以前の枠絵カット
カオスシード カオスシード 〜風水回廊記〜
主人公

サターン版の仙窟活竜大戦も持ってるけど、SFC版の主人公の方が好きですね、デザインが普通っぽいトコが。

結構お値段の張る設定資料集(¥3800)も購入した上、その中で「ネバーランド社内にも1枚しか残ってない超レアグッズ」として紹介されている、幻のサウンドトラックまで持っているっつーくらい気に入ってるソフトなので、いずれ再プレイしてみようかと。
ガデュリン ガデュリン
ファナ

ガデュリンは若干年数が経ってからプレイして、SFC初期の作品だからそれなりだろうと思っていたら、当時にしては綺麗と言える1枚絵のグラフィックが使ってあったのに驚きましたね。あのタイトル画面の素朴でノスタルジックな曲がいいんだよねぇ。名曲。

実はこのファナは全身絵で、でもここに使っちゃったから上半身しか彩色されてない状態で何年も寝てるという…。
ファージアスの邪皇帝 ファージアスの邪皇帝
ディメオラ

PCエンジンで1番好きなRPG。確かヒューマンのPCエンジン参入第1作だったと思うが、システム等も洗練されていて、今プレイしてもそれほど古さを感じさせないんじゃないかと。SFっぽいファンタジーっていうゲームは今は多いが、上手くバランスが取れていた世界観が好きでした。

ディメオラは最初お子様だから、早く大っきくなってくれないかと、先を急いでた記憶が。
聖獣魔伝ビースト&ブレイド 聖獣魔伝ビースト&ブレイド
第6魔獣王 テュイエ

終盤も極まった辺りで進行不能に陥るバグに2回も引っかかって、それでも最初からやり直してクリアした(要するに3回やり直した)というイワク付きのソフト。

まぁ、つまりは、それでも許せたくらい自分は気に入ってた訳で、バグを上手いこと回避して勝手悪過ぎなシステムと分かりづらいダンジョン構成を忍耐できれば、かなり面白いんだけど。挫折できる要素は満載だが。
ネオリュード ネオリュード 〜刻まれた紋章〜
シィール

シィールはネオリュード2作目から出ているけど、彼女が主人公として登場している3作目が1番好きですかね。可愛らしい外見に似合わず無口でキビキビした言動のシィールと、温厚でのんびりしてるユグドラシルが実にお似合いで、微笑ましくていい感じ。

システム的にも意欲作だったものの、3作で完結。まぁ、変に中途半端に終わってないから、それはいいんだが、パッケージのサイズを統一して欲しかったんです…。
エルナード エルナード
エスナ

細かいトコまでハッキリ覚えてないが、主人公は紅一点の彼女でプレイ。魔法系キャラはMPが切れるとトホホな感じだから、通常攻撃タイプの主人公を選んだ方がラクかも。

あともう1枚、テラ ファンタスティカのディーネがいたけど、欄がハンパになるので割愛。テラファンって堅実でセンスのいい作品だと思うが、何となく地味な扱いでマイナーゲーム行き。
懐古趣味の世界
Contents