昭14) Sno.266 西阿丸 Seia Maru 船客 1等12
1944.9.1(昭19)ハルマヘラ島の沖(1.46S,125.29E)で空爆により沈没
426. 南阿丸 NANA MARU 46836/JGJM 6,757G/T 5,772BHP 15/18.365kt
起工 1939.6.17(昭14) 進水 1940.4.16(昭15) 竣工 1940.6.29(昭15) Sno.262 南阿丸 Nana Maru
1942.1.23(昭17)バリクパパン沖(6.00S,105.00E)で空爆により沈没
南阿丸
南阿丸 Nana Maru

420. 鐵山丸 TETSUZAN MARU (1939)

鐵山丸
鐵山丸 Tetsuzan Maru
45395/JPVM 貨物船 1,923G/T 2,792D/W
起工 1938.9.2(昭13) 進水 1939.1.22(昭14) 竣工 1939.3.15(昭14)
Lpp 82.30 B 12.20 D 6.20 m 主機 R 3連成 1,430NHP/1,740IHP 1基 9.53/13.65kt
川南工業株式会社香焼島造船所(長崎)建造 Sno.120 第二山丸型 大阪商船株式会社(大阪)
鐵山丸 Tetsuzan Maru
1943.1.22(昭18)ラバウル沖(4.15S,152.50E)で空爆により沈没

あるぜんちな丸型 2隻 ARGENTINA MARU Class (1939)

あるぜんちな丸
あるぜんちな丸 Argentina Maru
大阪商船が南米航路の輸送力強化を目的として、優秀船舶建造助成施設の適用を受けて建造した1万3,000総トン級、最大速力21ノットの大型貨客船。高千穂丸以降の同社貨客船の特徴である梁矢、舷弧を廃止した船型を採用、さらに客室の装飾は全て国産品により日本趣味を表現した。 主機に当時わが国で最高出力のMSディーゼル機関(11気筒、8,250馬力)2基を採用した結果、神戸/サントス間の所要日数46日を36日に短縮、3ヶ月で世界を一周した。昭和15年(1940)以降は大阪/大連線へ転配。就航後2年余りで海軍に徴用され、あるぜんちな丸は主機をタービンに換装して23ノットに増速、特設空母となった。
海軍省から速力21ノットを要求されたあるぜんちな丸について設計を担当した和辻春樹氏は「世界一周航路貨客船あるぜんちな丸」(昭和14年11月12日造船協会講演会の講演)のなかで次のように述べている。
「本航路就航船たる定期速力によれば試運転時の速力は1/5載貨状態に於て正常馬力発生時に20節にて充分なるも、21節を要求せられし事は主機関に於て約2,500馬力の差異を生じ、且船型に於ても甚だしくfineなる船となり、機関の重量を増し重量噸は著しく減少され、それと共に荷積も減ぜらるる等此速力における1節は想像以上の不合理と困難とを余儀なくせられたるものと云ふべく、設計上の見地より速力1節の低下を希望せるも遂に容るる所となりざりしなり。此1節の速力の相違は本船船価、earning power,economic efficiency に顕著の差異を興ふるものなるは平時に於ける船としての経済的価値と本船活動力を著しく減殺するものと謂ふべし」
貨客船 Lpp 155.00 B 21.00 D 12.60 m 主機 D 三菱重工 11MS72/125 2基
三菱重工業株式会社長崎造船所(長崎)建造 大阪商船株式会社(大阪)
421. あるぜんちな丸 (1) ARGENTINA MARU 45771/JPJM 12,755G/T 16,500/18,280BHP 17.24/21.484kt
起工 1938.2.5(昭13) 進水 1938.12.9(昭13) 竣工 1939.5.31(昭14) Sno.734 あるぜんちな丸 Argentina Maru 船客 1等)101 特3等)138 3等)662
1939.7.11(昭14)南米航路に就航
1940.2(昭15)東航南米線(世界一周)に就航
1942.12.9(昭17)海軍省に売却。同年12月10日から翌年11月15日にかけて航空母艦へ改造、海鷹 KAIYO と改名
1945.11.20(昭20)除籍。昭和21年9月1日から23年1月30日にかけて日産サルベージにより解体
424. ぶらじる丸 (1) BRASIL MARU 46463/JCZN 12,752G/T 16,500/17,963BHP 17/21.382kt
起工 1938.10.31(昭13) 進水 1939.8.2(昭14) 竣工 1939.12.23(昭14) Sno.735 ぶらじる丸 Brasil Maru 表記はぶらる丸
1942.8.5(昭17)トラック島から横須賀に向け航行中、トラック島北方ルッケ島の沖17哩(9.50N,150.38E)で米潜GREENLING(SS-213)の雷撃により沈没
ぶらじる丸
ぶらじる丸 Brasil Maru

423. しろがね丸 SHIROGANE MARU (1938)
44369/JFDM 旅客船 929G/T 起工 1937.11.10(昭12) 進水 1938.2.2(昭13) 竣工 1938.4.15(昭13)
Lpp 56.50 B 9.53 D 4.35 m 主機 D 1,000/1,175BHP 14/14.46kt
三菱重工業株式会社神戸造船所(神戸)建造 Sno.448 攝陽商船株式会社(大阪)
しろがね丸 Shirogane Maru 表記はろがね丸
1939.11(昭14)大阪商船会社(大阪)に売却
1945.8.28(昭20)中国の珠江で触雷、沈没

