スポーツビジョントレーニング Vol.1

1.スポ−ツビジョンとは?
まずはサッカ−におけるスポ−ツビジョンとは何か!・・その答えはこれだ!!
AOA(American Optometric Association)による 「競技種目別視機能重要度スコア表」を観てみよう!

競 技 ・ サ ッ カ −
静止
視力
動体
視力
眼球
運動
調節
輻輳
深視力
立体視
視覚反
応時間
目と手の協応運動 中心周
辺視野
視覚化
能力
スコアは1〜5になるに従って重要度が増す


・静止視力(SVA・static visual acuity) 普通の視力検査の結果なのです。
・動体視力(KVA・kinetic visual acuity) 縦に動いてくる・・向かってくるものです。
  (DVA・dynamic visual acuity) 横に動いていくものです。
・眼球運動(OMS・ocular motor skill) 視線を素早く動かすものです。
・調節輻輳(CF・convergence flexibility) 焦点距離を素早く合わせるです。
・深視力(DP・depth perception) 空間による位置関係を把握するものです
・視覚反応時間(VRT・visual reaction time) 瞬時に何を見れる・・瞬間視というものです。
・目と手の協応運動(E/H・eye hand coordination) インプットからアウトプットの速さなのです。
・中心周辺視野(PV・peripheral vision) 回りがどの位見えるかです。
・視覚化能力(V・visualization) 頭にイメ−ジを描くこと・・瞬時の写真化です。
・コントラスト感覚(CS・contrast sensitivity) 色や明るさの微妙な差の認識ができるかです。


この中で、日本のスポ−ツビジョン研究会において、スポ−ツビジョン測定の項目となっているのは
 ・静止視力  ・KVA動体視力  ・DVA動体視力  ・コントラス感度  ・眼球運動 ・深視力 ・瞬間視 ・目と手の協応動作  なのです。

 それではこれらの項目がサッカ−とどう関わっているのでしょうか  ・・ フムフム ・・ なんだ?
SVA「見えなきゃ何も始まらね〜」という最も大事なことなのだ。見えてこそトレ−ニング。静止視力の低い人はすぐにコンタクト使用なのだ!
しかし、最初は「観え過ぎちゃって困るの〜」トナルカモ・・・・?だけど世界がグ−ンと広がるぞ!
*内緒・・某有名なGKはSVAが低いのにコンタクトは必要ないと・・けど:なんと:ナイタ−ゲ−ムで股の下を抜かれてシュ−トを決められた。「バカだな〜バカだな〜」なのだ。


KVD:相手のクリアボ−ルが自分に向かってくる。クロスが自分に向かってくる。シュ−トがGKに向かってくる。どれも瞬時の判断が大切だよね・・!

DVA:早いクロスのボ−ルが目の前を横切っていく。パススピ−ドのあるボ−ルが目の前を横切っていく。いかに対処するかが「アプロ−チの速さ」を決定するんだ・・!

C S:曇天などの日におけるボ−ルの判別、白い背景の時の白いボ−ル等、明暗の微妙な違いの識別がゲ−ムを左右するのだ。これは両眼視による視機能ではなく単眼視での能力であり、SVAと相関関係があるものなのだ。

OMS:ゲ−ム中、常にボ−ルは動いている。また選手も動いている。ボ−ルがどこにあって、選手はどこにいるのかを常に把握しなければならない。そのため・・眼球は休んではいられないよ〜!

D P:スル−パスやロングフォア−ドパス、この1本で得点となるパスだ。距離感と方向性において大切な要素だ。GKのロビングボ−ルに対するものもこれなのだ!

VRT・クロスを上げる。瞬時にゴ−ル前の状況を判断しなければならない。味方は何処、敵は、GKのポジションは・・! これさえわかればゴ−ル!・・後は技術の問題だ〜ね!!

・E/H・目で観た情報をいかに早くトランスしてアウトプットするか。この速さがゴ−ルを奪ったり奪われたりに大きく関係する。神経伝達の速さだ。あと5cmで笑顔になれるプレ−ヤ−を目指せ!!

多少古いがここにJリ−グ選手のデ−タがある。紹介しよう! (全体で24名

選手の競技ランク 人数 スポ− ツビジョン成績(50点満点)
A(レギュラ−) 42.0点
B(サブ) 12 40.2点
C(イレギュラ−) 36.3点

 視機能特性では、
 ・動体視力と焦点調節力でBランクの選手が勝っている他は、Aランクの選手が全体的によい。
 ・眼球運動、深視力、瞬間視、目と手の協応等では「A>B>C」となる傾向であった。トッププレ−ヤ−の総合的視機能はやはり優れていたのだ。  臨床スポ−ツ医学(1994-2)より

* これで「スポ−ツビジョンとサッカ−」の関係がわかったかな?  さて、次回からは
   基本的なスポ−ツビジョントレ−ニングについてのクリニックだぞ”    ワクワクワ〜ク!!


Vol.0へ
Vol.2へ
クリニック先頭へ

HOME