H O M E リプロヘルス 掲 示 板 資料・参考文献 L I N K
 経口避妊薬(ピル)
目次: ピルの成分
ピルの種類
ピルの避妊機序
ピルの避妊効果
ピルは1錠中に
  卵胞ホルモン(Estrogen)
  黄体ホルモン(Progestogen)
   が配合され
 1服用周期21錠で構成されている。
ピルの成分 ホルモン剤の含まない偽薬7錠を入れて、
  1シート28錠にしているものもある。
   (毎日服用し飲み忘れを防ぐためである)
 ピルは、黄体ホルモン(プロゲステロン)様作用を示すプロゲストーゲンとエストロゲンの2種類のホルモン剤で構成されています。これを毎日1錠づつ21日間飲み続け、7日間ピルを飲むのを休みます。この休薬期間の2-3日目より月経と同じ様な出血が起きます。これはピルに含まれるホルモン作用が消失して起きるため、消退出血と呼んでおります。7日間の休薬をおいた後、8日目より再び、新しいシートのピルを21錠飲みます。この繰り返しがピルの基本であり、また、21+7=28となり女性の定型的な28日周期を約束してくれるのです。

 なかには、7日間の休薬期間に両ホルモン剤の含まれていない偽薬を7錠、ピルの1シートに入れて28錠にしているのもあります。これは、休むことなく錠剤を飲み続ける習慣をつけて、飲み忘れを防ぐようにするためなのです。 

 ピルに含まれるエストロゲンの特性として、服用中の不正性器出血を避ける目的で周期の調節性に関係し、プロゲストーゲンは、排卵抑制の目的に関係しています。

ピルの種類  ピルの種類は、エストロゲンとプロゲストーゲンが1服用周期(21日間)に含まれているものを混合型ピルと呼び、1服用周期中、その配合量が変化しないものを1相性ピル、途中で変わるものを段階型ピルと呼ばれております。この中には2、3相になるものを2相性ピル、3相性ピルと呼んでいます。この段階型ピルは、ピルに含まれるホルモン量、特に、プロゲストーゲン量を少なくするために、服用周期前半に少なくし、しだいに多くしたもので自然の周期に合わせた工夫といわれております。

 服用周期の前半に含まれるピルの錠剤がエストロゲン単独で、後半にエストロゲンとプロゲストーゲンの配合剤となるものを順次型ピルと呼びます。この順次型ピルも、段階型ピルと同様に、副作用の回避を目的として自然の周期に合わせようとした試みで考えられたものですが、排卵抑制効果がやや低下することやエストロゲンの量が多くなることで、現在では、あまり用いられていません。 

 プロゲストーゲン単独の錠剤で、混合型、順次型ピルと異なって、7日間の休薬をおくことなく飲み続けるものをミニピルと呼びます。この種のピルは、エストロゲンに依存する副作用を回避できるという特徴がありますが、不正性器出血の頻度が高くなることや排卵抑制効果があまり良くないという欠点もあります。そこで、授乳に影響を与えることなく服用できるため、授乳中の女性に適したピルとして使用されています。

ピルの避妊機序
 ピルを服用すると、ピルに含まれるエストロゲンとプロゲストーゲンは、腸から吸収され、肝臓をとおって、全身の血液中を循環します(腸肝循環)。そしてそれらが、性上位中枢である視床下部や下垂体に作用し、エストロゲンやプロゲステロンが卵巣から分泌されているという情報に置き換えてしまい。その結果、視床下部からGnRHや下垂体からFSHとLHの分泌も抑さえてしまいます。したがって、卵巣中の卵胞は刺激を受けないため卵胞の発育や排卵が起きません。ちょうど、卵巣は休んだ状態になっているのです。

 一方、両ホルモン剤は、子宮の内膜にも働きかけます。エストロゲンによって、内膜は増殖するものの、プロゲストーゲンの作用により、その増殖は抑えられ、比較的菲薄な内膜となり、例え排卵し、受精しても着床でき難い状態となります。また、子宮の入口にある頚管粘液の性状が濃厚粘稠となり、精子が子宮内に入って行けない環境にもなっています。

 このようにして、ピルは、排卵抑制のみならず、2重、3重のメカニズムで、避妊効果をよりいっそう確実なものにしているのです。

ピルの避妊効果  ピルの有効性について、他の避妊法と比較してみましょう。下の表は、100人の女性が各種避妊法を開始し1年間で、何人の人が失敗するかについてまとめたものです。正しい使用法を行った場合、ピルは0.1人とあります。しかし、飲み忘れを含めると5人となります。飲み忘れは、ピルを飲み始めた頃に起こりやすいので、特に、気をつけなければなりません。正しい飲み方をすれば、避妊手術と変わらない、確実な避妊法といえます。一方、最も高い普及率を示しているコンドームは、ピルに比べると30−140倍と高い値を示しています。しかも、その幅が大きく開いているのは、男性の協力度に応じた差の広がりといえます。
 また、コンドームは、正しく使用しても3人が失敗するとあります。コンドームが破けてしまうことなどもあるからです。コンドームは、女性にとって避妊法というより、男性が責任を持って行う避妊法と考え、特に、未婚女性においては、男性の避妊に対する意識を推し量るものと考え、しかも、性感染症(STD)の防止という認識に改めたほうが良いのかもしれません。

HOME BACK(避妊) NEXT(低用量ピル) UP

2001 Repro Health Information Center All right reserved.