■005Guitar_ファミコンギター_1■
■はい、「ファミ○ン」型のギターです(^_^;)
 ほんとにギターになるのか、
 妹から初期型のゲーム機を借りて
 モデリングし直してみました。
 実寸でモデリングして、
 ネックに合わせて拡大していくわけです。

 結果本物よりも、少し薄めにリデザインしてます。
 ネックポケットの部分も、コントローラーも
 少し寸を変更してます。
■こうして見ると
 基本的に細かい木工作業ですね。
 それと、塗装に関するパーツ分け
 が要になりそーな気がしますね。
 
■3次元データをイラレに移して、
 実寸でプリントアウトします。
 
 そこから細部のサイズデータを
 スケールで計ります。

 基本的に、ボディはA4サイズに
 収まっちゃいます(´∇`)  
  
■今回のギターにアイチ木工さんの材木は
 少しモッタイナイかなーと、
 というか一枚板である必要はないのでー。

 DIY(緑区のカインズ)で材を揃えることにしました。
 2ちゃんで
 「DIYの建具材は含水率の問題でギターにはイクナイ」
 という人もいて、それはその通りだとも思うのですが
 趣味のギター作りに含水率なんて言葉はありません
 (いや、そんなこともないんですけどね(^_^;))

 でもまあ、安くギターを作ってみたいという欲求も
 それなりにあって、DIYショップ巡りを楽しんでたり
 するわけです(笑
■今回買った材は

 3mmベニヤ         \108
 ビライ丸棒  16mm      \100
 桧角棒    6mm       \40
 アガチス材 5mm厚     \90    
  アガチス材 大      \208
 ラワン   91*14*0.9   \380  
  ラワン   91* 6*0.9   \198
  ポプラ集成材91*1.3*15    \448
 ポプラ集成材91*1.3*10    \298
 ポプラ集成材91*1.3* 5    \148
  桂彫刻材  30*1.5*21  \520

 ラッカー塗料(白)     \195
 ラッカー塗料(赤)     \195

            計2,936
  ラワンとポプラがボディ材ですね(^_^)
■まずは元のカタチを作りましょう。
 タイトボンドとクランプです。(2007.02.04)

■一気に飛んでますが、
 ポプラの集成材を繋ぎ合わせて
 切り出したものです。


■「丸紅葉」のプリントにあわせて、
 ファミコンのシールもプリントアウトしちゃいます。


■小物を切り出してます。
 コントローラーのボタンや十字ボタンですね。



■ネックはこんな風に継ぎ足してます。
 材は桂です。

■グワー 
 ラワンってば
 トリマーに負けてチップするぅぅー(´Д⊂) 
 
 こんなんで大丈夫でしょうか?
 まあまあ、あまり気にせずに。