赤ちゃんと子どものお薬 Medicine chest

TOP プロフィール 相互リンクについて サイトマップ
小児科で処方されるお薬7
口内用の薬 点眼薬Medicine chest〜赤ちゃんと子どものお薬

口内用の薬
口内炎や鵞口瘡(がこうそう)などに使われる、口の中に塗る薬です。

※口から消化器に薬が入る可能性があるので、安全性の高いものを
ケナログ
トリアムシノロンセトニド
ステロイドを含んだ口内炎用の薬。
塗った直後は食べ物を飲んだり食べたりしないように。
ファンキゾンシロップ
アムホテリンBの抗真菌剤
カビの一種であるカンジダ症の治療に使われる。
使う前によく均一にして、付属のスポイトで口に入れる。口に含んでクチュクチュしてから、少しずつ飲み込む。
点眼薬
必ず子ども用の目薬を使います。
保管したものを使うのはやめましょう。
※目が真っ赤、膿が出ているときは受診しましょう
タリビッド点眼薬
オフロキサシン
ニューキイノロン系の点眼薬。殺菌作用があり、かゆみや発疹があるときに使われる。光を避け涼しいところに保管。
エコリシン点眼薬
ラクトピオン酸エリスロマイシン
コリスチンメタンスルホン酸ナトリウム
の2種類の抗生剤を含む
細菌による目の病気に、粉末を液剤に溶かして使う。
インタール点眼薬
クロモグリク酸ナトリウム
目のかゆみや充血などのアレルギー性結膜炎の症状に使う。長く続けることで効き目が現れる。
ザジテン点眼薬
フマル酸ケトチフェン
アレルギー性の結膜炎に使う。症状をすぐに抑えるのではなく長く使用することでアレルギーを抑える。

Copyright(c)2003-2006 Medicine chest,All rights reserved.