「小町算クイズ」の遊び方:
1〜9の数字の間に四則演算記号を入れて、100になるようにして下さい。
数字と数字の間をクリックすると、+−×÷空白が順番に表示されます。
マウスの右ボタンをクリックすると、÷×−+の順に表示されます。
1の前をクリックすると、−記号を入れることができます。
計算式ができたら、[計算する]をクリックしてください。
下段の番号をクリックすると、その番号の解答を見ることができます。
ただし、解答は1回表示するごとに30秒経過しないと見られません。
なお、一度表示した番号の解答(緑または赤)は、いつでも見られます。
解答は全部で162種類ありますが、なるべく解答は見ないでください。
ちょっと一言:
数字パズルの第4弾は、 昔から知られている「小町算」による四則演算クイズを作ってみました。 小町算とは、1から9までの数字を順番に並べて、 数字の間、または数字そのものに数学の記号をつけて、 計算結果が100になるような計算式のことをいいます。 数学記号は+−×÷だけでなく、 ()や小数点、指数、√、階乗などを使ってもできますが、 この「小町算クイズ」では+−×÷の四則演算記号だけにしました。 この4種類の数学記号を使っただけでもその組合せは何と78万組以上もあり、 そのうちちょうど100になる解答は162種類もあります。 あなたは果たして何種類解けましたか? どうぞお暇なおり、時間をかけてじっくり取り組んでみてください。(2001/04/01)