●ピーリングでニキビ・ニキビ痕を改善できるか?

ピーリングニキビ跡を改善するというイメージで、よく知られていますね。しかし、肌のことを考えたら、ピーリングをすればするほど、肌は傷ついていることをご存知でしょうか?
特にニキビの再発を繰り返している人はピーリングは要注意です。もし、今ピーリングを受けようか迷っている人は、必見です。

ピーリングはニキビ跡クレーターの凹んでしまった部分を平らにして治してしまうという方法ですがクレーターができた原因やピーリングの行為をよく考えてみて下さい。

顎下のニキビ跡の写真 クレーターの写真

■ピーリングが肌に起こす症状

ピーリングしたら、肌が綺麗になってきたように見える人もいます。
ところが、逆に 治るどころか、肌が赤くなり、赤みが残ったままの肌や乾燥したことはないだろうか?
または、何も効果が得られず、しばらくしてから、ニキビが沢山できたとか、ニキビ跡の赤みが逆に濃くなったことはないでしょうか?

ひどくなると、肌が真っ赤になって、皮剥けをおこしたり、化粧水がしみるなどの肌状態に。
特にピーリングした後の処置が悪いと炎症や、しみるなどの状態が起きます。

■ピーリングの意味の理解を

ピーリングにはケミカルピーリングと言って化学物質を肌に塗布して皮膚の一番上の角質層を化学的に溶かす治療法とピーリング剤で皮膚の一番上の角質層を削りとる治療法です。。

そもそも、肌を溶解すると簡単に言っておりますが、肌が溶けてしまうこと事態が、とても強い薬でそれを顔に塗布することが怖いことだとは思いませんか?削ることも同じことです。肌としてみれば、健康な周囲の肌もわざわざ削られてしまうのです。

ニキビ跡はニキビが何度も炎症や化膿が起こってできた傷跡です。それを周囲の健康な肌まで溶解したり、削ったりすることは、傷を広げること同じではないでしょうか?
自分の腕のすり剥いて、傷となっている部分を溶解したり、削ることはできますか?
ピーリングも行った後の処置や前の処置、その時の肌状態で後で非常に肌に問題になってきます。
今一度、ピーリングの内容もよくご理解してください。

特にニキビ跡の赤みも含め、炎症が強く起きている方や、顔にニキビがある方などは望ましくありません。



■ピーリングで溶解したり、削ったりする場所が一番大切なところ

ピーリングによって、ニキビ跡(痕)が一見してつるつるな肌になるイメージがありますが、まったくの誤りです。皮膚の一番上にある角質というのは肌にとって大切なところです。

古い角質で肌がくすむとか、ニキビができる為、古い角質を取り除く商品もありますが、角質は必要なものです。

ピーリングによって剥がされる角質は外部からの細菌やカビ、化学物質の侵入を防いだり、水分を保っている保湿因子やセラミドを含んでいます。この角質を剥がすわけですから、肌がどのような状態に陥いるかお分かりでしょうか?

つまり、ピーリングをすると、皮膚を守る角質がなくなる為、あらゆる細菌やカビ、化学物質の侵入が容易になり、痒みやかぶれを引き起こし、症状が最悪の状態になります。

ピーリングで傷ついた角質

ピーリングによりボロボロに壊された角質を真上から見た図です。

剥がれる角質の画像剥がれる角質層の画像

ピーリングした肌はニキビの炎症や化膿が重症になり、かえってニキビ跡(痕)ができる状態になり、また、水分を保てませんから、乾燥状態がひどくなり、皮膚の免疫力も低下します。

ピーリングは敏感肌質の方は高いリスクを背負うことになるので、よく自分の肌質をご理解して下さい。


■ピーリング以上のニキビ・ニキビ跡の赤みを解決

ピーリングの他にニキビ・ニキビ跡を改善する方法はあるのか?

ピーリングに興味がある人にとっては、ピーリングに変わるニキビ・ニキビ跡の改善方法が
 あればうれしいことですよね。もちろん、その方法はあります。

 

 根本から改善方法の実施と、あなたの肌にあった化粧品を使用してのスキンケア方法です

 

それが、できればピーリングによる副作用を心配することなく、ニキビ・ニキビ跡の赤み、
  クレーターの改善につながります。


 実際に「ピーリングを行う以上にニキビが改善された方の体験談です。」


●あなたの目的はピーリングをすることですか?

今起きているニキビ・ニキビ跡などの肌トラブルを改善することですよね?

 

生理前のニキビを解消


あなたの肌に改善に必要な商品とそのスキンケア方法を組み立てて、ニキビの改善し
綺麗の実現を応援していきます。

ニキビのない肌・赤みのない素肌になる為の肌メール相談

お急ぎご来店のご相談希望の方は予約電話を 052-232-0065

肌メール相談

 

すべてのピ−リング行為、レ−ザ−照射等の細胞を傷つけたりする医科的行為、ニキビ用化粧品の連用、改善のための脂性肌対策スキンケア−はしてはいけない行為ですので気をつけましょうね。