耳鳴り・難聴・耳閉感

◎耳鳴り
 一般に耳鳴りは、難聴とともに出現することが多いとされています。このありふれた病態は、軽い不快感から、不眠、ときにうつ状態など、大小のストレスを引き起こします。耳鳴りは本人にしか聞こえない自覚的耳鳴と、外部から聴取可能な他覚的耳鳴に分類されます。急に生じた耳鳴が急性感音難聴の唯一の自覚症状であることもあり、早めに一度は耳鼻咽喉科受診をするべきであると考えられます。また、頻度は少ないものの、脈拍と同調する耳鳴の一部に、腫瘍や血管病変に起因するものがあり、注意が必要です。難聴とともに出現することが多く、外有毛細胞の障害がその原因であると想定されていますが、明確な原因は不明です。病院を訪れた耳鳴患者は、80〜90%程度の割合で何らかの難聴を伴うと報告されています。よって、耳鳴の自覚がある場合、早期に、一度は、耳鼻科一般外来を受診し、鼓膜の診察と聴力検査を受けるべきでしょう。難聴の自覚が無くとも軽度の急性感音難聴が背後に存在する場合もあり、このような場合には服薬などの治療を早期に受けるべきでしょう。慢性の耳鳴は、しばしば強烈なストレスを伴いますが、脳腫瘍などから来ているものの場合を除き、生命予後に関わる疾患の一症状であることはありません。しかし、そのストレスは人により時に絶大になりうることがあります。
◎難聴
 難聴はその障害の重さから軽度・中度・重度難聴、障害の原因から伝音性難聴・感音性難聴・混合難聴と区分されています。伝音性難聴とは、外耳または中耳の傷害に起因する難聴です感音性難聴とは、音の振動を判断する内耳の感覚細胞の機能低下、もしくは感覚細胞から脳へ信号を送る際の神経の障害が原因で生じる難聴です。混合難聴は伝音性難聴と感音性難聴の両者を併発しているものを言います。
◎耳閉感
 耳閉感とは、耳の中に何かが詰まっている感じ、または耳がふさがれた感じをいい、よく高い山へ登ったときに耳に感じる違和感のことです。「耳がポーンとする」、「耳に水が入ったような感じ」、「自分の声が響く」などといわれます。外耳・中耳・内耳いずれに問題があっても起こりうる症状ですが、耳管(耳と鼻をつなげる管)の機能障害によるものも最近増えてきています。

漢方医学での考え方
 漢方医学では、病症を「寒」と「熱」に分類して考えます。耳の疾患についても同様で、耳鳴り、難聴、耳閉感を起している原因を、寒熱に分類して考えます。とは言うものの耳の疾患は「熱」によるものがほとんどで、その熱の発生の仕方、性質、程度、原因によって治療法が変わってきます。
◎熱の種類
 先ず、熱の種類ですが、ほとんどの場合が「のぼせ」や「ほてり」に伴う熱で、消して体温計で計って発熱していると言う事はありません。もちろん、発熱している時にも耳鳴りや耳閉感は起こりますが、ほとんどの場合、解熱と同時に治まっていきます。解熱しても耳の症状が治まらないと言う場合には、この「のぼせ」や「ほてり」が残っている事が多くあります。見た目にも顔や首筋が赤くのぼせて、顔や首筋、後頭部を触ると、熱くほてっています。
◎熱の発生の仕方
 では、この「のぼせ」や「ほてり」がどのように発生するかです。耳の症状の発生の頻度が最も高いのは加齢によるものです。といっても全ての方が発症するものでもありません。加齢により症状を発症する方は、色黒で、痩せ型で、耳が大きい方に多く見られます。耳鳴りは四六時中、一年中鳴っています。そしてこういった体質の方は長生きタイプですので、悪いことばかりではありません。
 次に、更年期を伴う耳の症状です。更年期になると、のぼせが多くなるのですが、のぼせによる熱がピークに達すると、頭から汗をかき、解熱しスッキリします。しかし、こののぼせの熱が中途半端にこもると耳の症状を引き起こしてしまいます。つまり、いつも赤ら顔の状態になります。そして耳の症状と同時に、眼の乾き、頭痛、口渇、咽のつまり感等、頭部のほてりによる症状も現れます。
 次にストレスを伴う耳の症状です。イライラ、不安、思い悩みなどが過ぎると、思考がそちらに捕われ、常に頭を使っている状態になり、のぼせを伴うようになります。事務職や1日中パソコンをしている、いわゆる精神労働をしている方も、常に頭を使っているため、やがてのぼせるようになります。肩がコル、不眠があると言った場合が多く、楽しい事をしている時など、頭が空になっている時は耳の症状がなくなるため、症状にムラが出来ます。「ストレスは無い」と言われる方でも、「幸せですか?」と聴くと「幸せではない」と言われる場合が多く、漠然とした不満もストレスと考えて良いように思います。
 次に胃腸症状を伴う耳の症状です。現代医学的には胃腸と耳は全く無関係ですが、漢方医学では関わりがあると考えています。胃袋は大変熱の旺盛なところです。胃腸負担から胃袋に熱がこもる様になると、熱はやがて、胃、食堂、口へと上がり、唇が荒れる、口角炎、口内炎が出来る、舌にコケが増える様になります。この状態が慢性化すると、熱はさらに上がり、鼻を通じて耳にまで到達します。症状としては胃が空になる夕方から悪化します。胃袋の裏に当たる背中から肩甲骨の間がコルようになります。

漢方はり治療
 治療は、それぞれの原因となり経絡にあるツボに鍼をすることにより、熱症状を治めて行きます。脈やお腹、手足を観察することにより、その特定ののぼせ方、ほてり方を分類し、一番有効であろうとする手足のツボに鍼をすることにより、血行を回復し、頭部に集まった血の気を手足に引くことにより、頭が涼しくなるように治療します。
トップご案内漢方はり治療適応症ニュース進め方小窓スタッフ託児半額券LINKBLOGメール
 脉診流 漢方はり治療
清洲鍼灸治療院 清洲鍼灸治療院 治療院
 西田中院:愛知県清須市西田中本城131   052-401-1089
 新清洲院:愛知県清須市新清洲6‐5‐3     052-400-6225
トップご案内漢方はり治療適応症ニュース進め方小窓スタッフ託児半額券LINKBLOGメール