牛斬山(福岡県)


福地山につながる大きな稜線を歩くのは気持ちがいい。筑豊盆地をぐるりと取り囲む山々の眺望もすばらしい。小説「青春の門」の冒頭に出てくる「香春岳」にも登る予定だったが、体調が十分ではなかったので次回の楽しみにした。牛斬(うしきり)山は580m、香春(かわら)岳は511m
アプローチ)

20051123日。小倉南ICから国道322号線を南下する。平尾台入り口を過ぎ、バイパスを出てほどなく(ICから13km)「採銅所駅」の表示に出会う。それに従って右折するとすぐ「採銅所駅」。無人駅であるが駐車場は広くトイレもある(とても汚い!)。
登山
1030分駐車場から見える山間の堰堤をめざして歩き始める。駐車場の反対方向に50m歩いた後踏切を渡る。集落を抜けるとすぐに砂防堰堤1050。「牛斬山・福地山」の案内板がある。反対岸に渡り、竹林の中を進む。その後は沢沿いの杉林の中をつめて登って行く。途中左への山道(赤いテープも)もあるが、気にせず沢沿いの道を登る。あと500m地点を過ぎると山道がなだらかになり、突然草原状の稜線に出る1145。案内板があり、右は福知山(五徳越峠)左が牛斬山に続く。わずかに急坂を上ると花崗岩混じりの草原が広がる牛斬山頂上1150
■防火帯が続く福知山への稜線が美しい。東の目の前には「香春岳」。左から三ノ岳・二ノ岳・一ノ岳と連なるが、一ノ岳上部は切り取られている(石灰岩採取)。筑豊の町並みも手に取るように見える。昼食。数人の登山者。
image003image005image007image009
  (採銅所駅)      (稜線の案内板)       (頂上)          (香春岳)

1240分登山再開。稜線の標識まで戻り、福知山方面へ数10m進んだ後、「五徳越峠」方面(案内板あり)へ左折する。ここからも広い稜線で、とても気持ちよく歩くことができる。牛斬峠13時。ここから見る牛斬山はなかなかの絶景。さらに防火帯を進んだ後、「五徳越峠」の標識に従い左の山道に入りさらに下っていく。このあたり、バイクなどの轍がとても多く、美しい景色を台無しにしている。
■舗装道の五徳越峠に133010台は停めることができるスペースがあり、ここから牛斬山や香春岳に登ることもできる。目の前の香春岳(三ノ岳)は紅葉に包まれた綺麗な山で、所々に石灰岩が露出している。体調がすぐれなかったので、今回は香春岳登山を断念した。ガイドによると45分程度で登れるそうである。
■舗装路を日田英彦山線方面に下る。線路を横断後左折して線路ぞいに歩き「採銅所駅」着1430分。
image011image013image015
 (牛斬峠から牛斬山)    (五徳越峠)      (香春岳・三ノ岳)

(気付き)

福地山から縦走してきた登山者によると福地山から23時間かかったとのこと。
今回は寄らなかったが、香春町大字中津原にラドン量が豊富な「柿下温泉」がある(0947-32-5551)。
山一覧へ