平成17年度 医学部合格実績と評価

−有名私立中高一貫校へ合格者が集中!−

最終更新日:2006年2月5日

最近、有名私立中高校一貫校から、医学部及び東大合格者が集中しています。マスコミや大手進学塾も、この有名私立中高校一貫校への集中を持てはやすものですから、益々のその傾向に拍車がかかっています。

 有名私立中高校一貫校の進学指導の成果に対して、敬意を払う一方で、地方の公立高校出身者とし、地方の公立高校生の頑張りを期待すると共に、特に地方の国公立大学医学部に対しては、「地元公立高校への優先入学枠」の設定や、東大に対しても、「地方の公立高校優先入学枠(AO入試など」の設定を強く望みます。

 

1.2005年度医学部合格ランキング(参考として東大合格者数も掲載)

   (参考資料) Yomiuri Weekly 2005.5.1号

順位

高校名

所在地

卒業生

(A)

医学部

合格者数

(B)

占有率

(B/A)

(参考)

東京大学

合格者数

合格した主な大学医学部

1

兵 庫

215

92 42.8%

101

東京:21、京都:22、大阪:14

2

ラ・サール

鹿児島

237

86

36.3%

50

九州:20、鹿児島:18、

3

愛光

愛 媛

244

65

29.1%

26

岡山:13

4

東大寺学園

奈 良

219

51

23.3%

29

京都:8、京都府立:7、大阪:7

5

金沢大附属

金 沢

122

26

21.3%

8

金沢:12

6

久留米大大附設

福 岡

199

41

20.6%

25

九州:15、佐賀:5、長崎:5

7

洛星

京 都

215

40

18.6%

京都府立:8、滋賀医科:7

8

青雲

長 崎

239

40

16.7%

21

長崎:16、佐賀:5

9

甲陽学院

兵 庫

204

34

16.7%

13

大阪:8、京都:4

10

白陵

兵 庫

176

29

16.5%

21

神戸:7、大阪:4

11

弘学館

佐 賀

201

33

16.4%

14

佐賀:5、九州:4

12

東海

愛 知

408

66

16.2%

30

名古屋市立:14、名古屋:13

13

大阪星光学院

大 阪

220

35

15.9%

17

神戸、大阪市立:5

14

岡山白陵

岡 山

173

27

15.6%

23

岡山:4、山口:4

15

熊本(県立)

熊 本

397

57

14.4%

18

熊本:28

(解説)

1.灘は、東大医学部21名、京大医学部22名と正に化け物ですね。

2.東大、京大という日本の最高峰の大学、しかも最難関の医学部で、これだけ独占するとは、コメントもしようがありません。

3.公立高校は、やっと15位に熊本高校が入りました。

4.一方で、熊本大学医学部も、熊本高校1校で28名合格、これも少し偏り過ぎだと思います。

 

次ぎに、公立高校の医学部合格ベスト10を掲載します。

順位

高校名

所在地

卒業生

(A)

医学部

合格者数

(B)

占有率

(B/A)

(参考)

東京大学

合格者数

合格した主な大学医学部

1

熊本

熊 本

397

57

14.4%

18

熊本:28、大分:5

2

鶴丸

鹿児島

360

38

10.6%

21

鹿児島:17

3

前橋

群 馬

317

33

10.4%

13

群馬:9、山形:5、慶應:5

4

札幌南

北海道

360

35

9.7%

12

北海道:10、札幌医科:11

5

札幌北

北海道

395

35

8.9%

12

札幌医科:12、旭川医科:9

6

新潟

新 潟

390

34

8.7%

8

新潟:20、秋田:5

7

仙台第二

宮 城

314

25

8.0%

12

東北:5、山形:5

8

高松

香 川

358

28

7.8%

17

香川:11

9

北野

大 阪

317

24

7.6%

1

高知:3

10

岡山朝日

岡 山

352

26

7.4%

22

岡山:10

(解説)

1.地方の公立トップ進学校は、東大より地元の国立大学医学部を目指す傾向が強まってきてると言えます。

 

最後に広島県の状況は以下の通りです。

順位

高校名

所在地

卒業生

(A)

医学部

合格者数

(B)

占有率

(B/A)

(参考)

東京大学

合格者数

合格した主な大学医学部

1

広島学院

広島市

178

22

12.4%

23

広島:4、大阪:4

2

ノートルダム清心

広島市

185

19

10.3%

2

広島:10

3

広大附属福山

福山市

201

15

7.5%

14

岡山:6

4

修道

広島市

285

18

6.3%

8

広島:8

5

広大附属

広島市

200

9

4.5%

3

広島:5

6

広島城北

広島市

325

3

1.0% 1

 

(解説)

1.広島県は、私立・国立の中高一貫校の寡占状況です。

2.難関国立大学及び早稲田大、慶應大同様の結果です。

3.公立高校に何とか頑張って欲しいですね。

4.因みに、私の母校誠之館高校を昭和47年に卒業した同級生400名中、医学部卒は、13名(占有率:3.3%)と今年のランキングに換算すると全国総合110位、公立高校では、全国40位にランクされます。

また、当時は、医学部定員が現在の60%程度ですから、当時の地方の県立高校としたは、大健闘だったと言えます。

 

(関連資料

1.平成16年度 中・四国地方の国立大学医学部への高校別合格者実績 

2.平成15年度 中・四国地方の国立大学医学部への高校別合格者実績