サウンドブラスター (G1)

D-101 デストロン/情報参謀 サウンドブラスター
トランスフォーマーコレクション 18 サウンドブラスター

「生きがるんじゃない、やっと生き返ったのに早速スクラップにされに来たのか」

デストロン/情報参謀 サウンドブラスター


ザ☆ヘッドマスターズ序盤でブロードキャストと相打ちになったサウンドウェーブが、
第4話「カセット大作戦」でマスター星の科学技術で強化再生された姿。
同話ではカセットデッキ内にあるソニックコントローラで、マッドマシンをコントロールを行った。
サイバトロンツインキャストをひどく憎み、カセットボット達を部下にしようと秘かにたくらんでいる。

ダブルカセットレコーダーに変形。
胸部カバーが変更になり、ダブルカセットデッキになりました。
コレ、かなり無理のある変更だと思いますが・・・
容量アップでパワーアップって言いたいんだろうけど、
もともと4次元○ケットみたいにいくらでも入ったしなあ。

 

サウンドウェーブ(旧)に付属したヘッドセットは付属しませんが、
武器の振動ブラスターエレクトリックランチャーは電池に変型して背中に格納可能です。

サウンドブラスター付属のバズソー、TFコレクションのジャガーや、
e−HOBBY限定のコバルトセントリーを収納すると、フォートレスマキシマスのデータが読み取れるぞ!

今回は当時品のサウンドブラスターで撮影しています。
一応、比較のためにコレクション版(左)と並べて見ました。
ちょっとシールの色が違います。経年劣化で色落ちしたみたい。

ロボットモード、胸のカセットデッキ以外はサウンドウェーブと変わりなし。
黒いサウンドウェーブだと思ってもらえれば問題ないかと。

 

ミュージックレーベルでソニックホワイトと、スパークブルーの2種が発売されますが、
どうせならソニックホワイトをやめて、ブラック仕様で出せばよいのに、などどと考えてしまいます。
(とか言っていたら、ブラスターブラックとして発売されました)

ごめんなさい、武器のシールの貼り方が間違っています。

胸部カセットデッキはカセットロン2体収納可能になったものの、
胸から飛び出し、あきらかに違和感があります。

夢のダブル情報参謀!!
同一人物なため、こんなシーンはありません。

余談ですが、海外展開のクラシックでは
サウンドブラスターの金型で、サウンドウェーブが発売されています。

こちらはコレクション版に付属するコレクションカード。

なお、TFコレクション版には付属キャラ以外のシークレットファイルカードも付属。
サウンドブラスターには、サウンドブラスターフレンジーダイナザウラーの3枚。

パッケージ。当時品の方は残念ながらパッケージを紛失してますのでコレクション版のみ。
当時品にはバズソー、コレクション版にはバズソージャガーが付属します。
(当時品とコレクションのバズソーは頭部の形状が違います。)
実は当時の物が非常によい状態で残っていたので、コレクション版は未開封のままでした。
今回とカセットロンの撮影のために開封しました。

ミュージックレーベル、ブラックブラスターはこちら→

G1サウンドウェーブはこちら→

諜報破壊兵ジャガーはこちら→

空中破壊兵バズソーはこちら→

e−hobby限定のコバルトセントリーはこちら→

ザ☆ヘッドマスターズへ戻る

リアルギアTOPへ戻る

07/07/18
08/09/13 大幅修正
09/09/15 追記