報國丸型 3隻 HOKOKU MARU Class (1940 - 1942)

報國丸
報國丸 Hokoku Maru
大阪商船が阿弗利加(アフリカ)航路用に優秀船舶建造助成施設の適用を受けて建造した1万400総トン級、速力19ノットの大型貨客船。全船、株式会社玉造船所(昭和17年1月6日三井造船株式会社と改称)に発注された。 主機は三井B&W2衝程単働トランク型ディーゼル機関を2基搭載した。
貨客船 Lpp 150.00 B 20.20 D 12.40 m 主機 D 三井B&W 2基
株式会社玉造船所(岡山)建造 大阪商船株式会社(大阪)
425. 報國丸 HOKOKU MARU 46833/JCSN 10,439G/T 13,000/19,427BHP 17/21.148kt
起工 1938.8.18(昭13) 進水 1939.7.5(昭14) 竣工 1940.6.15(昭15) Sno.251 報國丸 Hokoku Maru 船客 1等)48 特別3等)48 3等)304
1942.11.11(昭17)インド洋ココス島の240哩沖で武装油槽船と交戦中、予備魚雷に被弾し爆沈
428. 愛國丸 AIKOKU MARU 48519/JZZN 10,438G/T 13,000/15,833BHP 19.2/20.9kt
起工 1938.12.29(昭13) 進水 1939.4.25(昭14) 竣工 1940.8.31(昭15) Sno.252 愛國丸 Aikoku Maru
1944.2.17(昭19)トラック島のデュプロン島(夏島)東沖合で空爆により沈没
愛國丸
愛國丸 Aikoku Maru
429. 護國丸 GOKOKU MARU 49180/JYYQ 10,439G/T 13,000BHP 19/20.6kt
起工 1939.7.31(昭14) 進水 1942.4.2(昭17) 竣工 1942.10.2(昭17) Sno.253 護國丸 Gokoku Maru 興國丸と命名予定が報國丸と混同しやすいため護國丸に変更された
1944.11.17(昭19)基隆から呉に向け航行中、五島列島の古志岐島灯台沖(33.31N,129.19E)で米潜BARB(SS-220)の雷撃により沈没

427. 鐵洋丸 TETSUYO MARU (1941)

鐵洋丸
鐵洋丸 Tetsuyo Maru
48189/JGBP 貨物船 2,130G/T 2,835D/W
起工 1940.11.27(昭15) 進水 1941.3.27(昭16) 竣工 1941.5.31(昭16)
Lpp 83.00 B 13.00 D 6.10 m 主機 R 3連成 1,600NHP/1,711IHP 13.052kt
株式会社播磨造船所(相生)建造 大阪商船株式会社(大阪)
鐵洋丸 Tetsuyo Maru SCAJAP No.T054
1956.10.5(昭31)池田商事(大阪)に売却
1964(昭39)池田商船(大阪)に売却
1966(昭41)Central Marine Corp.,Taiwanに売却、CENTRAL OCEANと改名
1970(昭45)Lloyd's Register 1970-1971年版より削除

第二鳥海丸型 3隻 CHOKAI MARU No.2 Class (1918 - 1919)
貨物船 Lpp 70.10(230'-0") B 10.06(33'-0") D 5.94(19'-6") m 主機 R 月島鐵工所(東京) 1基
株式会社東京石川島造船所(東京)建造 東晃丸型
492. 第二鳥海丸 CHOKAI MARU No.2 25356/RNFG→JMJE 1,291G/T 716IHP 9/10.76kt
進水 1919.5.__(大8) 竣工 1919.__.__(大8) Sno.323 株式会社東京石川島造船所(東京)
第二鳥海丸 Chokai Maru No.2
1920(大9)攝津汽船(西宮)に売却
1928(昭3)攝津商船(京都・府中→大阪)に移籍
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(大阪)に移籍
1945.8.6(昭20)伏木港外の岩崎鼻沖で触雷、沈没
494. 神安丸 SHINAN MARU 22308/NTDF→JKZE 1,278G/T 9/10.76kt
進水 1918.10.__(大7) 竣工 1918.__.__(大7) Sno.321 岸本汽船株式会社(大阪)
神安丸 Shinan Maru
1920(大9)攝津汽船(西宮)に売却
1928(昭3)攝津商船(京都・府中→大阪)に移籍
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(大阪)に移籍
1944.10.12(昭19)台湾の布袋港外で空爆により沈没
493. 鳥海丸 CHOKAI MARU 25351/RNDV→JLSE 1,285G/T 1,285IHP 10.34kt
進水 1919.4.__(大8) 竣工 1919.__.__(大8) Sno.322 株式会社東京石川島造船所(東京)
鳥海丸 Chokai Maru
1920(大9)攝津汽船(西宮)に売却
1928(昭3)攝津商船(京都・府中→大阪)に移籍
1943.11.16(昭18)合併に伴ない大阪商船(大阪)に移籍
1945.3.26(昭20)奄美大島の古仁屋付近(26.14N,127.40E)で空爆により沈没
Copyright (C) Since 1998 Fumio Nagasawa All Rights Reserved. LU 2014-10-5