遺言書作成、遺産相続や遺産分割協議書などのご相談は、愛知県名古屋市の小島行政書士事務所にお任せください!

無料相談受付中です!

任意後見人は小島行政書士     名古屋相続相談

 

遺言相続電話
遺言相続メール
   

遺言相続カウンター


since 2004.09

名古屋相続相談


名古屋密着型行政書士事務所


名古屋でご相談


名古屋遺産相続

名古屋 小島行政書士事務所


名古屋 相続相談


名古屋で相続手続き


いくらかかるの?


小島行政事務所とは?



ご相談はこちらをクリック!
※行政書士には法律上の守秘義務がありますので秘密が漏れることは決してありませんのでご安心ください。


欲しい情報ばかりのリンク集
日本人なら知っていてほしい!

ご一読ください

小島太の必殺助け人ブログ

業務案内

<ご相談の内で、最も多かった質問が下記です。詳細は、「相談Q&A」をご覧ください>

 遺言は、誰でもどんなことでも書けるの?    相続財産をもらえる人ってだれ?
 誰でもいいというわけにはいきませんね。正常な意思を持った、15歳以上の人と決められています。
 内容は、どんなことでも書けますよ。何を書いてもいいのですが、ただし・・・・     
         詳細はファイルをクリック 

                   
   民法で相続人になれるのは、配偶者と継続と決められています。配偶者は必ず相続できますね。  では、血族とは・・・

        詳細はファイルをクリック 
                   
     
 どんな場合に遺言を書いておけばいいの?    相続税は誰でも払わなければいけない?
 遺言を書いておけば、遺産分割に寄る争乱を防ぐことができます。昨今、相続争いも激しさを増す傾向にあるので、肉親親族同士のもめごとを少なくするためにも考慮してください。
 特にこんな場合は・・・

         詳細はファイルをクリック 
                   
   相続により財産を取得した人は、相続税の申告、納付義務を負います。しかし、基礎控除額以内ならOK!払わなくてもよいのです。
 基礎控除額とはなんでしょう・・・

        詳細はファイルをクリック 
                   

 




   相続手続  <葬儀後の手続きの流れ>
   
遺言書の有無を確認(公正証書以外検認の申立て)
 
相続人調査(戸籍、除籍。改製原戸籍)
 
相続人確定(相続分、特別受益、寄与分)
 
相続財産の調査、財産目録の作成
 
相続財産の評価
 
相続放棄・単純承認・限定承認
 
遺産分割協議
 
遺産の名義変更
 
相続税の申告・納税
<その他>
遺留分減殺請求
相続回復請求権

更新履歴 平成21年6月8日 トップページをリニューアルしました!

 

 ===== 2004-2011 小島行政書士事務所 All right Reserved. =====
<営業地域>                   
愛知県全域、岐阜県の一部、三重県の一部