大阪商船の臺灣航路就航船舶 - 昭和初期
戻る
神戸基隆線 明30.4.1(1897)開設大正期〜昭17.5(1942)船舶運営会へ移管
大阪商船は昭和2年(1927)、神戸基隆線に輸入船瑞穂丸を加え、さらに9年(1934)には新造船高千穂丸、12年(1937)には高砂丸を加えて在来の蓬莱丸、扶桑丸と4隻体制とした。昭和12年(1937)7月以降瑞穂丸、高千穂丸が陸軍使用船となるなど使用船が減少し、同17年(1942)5月に船舶運営会に航路を移管した。
瑞穂丸
瑞穂丸 Mizuho Maru (1912)

S.Kizu
高雄丸
高雄丸 Takao Maru (1927)

本航路のバナナ輸送には本クラスに続いて昭和10年(1935)に屏東丸型貨物船3隻が就航し高速化が図られている。
高千穂丸
高千穂丸 Takachiho Maru (1934)
高砂丸
高砂丸 Takasago Maru (1934)


不定期 昭10(1935)就航
屏東丸
屏東丸 Heito Maru (1935)

All Rights Reserved,Copyright Fumio Nagasawa - Since 1998