(青鞜)セネタース(1945〜46年)
1945年末、(青鞜)セネタースが日本野球連盟に加盟しました。球団の初代監督は横沢三郎でした。
セネタースと名乗ったチームは、戦前にもありました。それが東京セネタースです。しかし、東京セネタースは、昭和11年に結成されたのち、昭和15年に「翼」と改称。昭和16年には名古屋金鯱と合併して「大洋」となり、昭和18年「西鉄」で球団を解散しています。ここで
東京セネタースは終焉を迎えます。

昭和20年に発足した(青鞜)セネタースは、旧東京セネタースとは資本も選手も全く違うことから、別系統とされ、現在はどの文献を見ても、北海道日本ハムファイターズのルーツは(青鞜)セネタースということに落ち着いています。以来、東急〜急映〜東急〜東映〜日拓〜日本ハムと名前は変化しますが、球団の歴史は連綿と続いているのです。しかし奇遇なのは「二つのセネタース」共に横沢三郎監督が初代を務め、その後、苅田監督がプレイングマネジャーとして2代目を務めていることです。全く別の球団でありながら、辿る道が同じだったことは「セネタース」は実は「一つ」であったのではないかと後年の人々に思わせるに十分なことなのかもしれません。
しかし、昭和21年東京セネタースが発足したという資料を発見し
ました。それは球団が出版している「メディアガイド」と「オフィシャル
ガイドブック」です。球団が出した資料に載っているので「東京セネタースとしている報道機関もあるかもしれません。ですので、球団は
自分の過去をよく調べていただきたいと思いますし、また、球団の
歴史を大事にして欲しいと思っています。

それでは、当時のグッズで、セネタースの選手を見てみましょう。
当時は、物の無い時代。それでも野球に関するグッズは、メンコやブロマイドといった物が出回っていました。特徴的なのはセネタースのユニホームです。物資が不足していた時代、新たな球団にユニホームはありませんでした。そこで、戦前の阪急のお古のユニホームを14人分ゆずり受けました。阪急の胸の「H」を取り、袖に「S」の文字を入れ、たった一枚きりのユニホームで一年を過ごしたそうです。
戦前の東京セネタースが使用した上井草球場を記念した特別展が杉並区で行われた。上はその時作成された小冊子。戦前の東京セネタースのことが詳しく解説されている。
※ブロマイドの表記が東急フライヤーズ(フライアーズ)となっていますが、ユニホームはセネタースのもので、発売が昭和22年の物であると思われます。

ベースボールマガジン創刊号(写真は復刻版)の表紙は大下弘選手の打撃フォームでした。
大下弘選手
白木儀一郎投手 飯島滋弥選手
初代監督横沢三郎氏(右)



# 2 3 4 5 6