TOP


カンガルーケアー

カンガルーケアとは カンガルーケアのはじまり カンガルーケアの広がり カンガルーケアの評価
カンガルーケアの相違 カンガルーケアの機能 参考文献 参考HP

カンガルーケアのこと全般に
わたってまとめました。








カンガルーケアとは




カンガルーケアとは
赤ちゃんを母親の乳房と乳房の間に抱いて、裸の皮膚と皮膚を接触させながら保育する方法。そうすることによって、健全な心身の発達を促そうというもの。この方法がカンガルーの子育てに似ている事から、名づけられた。

                                              TOPへもどる












はじまり



カンガルーケアのはじまり
1979年コロンビアのボゴタで2人の小児科医師によって極低出生体重児を対象にはじめられた。保育器が不足した為、お母さんなどに自分の体温で赤ちゃんを温めてもらおうという処置をとってもらった。これによって
  • 低出生体重児であっても、自律哺育が容易になった。
  • 感染源から隔離することができたことができたため、低体温、栄養不足、交差感染による死亡が激減した。
  • とくに極低出生体重児の生存率が著しく改善した。
  • 養育遺棄が少なくなった。
などの思わぬ効果があった。

                                            
                                                       TOPへもどる










ひろがり



カンガルーケアの広がり
当時、カンガルーケアに対する批判はあったものの、カンガルーケアによる死亡率の増加はなく、しかも養育遺棄が減少することは確かであったため、ヨーロッパ・北欧諸国のNICUがカンガルーケアに注目をし始めた。それらの施設では、母子の愛着形成を促進するとともに、高度技術が引き起こす、過剰刺激から極低出生体重児を保護する目的でカンガルーケアの追試が行われた。その結果、
  • 体温維持
  • 呼吸・循環系の安定
  • 赤ちゃんのストレス軽減に基づく余剰エネルギー消費の軽減
など、生理学的な意味が確立され、低出生体重児の保育にカンガルーケアが役立つ事が解明された。また、心理学的な効果として、
  • カンガルーケア中は赤ちゃんの静睡眠が増し、NICU環境から受けるストレスからの癒しになる。
  • 母親にとっては、女性として母親としての喪失感や、早産となったために生じる罪悪感、傷つきが癒されるとともに、「我が子の母親は唯一、自分なのだ」ということを確認でき、自信を回復していく過程に役立つ
ことがわかった。このような裏付けのもとで、カンガルーケアは一方ではNICUの代替法として発展途上国に広まり、他方では母子心理発達の面から先進国に取り入れられるようになった。

NICU環境 胎児は薄暗く快適な子宮内で成長をするが、未熟児はこの快適な胎内生活とはまったく異なったNICUという環境で、しかも硬いプラスチックの保育器の中で育てられる。その為、強い雑音(118dbという交通機関内の音に匹敵し、しかも長時間さらされている) や過度の明るさ(昼夜なく照明がついており、さらに音のレベルも常にかわらないため、安静にしている期間が短くなる)など、不適切な聴覚・視覚刺激を受ける。また1日のうちに何度も身体評価や採血、など医学的操作を施されるほか、体位変換やおむつ交換などの運動刺激、さらに無呼吸回復の為の過度の接触刺激にたえずされされている。しかも、母親によるぬくもりのある抱擁や話しかけ、あやしなどの正常産で生まれた赤ちゃんなら普通に受ける子宮外での適切な刺激も奪われている。その結果、もともと未熟で適応能力が低いこともあって、子宮外生活への適応を難しくしている。とくに、極低出生体重児は神経学的に知覚統合が未熟なこと、呼吸・循環・体温維持などの生理学的因子が不安定で予備能も低いため、NICU環境のストレスを受けやすいといえる。欧米では1980年代から、NICUの環境がベビーに及ぶ影響について研究が行われ、ベビーの成長発達を促進させるためにケアが見直されるようになった。 
関連サイト  ディベロップメンタルケア

                         
                  TOPへもどる





















ひょうか




 カンガルーケアの評価
1983年、ユニセフではカンガルーケアを発展途上国で推進するため、「保育器に未熟児を収容する代わりに、母親の乳房にぴったり接触させる。これには科学的技術は必要なく、コストもいらない。カンガルーケアの導入前では、1000g未満の低出生体重児の全員が死亡していたが、いまでは、その4分の3が救命されている。1000〜1500gの低出生体重児の死亡率は70%から10%に低下した」と宣言し、低出生体重児の保育方法として世界中に広めている。

                                                         TOPへもどる

















そうい




発展途上国と先進国のカンガルーケアの相違
カンガルーケアはローテクにもかかわらず、低出生体重児のトータルケアとして行われ、発展途上国の低出生体重児の救命に大きく貢献している。一方ハイテクを駆使して低出生体重児が比較的容易に救命されている先進国では、逆にハイテクゆえに妨げられる母子愛着過程を取り戻すものとして、ローテクのカンガルーケアが位置づけられている。

                                           TOPへもどる










きのう




カンガルーケアの機能
  • 保育器よりもお母さんの肌の方が体温を保つ高価が高い。
  • 保育器の中でも外でも、低出生体重児は無呼吸を起こしやすいが、お母さんが呼吸をすると赤ちゃんが刺激されるため、無呼吸が少なくなる。
  • 少し立て抱きにした姿勢(カンガルーポジション)は酸素を非常に効率よく体に取り入れることができる。
  • 感染症についても、もともと健康な人の肌には、常在菌がついていて、お母さんの常在菌を赤ちゃんに与える事で、他の悪い細菌の感染を予防できる。
  • 赤ちゃんとお母さんなどとの「愛着」の形成や、お母さんの気持ちの安定にとても有効。

                                           TOPへもどる















ぶんけん





参考文献

「カンガルーケア ぬくもりの子育て 小さな赤ちゃんと家族のスタート
堀内 勁/ 飯田ゆみ子/橋本洋子 編
 メディカ出版
  
 ISBN 4−89573−741−1

                                                  TOPへもどる













HP

参考HP
汐見研究室   臨床育児保育研究会のページ内
         「カンガルーケア」


                                               TOPへもどる