倉敷の古本屋 蟲文庫

地衣類のみなさんのついた石ころ
顕微鏡で苔の森を漂う店主と従業員(猫+亀)一同(ほかに番いの亀と仔亀がいます)

◆蟲文庫からのおしらせ◆

2016年3月1日より、旧サイトをブログ「蟲日記」へ統合しました(こちらへリンクを張ってくださっている方は、お手数ですがご変更をお願いいたします)。
30秒後には自動的に「蟲日記」へ移ります。