Topページへ
 
シェーグレン症候群の診断基準

                 (1999厚生省改訂基準)

1.生検病理組織所見で次のいずれかの陽性所見を認めること
 a)口唇腺組織で4 mm2あたり1focus(導管周囲に50個以上のリンパ球浸潤)以上
 b)涙腺組織で4 mm2あたり1focus(導管周囲に50個以上 のリンパ球浸潤)以上

2.口腔検査で次のいずれかの陽性所見を認めること
 a)唾液腺造影でStage 1(直径1mm未満の小点状陰影)以上の異常所見
 b)唾液腺分泌量(ガム試験 10ml以下/10分,サクソン試験 2g 以下/2分)かつ唾液腺シンチグラフィーで機能低下の所見

3.眼科所見でいずれかの陽性所見を認めること
 a)シャーマー試験で 5mm以下/5分,ローズベンガル試験 スコア3以上
 b)シャーマー試験で 5mm以下/5分,蛍光色素試験陽性

4.血清試験で次のいずれかの陽性所見を認めること
 a)抗SS-A抗体陽性
 b)抗SS-B抗体陽性

以上の4項目中2項目以上を満たせばシェーグレン症候群と確定診断する