野土火(のどか)は、
「山菜の王者」と珍重されている自然薯でつくる健康食「むぎとろ」、
地元銘柄豚や安曇野野菜をつかった
「地豚の麹味噌漬けステーキ」と「野菜料理」など、
「自然そのもののおいしさ」と「カラダにやさしい」にこだわった
自然派手作り料理のお店です。



 野土火は北アルプス山麓の
 森に囲まれた穂高温泉郷の中にあります。
 玄関へと続くアプローチは
 緑のトンネルです。

 ようこそ、野土火へ!
 玄関でも、自然がお出迎え。

  季節には色々な山野草がひっそりと咲いています。

 10年3月登場の庭を眺めるカウンター席。
 足回りゆったりで、天井も高く、居心地最高♪
 新緑が待ち遠しい。
 
 日本原産の唯一のとろろ芋である自然薯。
 長芋・大和芋など他のとろろ芋とは違います!!
 ご注文後、すり鉢でゴロゴロ。
 土の匂いがして、あ~カラダによさそ!

 やっぱり信州は野菜がおいしい。
 毎朝、農産物売り場へ買い出しに。
 地野菜料理、お漬物は、
 新鮮な地場野菜がいちばん!

 毎日ぬか床をまぜて、
 地場野菜を漬けてます。
  
 10年3月、ついに糠漬け用の木樽をゲット!
 秋田杉に柿渋が塗ってあるものです。
 正直、毎日お世話がめんどう~ぅ、なんて
 思った時もありましたが、木樽に替わってからは、
 気持ちがよくて、混ぜるのが楽しくなってしまいました♪
 呼吸している木樽と生きてるぬか床の活動が
 心地よいのでしょうか。

 自家栽培・無農薬の梅を
 毎年たくさん漬けています。

 

 料理ばかりではなく、器も野土火の手作り。
 趣味で陶芸をちょこっとするので、
 一部お店で使ってます(自分のお店ならではの特権♪)。
 ヘンテコでゆがんだ器があったら
 それはまさしく made in 野土火。


 器中心の小さなギャラリーもあります。
 まだ少ししかありませんが、
 今後少しずつ作品を増やしていきたいと
 思っています。
 いつの日か「made in 野土火」が
 並ぶ時が来るかも!?

 では、ほっかほかの麦飯に
 とろろ汁をたっぷりかけて
 地野菜料理、お漬物とともに
 お召し上がりください!

                      ▲ ページトップへ。



安曇野 野土火(のどか)
長野県安曇野市穂高有明3618-15
0263-83-7708